Category Archives: 競歩

久しぶりに長沼温泉へ

今日は休みを取って長沼温泉まで3時間ストロールでした。

折返しコースというパターンも考えたけど練習で3時間歩くのは久しぶりなのでニンジンぶら下げないと無理か(笑)と考え、荷物背負わなきゃならないけど長沼温泉まで歩くことにしました。

昨日までは数日とても暖かかったけど、今朝は雨でした。でも8時過ぎに止んだので出発。寒くて風が強かったですが幸いにも2/3は追い風だったので最後の1時間だけ風との戦いでした。

ここは長沼駅伝の第2中継所を過ぎた辺りです。ここを通るのは何年ぶりだろう…。それにウチはユンニの湯派なのでながぬま温泉も、もう4年以上は行っていないような気がする。

農道コースは殆ど変わりなかったけど、温泉手前の坂の途中にあった野球少年の冬季練習場だったビニールハウスが無くなってたなぁ。冬に走っていたら野球少年達もよく走っていましたが。

3時間19.4キロのウォークでした。朝食後だったせいか、途中の補給はアミノ酸入ドリンクだけで問題ありませんでした。でも、このペースだと4/29のハーフマラソンは迷惑かかるから15キロでリタイアだなぁ。荷物背負わないから風が無ければ、もっと速く歩けるだろうか…?

温泉では長沼のマンホールをゲットしました。

ランチバイキング付きに入浴券1300円を買って、風呂に入った後はビールとバイキングでした。料理はフツーでしたが温泉が600円だから700円で昼ごはん食べられるのは安いですよね~。だけど人手不足と食材の高騰ということでこのバイキングは今週末で終わってしまうとのこと。何年も行ってなかったのにラッキーでした。

 

バイキングの中に源泉豆腐がありました。何年か前から長沼町内で源泉豆腐の幟は見かけてたんですが買ったことは無かったんですよね。バイキングの厚揚げが美味しかったので売店で買って帰りました。

こっちに引っ越してきた頃、直売所で長沼は大豆の生産量が日本一と聞いたけど長沼には美味しい豆腐を作っている所は無かったと思うので、これは良い取り組みですね。

温泉の敷地内に直売所もありました。今度行ってみよう。

ランニング用の財布

ランニング用の小銭入れ、写真上のNOMADICというメーカーの小銭入れを長らく愛用してきましたが、この間東急ハンズで同じメーカーの良さそうな財布を見つけたので買いました。

上のが今まで使っていた小銭入れで、お札の出し入れがしにくかったんですよね。

だから近所で小銭程度を持つぐらいなら良かったんですが、バックパックを背負って走るような時は普段使ってる革の財布を持って行くわけですが、厚さと重さが背負って走るとなるとちょっと気になってました。

これは薄くて軽く表面にICカード乗車券の入るポケット、中にもカードポケット他仕切りがあるのでお札の出し入れがしやすそう。ランの時しか行かない温泉のポイントカードとか入れておいても良さそうです。

財布以外は買ったことがないけれど、ホームページを見ると、このメーカーの製品って、デザインが良くて、ちょっとした工夫で使いやすい物が多いのかも。実物は東急ハンズか西武ロフトにあります。価格は税抜き1300円と買いやすい価格だと思います。

 

 

今日は2時間ストロールの予定でしたが明日が伊達ハーフなので1時間に短縮して歩いてきました。素晴らしい晴天で風も殆どなく、樽前~恵庭岳、札幌方面の山々がはっきり見えてましたよ。お天気のせいか調子も良かったです。

明日の天気も当初曇り雨だったのが良い方に変わりました。走る練習は相変わらず週1だけど競歩で歩く力は去年より上がって来てるので、走る方も昨年秋より上がってると良いなぁ。

明日の伊達ハーフは2時間切り目指します。

バイス&2時間ST

https://longride.jp/vice/

土曜日はこの映画を見に行きました。

ブッシュ政権の時の副大統領、ディック・チェイニーの映画。

酒癖が悪くどうしようもない男が、後に妻になる優秀な恋人リンに「私は女だから出来ない」から変わりにあなたがやれと尻を叩かれ、政界へのし上がっていくんだけど、このリンがすごいやり手。チェイニーは演説が全然下手なのに、夫が病気で倒れ代役で演説に出たら聴衆を惹きつける演説(^_^;)

チェイニーとラムズフェルドの会話は下品だし「お主もワルよのう…」みたいな(笑)

そして副大統領はお飾りで権限もあまりないのに若造のブッシュに上手く持ちかけ権限を手にする。

実名を出して、こんな映画作って大丈夫なの?そしてパロディみたいな映画でした。

恐ろしいことにアメリカでは解釈によっては大統領は何でも出来る権限があるらしい。

訴えられない所を見れば事実なのかな?

