エイジグレード

8月の千葉選手権にエントリーするので、千葉マスターズのHPにアクセスしたらエイジグレーディングという項目があり、開いてみたら、今の記録でその人の全盛期の記録を算出してくれるそうです。自分のベスト記録とその時の年齢で算出してみたら、結構すごいじゃない>自分(笑)。若い時から色々わかっていて、ちゃんとしたトレーニングをしていたら、私もこのぐらいにはなれたのかと思いました。今からでも遅くない、ちょっとでも近づけるようになりたいな~と思いました。%で示してあるのはエイジパフォーマンスで値が大きいほどレベルが高いということのようです。

1500m 5’46→5’01 77.01%

3000m 12’21→10’56 76.43%

5000m 21’21→19’07 75.39%

5km 21’41→19’49 74.69%

10km 45’00→41’08 73.76%

ハーフ 1:40’35→1:31’55 71.62%

フルマラソン 3:32’29→3:05’52 72.86%

3000mW 17’43→16’15 71.26%

5000mW 32’17→29’22 67.35%

10kmW 1:06’24→1:00’50 67.32%

20kmW 2:14’42→2:01’38 69.73%

レベル的には走る方は短い距離の方が得意みたいですね。自分はスピードが無いと思っているので意外でした。1500mはあと9秒速くなれば80%に乗りそうですが1500で9秒は無理かな(^_^;)。年を取ると短い距離敬遠する人が多いからレベルが上がっているのかもしれませんね。競歩の方はまだまだ伸びしろがあるのでこれから80%レベルに近づけるように頑張りますよん。

0

エイジグレード” に対して4件のコメントがあります。

  1. ゆめパパ より:

    面白いですね。わたしの記録を入れたらすでに現役終了時より上を行ってました。全盛期に近づけるように頑張りたいです。

    1. NAOJI より:

      どこまで当たっているのかわからないけど励みになりますよね。取りあえず競歩種目全部70%に乗せたいです。

  2. 大野元 より:

    ためしに400mでやってみましたが、
    全盛期の記録より 10秒近く 遅くでました。
    と 言う事はやはり今がケタ違いに衰えたと言う事ですね。 わかってはいたが・・・

    1. NAOJI より:

      学生時代とかに競技やっていると、きっとそう感じるのでしょうね。
      でも今のタイムからあと10秒ぐらいは伸びる可能性があると思って頑張りましょう。
      上のゆめパパさんも学生時代競歩選手でしたが、ブランクがあって40代になってから復帰したそうなので種目は違うけど大野さんと似てますね。全盛期には戻れなくても、しばらくはタイム伸びると思いますよ(特に長距離は)

      私は陸上はやっていませんでしたが26歳の時からずっとロードレース走ってます。だけどまだまだ進化中です(^-^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。