9.11以降の米国、ISISの台頭はこの人の対応から始まったと映画では描かれています。

それから、特殊メイクにより登場人物がみな実物にそっくりに似せてあるんですよね。それも話題の一つになっているようです。

主役の俳優さんは実はこんな人なんですね(゚д゚)

映画のために増量、減量を繰り返しているらしく、今回は20キロ増量したそうです。増やすのは簡単としても減らすのは大変じゃないんでしょうかねぇ…。

日本人だし、アメリカどころか日本の政界のこともあまり知らないから、よくわからない所もあり、退屈はしなかったけど、それほど面白い映画でもなかったなぁ。

 

先週は土曜日2時間ストロール、日曜日1時間ストロールの予定だったんだけど土曜は朝起きたらみぞれ混じりの雨で断念。日曜が天気良かったのと月曜が休暇なので1日ずつシフトしました。

2時間堤防往復は精神的に辛いので、久しぶりに長沼方面へ行きました。1時間歩いた所(ほくほく庵の所)で折返し。

朝の空腹状態で2時間、しかも補給出来る場所も無いコースなので出る前にトレイルバターを試食。昨年買ったオリジナルと違う味のコーヒー&ダークチョコ。ピーナッツバターみたいで美味しかったです。

この他に日清オイリオのMCTゼリーも買い置きしてあるけど、値段は高くても添加物が入っていないトレイルバターの方が良いですね。秀岳荘には小パックは2種類売っているので、また買わなくては。どちらも糖質が少ないのでスタート前に血糖値を急上昇させないから良いと思います。

それと念のため佐藤珈琲のエナジージェルも携帯。2時間だとこれは使わずに済んだけど、再来週は3時間ストロールなので、その時は使うかも。

調子はあまり良くなくて、ペースの割にはちょっと苦しかったかな。2時間で14.1キロ歩きました。スタート前にクエン酸飲むの忘れたので次回は飲んでみて違いはあるか確かめたいと思います。

 

あと、今日わっかないマラソンにエントリーしました。稚内のドーミーインが何とシングル1泊1万5千円近くしますが…仕方がない(T_T)。もうちょっと速く歩けるなら北海道マラソンに出るんだけど。

割と平坦だけど風が強いコースと聞いています。30と35キロの関門が危ないけど50キロ競歩1ヶ月半前の練習としては良いと思うので歩きます。

白糠遠征2

レース当日は割と良い天気。

実は金土と冬に逆戻り。一旦夏靴履いちゃうと真冬と違って雪質も悪いし、冬靴で練習する気が起きず休んでました。日曜の朝も夜中にちょっと降ったみたいで薄っすら雪が残ってました。

木曜から練習してないから、アップはしっかりと思ったけど(競歩の場合数日練習していないと調子出るのに時間がかかることが多い)会場もコース以外の仲通りは雪が残っている状態で風も冷たくて億劫になり、練習代わりなんだし最初から動き良くなくても良いやと、軽く身体を動かす程度で終わりました。

会場では我が家同様、札幌から毎年出場しているクラブの会長ご夫妻にも会い、またこの大会でしか会うことのない釧路のカッチさんにも会いました。何だかすっごくはしゃいで楽しそうだったなぁ。いつの間にか70歳過ぎたけどトモさんも相変わらずお元気そうで何よりでした。

 

写真は無いので文章だけになってしまいますが、元旦競歩の結果から設定した目標の70分以内には及びませんでしたが昨年秋は73分かかっていたのが71分以内でゴール出来たので、手応えを感じられました。

前半3キロが登り、向かい風、調子が上がらないなどでキロ7分20前後かかったのが響きましたが3キロ過ぎてからは調子が出て前を走るランナー一人一人を目標に、だいたいキロ7分前後で歩けました。大河ドラマのいだてんのテーマ曲が脳内再生されたので(笑)調子良かったんだと思います。

第2折返しを過ぎてからは下りで、ちょうど100mぐらい先に北海道マスターズのピンクのユニフォームを着た人がいたので、その人を目標にラスト2キロ過ぎで追いつき一度抜き返されましたがラスト1キロで振り切ってゴール。会長が見に来てくれて肩の力を抜けとアドバイスされましたが、自分ではそんなつもりなかったんだけどなぁ…。

調子よく歩けたせいか、ゴール後もあまり疲労感はなく気分良かったです。

翌日結果を確認したら10キロの完走者全体で私の後ろにまだ20人いました。最終ゴールにならなくて良かった(^_^;)

この大会の10キロ、競歩で出たのは初めてだったんですが調子良かったせいか、栗山や美唄の10キロより歩きやすく感じました。学生ウォーカーを毎年見かけますが(今年は3人)歩きやすいからなのかもしれませんね。来年以降も10キロ競歩で出ようと思います。

元旦競歩から好調な要因の一つに12月からずっと続けているUGOKLメソッド効果もあるように思います。

それとレース前のクエン酸かな?なんかあまり苦しくなくエネルギー回路が上手く回っているような気がしました。

詳細は以前紹介したことのなるFBのトライアスロンを科学する会にある研究なんですけど

これに習って私も体重1キロあたり0.05g程度のクエン酸をレース前に摂ってみたんですよね。運動強度が高くなれば脂肪より糖をエネルギー源にする比率が高くなるとは聞きますけど、クエン酸を飲んでおくと、より高い強度でも脂肪をエネルギー源にする比率が高くなるということなんです。

何度かやってみないとわかりませんが、クエン酸は安いし薬局で簡単に手に入る物なので試してみる価値はあるかもしれません。

レース後の疲労感が少なかったのはクエン酸のおかげもあったのかも?(乳酸の代謝に必要だから)

ちなみに私は以前分子栄養学のセミナーに出席した時にドクターがオススメしていたこれを買ってます。自宅なら粉末でも良いと思いますが遠征先に持って行くなら粒の方が良いし、酸だから水に溶かして飲むと歯の、う蝕の原因になると思うけど粒だとその心配もありませんので。

 

 

ゴールした後、酪恵舎に寄って高速で帰る予定でしたが、色々あって酪恵舎から戻って来て、大会会場隣接のしらぬかの湯に入って帰りました。

2016年にオープンしたみたいで、温水プールやスポーツジムのある町の施設の1つみたい。小さい所なのでレース後は混んでるかもしれませんね。私達が行ったのはその後の時間帯だったから空いていてゆっくり入れましたけど。

伊達もそうだけど、民間のスポーツジムが無いような地方って、自治体でこういう施設を作っていて羨ましいですね。住民の健康維持に寄与して介護や医療費を減らしたいからなのかもしれませんが。

北広島の体育館も、もう少し施設を充実させてくれれば良いのにな~。都会だと民業圧迫ということになってしまうのでしょうか…。

 

話は戻りますが酪恵舎でご褒美にチーズソフトと思って行ったんですが季節外だそうで、そのソフトを使ったチーズソフトもなかとホエーに漬けた塩サバを買いました。チーズはここに来ないと買えない物もあるのだろうけど、私の気に入っている物は札幌でも買えるから買いませんでした。

塩サバは釧路産のサバをホエーに漬けた物で型が良く柔らかく生臭みがなく、とても美味しかったです。来年はクーラーボックス持参で買って帰ろうと思います。

 

さて、今回の10キロの結果で、2時間半前後でゴール出来そうなので4/29春のさわやかマラソンのハーフにエントリーしようかなと思います。豊平川河川敷の大会なら平坦だから歩きやすそうです。まだ1ヶ月以上あるから、もう少し距離を延ばせるように練習しないとならないな(^_^;)

今シーズンの予定

年明けから春のロードレースの申込が続々始まってますよね~。

私の今シーズンのスケジュールは50キロ競歩を目指すので、今までと違って、ランもジョグ程度で良いからハーフマラソン程度の距離を走ってみようと思ってます。

2015年秋に半月板損傷してから長い距離を走っていなかったせいかエンジンの排気量がすっかり小さくなってしまったと思うのでその対策にもなることを期待します。

3月17日 白糠ロードレース 10キロ(歩く予定)

4月14日 伊達ハーフマラソン ハーフ

5月12日 こいのぼりマラソン 5キロ

ここまでエントリー済み

 

6月 おたる運河ロードレース 5キロ

7月 釧路湿原マラソン 30キロ(歩く予定)

9月 未定

10月 全日本マスターズ競歩 50or20キロ、北海道ロードレース 10キロ、フードバレーとかちマラソン ハーフ

  • 伊達ハーフ、すごく久しぶりにハーフを走ります。
  • 4月春のさわやかマラソン(ハーフ)、9月稚内マラソン(フル)競歩の練習として検討中です。
  • 50キロ競歩の練習が順調ならば来年3月頃の大会、観光遠征でフルマラソンにエントリーしようかなと思ってます。
  • 湿原マラソン30キロはウォークの部じゃなくてランナーと一緒に歩きます。制限時間からするとゴール出来ない可能性が高いけどウォークの部で歩道歩きたくないからチャレンジしてみます。

トラックの方はマスターズの日程はもうわかっていますが、札幌陸協の日程はまだわからないので取りあえずロードレースだけです。

怪我なくシーズンを過ごしたいですが、これが一番難しい(^_^;)

 

怪我対策と言えば、今日はUGOKLのイベントに参加してきました。

https://www.facebook.com/events/2097061347025900/

最近、会社の近くにUGOKL NAPという支店が出来て、私の所属クラブの方がインストラクターで講習会があり、ランナー向けにUGOKLメソッドをレクチャーしていただきました。以前ハチスポの講習で教えてもらったものですが、正しく出来ているのか確認したかったので参加しました。

やっぱり行って良かった。継続していることで動きが出来てるようですが、少人数ということもあり知らなかったポイントを教えてもらえました。

汗かくことを想定していなくて着替え持って来ていなかったのですが結構汗かきました。

元旦競歩の記録が良かったのはこのメソッドを継続していて、スタート前のアップにやったことも関係あるのかもしれません。心拍数上がるのと動的なストレッチ効果ですね。

自分も無駄な力を使ってずいぶん長く歩いたり走ったりして来たものです。未だ抜けてはいませんが怪我したくないので、頑張って継続します。

今シーズンはマラソン大会などでスタート前にUGOKLメソッドやってるランナーを見かけることが増えるかも?

UGOKL NAPでは頭や目の疲れを電気治療で取ることもやっているのですが、終わった後にこれを体験させてもらえました。

自分は仕事していてあまり目の疲れは感じないのですがCIM業務をするようになってから視力の低下を感じていました。

こめかみの方の左側にこってる部分があり、それが顎関節症やふくらはぎの硬さに影響があるのだとか。ふくらはぎの疲労は感じてないけど顎関節症なので、へぇ~っと思いました。10分程度でも効果を感じられ気のせいか視界が開けたような感じがしました。

仕事柄、目や頭が疲労しやすいので残業が続いた時とかに来ても良さそうだなと思いました。

追記

昨日の講習の様子です。右下の画像が私。

 

マイ・ジェネレーション

https://mygeneration-movie.jp/

昨日はこの映画を見に行って来ました。

60年代のイギリスのロックをサウンドトラックに、俳優のマイケル・ケインが現在の姿と60年代の姿と交互に出てきて60年代のロンドンを案内する映画です。

ローリング・ストーンズ、ビートルズ、ザ・フー、音楽だけでなくツィギー、ヴィダル・サスーン、メアリー・クヮントなどファッション、フォトグラファーなどのインタビューや当時の若者文化のアーカイブ映像がまとめられたドキュメンタリー。

当時のイギリスが保守的で、上流や中流など階層に分かれていたんですね。マイケル・ケインによれば自分の生まれ育った地域の訛りで、映画でアメリカ人が監督だったから将校の役になれたけどイギリス人の監督だったらなれなかったとか言っていたのにビックリだったなぁ。

そんな保守的な世の中に反発して自分たちのカルチャーを作っていった若者も今や70~80代ですが、彼らが与えた影響が現在にも及んでいるとか。ブリティッシュ・ロック好きな私には面白い映画でした。

 

映画の後は、近くにあるスープカレーのお店に行ってみました。何ヶ月か前にporocoかHoに載っていた所なんだけどディープな(笑)狸小路7丁目にあるSOUL STOREというお店です。

メニューがちょっと変わってるのがあって、粗挽きラムとよせ豆腐のカレー辛さ4で注文してみました。だいたい他の店でも辛口を注文するんだけど、ここは辛めで3番でちょうど良かったかな。4番だと追加料金かかるし。残念ながら生ビールは無いのですがエビスの瓶ビールが美味しかった。

ネパール系が食べたい時は未来カレーでスープカレーの時はここ、また行こうと思います。

 

この週末は土日とも除雪がしっかり入った状態で良い練習が出来ました。昨日はトリムコースへジョグ。この間ハチスポ講習で教えてもらった一定心拍で走るように、上りでは殆ど歩くようなスピードで走ったらトリムコース2周出来ました。2015年以来だから、ちょっと進歩したかなぁ。でも14キロ走るのに2時間かかったけどね。

 

今日は薄曇りでしたが堤防コースも除雪されていて最高の路面状態でした。

元旦競歩前に取り組んでいた、ゆっくり大きくを意識して1時間50分かけて12キロを歩きました。冬の間に少しでもベースを大きくしておきたいものです。

2019東京遠征2

メインの元旦競歩の日です。

スタート時間が12時半と遅いので、朝はゆっくり出来ました。

雪上から急に舗装の上で練習したせいか、起床時、脚の筋肉が固まり気味。

それをほぐすためにも6時半頃、軽いジョグでホテル近くの増上寺に初詣に行きました。ジャケットの中はネックウォーマーにフリースにダウンベスト、北海道と変わらない完全防備(^_^;)

これは前日に撮った画像です。大門って駅名はここから来てるんでしょうかね?

 

 

増上寺と東京タワー

 

早朝だと参拝客は少なかったです。

 

おみくじは今年も大吉。去年も大吉だったけど、特に良いことはありませんでしたが、悪いことも無かったので平穏無事な一年であれば良いと思います。

徳川将軍家のお墓があるからか、三つ葉葵の紋が入ってますね。

 

ホテルに戻ってから、10時頃までまったりして会場へ向かいました。

天候は快晴で風が弱く寒いけど絶好のコンディション。

外苑に着くとメイン種目男子20キロ競歩の競技中。国内一線級の選手は出ておらず上位は大学生が多かったです。みな良いリズムで歩いていました。私もフォームが安定したら良いリズムで歩けるようになりたいものです。

受付でプログラムを受け取ります。

4年前に出た時と違ってプログラム表紙がカラー写真入になりました。日本選手の活躍で陸協としてもこの大会に力を入れてるのでしょうか?

50歳以上女子には私を含めて2名のエントリーがありました。でもマスターズで競歩をしている方ではないようで、名前で検索してみたけど情報がありません。

スタート前に話したら柳澤さんの講習会などに参加するようになって1年半ぐらい。大会に初めて参加するとのこと。アップしているのを見ていたら、学生時代競歩やっていたのかなと思うぐらい、かなり良い歩きでした。やっぱり良い指導者に教えてもらうのが近道なんですよね。

5キロは3周と950m歩きます。前回10キロに出て失格した時は2周目でパドルが3つ上がったので、今回は最初の1周は速く歩こうとしないで慎重にフォームに気をつけて歩き、2周目でパドルが上がらなければ積極的に行こうという作戦でした。

トラックの5000mWと違い、周回数が少ないし気温が低いので精神的に楽で歩きやすかったです。女子高校生や男子選手と同時スタートですがレベルが違い集団にはならないので前に見える手の届きそうな選手を目標に女子高生2人と男子選手1人を抜かせました。抜かす時は相手がついて来られないようにギアチェンジ出来る余裕がありました。

しかしラスト1周で疲労からフォームが乱れたのかパドルが1つ上がってしまいました。

FBFの男子選手Sさんの背中が見えていたのですが、そこまでは追いつけず、だけど失格にならずゴール出来ました。

ゴールしてから警告板を見る余裕が無かったので注意だけで終わったのかは不明です。後日サマリーシートを見る機会があれば良いのですが。

男子は16名出場のうち3名が失格しているので、ゴール出来て本当に良かったです。全日本20キロが終わってからずっとベントニー対策の練習をしてきたので、その成果ということでしょう。この冬は春までその延長でフォームをしっかり作れるようにして行こうと思います。

記録は33分台で、夏場の5000mWで記録悪い時ぐらいのレベルなので、ブランク前のスピードまであと一息といったところでしょうか。

 

2名しかいないけど一応優勝ということで賞状と賞品をいただきました。賞品はタオルなどいくつかありましたが最も嬉しかったのはモンテローザ系のお店で使える食事券5000円分でした♪

それと日本陸連のカレンダー、レジェンドの紹介や競技の解説などもあり、カッコいいです。

 

ゴール後、マスターズ関係者と。左から2番めの方は元日本のトップ選手です。

来年は出ないつもりだったけど、出来れば出場したいと考えが変わりました。

過去の天候を見てもこの時期の関東は天候が安定しているようだし、コースも歩き安いし。女子の参加者が少ないので種目が無くなったら困るし。

問題はホテル代かなぁ~。1泊7千円ぐらいで赤坂周辺に取れたら良いんですけど…。

前日ブルーノートに行かなければ良いんだよね(笑)

つづく