Category Archives: 読書

うつぬけ食事術

奥平先生の新刊を買いました。

もうこの手の本は買わないつもりでしたが、【血液栄養解析を活用!】というサブタイトルが気になりました。

まず、本のタイトルからだと、「うつ?自分には関係ない」と思われてしまいがちなのが残念です。

しかし、その内容はうつ病じゃなくても、万人がストレスの多い現代社会で快適に生きていくために役に立つことが書いてます。

本では本当のうつ病ではなく質的な栄養失調による不調を「栄養型うつ」と定義しています。

この本は6つの章に分かれています。

PART1はマンガによる症例が載っているんですが、患者が保健師で、親子とも糖質過剰のタンパク質不足で貧血なんです。

私のかかりつけ病院で栄養カウンセラーやってる看護師の方から聞いたことがありますが、ストレスのせいか前の勤務先では同僚でも食事内容がひどい人は多かったとのこと。医療関係者でもこんな現状なんですよね。

他にBタンパク欠乏うつ、亜鉛欠乏うつ、ビタミンD欠乏うつの症例が載ってます。

こういう栄養が欠乏した状態の人は文字だけの本が読めなくなるので、その点も考慮して前作同様マンガにしていると思います。だから読みやすい。

PART2は栄養型うつの解説なんだけど、これも図解が多くて見やすく工夫されています。

PART3は自分がどのタイプかチェックリスト付きで不足栄養素別の解説

PART4は腸内環境の改善方法。結局良いものを食べても腸内環境が悪いと消化吸収が上手く出来なかったり腸内細菌による栄養の合成が滞ることになりますよね。だから栄養型うつの人は腸内環境も悪いことが多いのです。

PART5は食事方法、食べるべきもの、食べないもの、調理方法、レシピなど(漢方薬にも少し触れてます)

PART6は血液検査の栄養学的読み方。脱水や炎症がある人の場合も解説されているのが大きなポイントです(私はこれのために買った)ランナーみたいに日常的に運動しているとまず脱水と炎症は持っていない人の方が珍しいと思います。これがあると検査の読み方が難しいので、とても参考になりました。

人間ドック検査項目には無いものもありますが、普通の人って医者に結果を言われたことをただ何となく聞いてメタボに関するものだと値が高いだとか言われて終わりだと思うんですが、この本を読んで検査値の意味と一般的な医学とは違う別な見方を出来るようになると全然違ってくると思います。

最近、気になるのは単身赴任1年経過のランナー上司の言動です。疲れやすかったり走る意欲が低下しているように取れる言動が多い。「単身赴任で飲み会の頻度が増えたり食事が乱れてませんか?モチベーションは栄養状態とリンクしますよ」と言っているのですが、あまり信じてくれません。

この上司の奥さんというのがヨガのインストラクターなので恐らく健康意識は高い人だと思います。だから家にいる時はきっとちゃんとしたものを作って食べていたのではないかと勝手に想像しているのです。こんな程度のことなら食事の改善ですぐ良くなりそうですけどね。残念ですが他人が言っても本人が自覚しないとダメなんですよね。

健康診断ではどこも悪くないのに、疲れやすいとか気分が晴れない、やる気が出ない、眠りが浅い、こんな不調を抱えている方は、ぜひこの本を読んで欲しいと思います。

とこんな記事を書きながら、私もずっと仕事が忙しい状態が続いていて、そんなに長時間残業するわけではないのですが、定時に帰る日は週1日ぐらいだし、仕事にどっぷり集中してしまうのと複数の案件を抱えているせいか、2週間ぐらい前から時々頭痛を感じるんですよね…。目から来てるのか、更年期もあるのかもしれない。今週は人間ドックだし何か病気だったらどうしようとちょっと不安(^_^;)

 

先週末は風邪で月曜しか練習出来ませんでしたが、この週末は昨日は12キロ歩き、今日はトリムコース2周14キロジョグでした。今日は1周目で大問題に見舞われ、トイレに駆け込むのに余計なエネルギーを使ってしまったか、2周目後半は低血糖にはならなかったものの脱水とエネルギーが切れた状態を我慢して走る状況になってしまいました。

昨日の疲労で寝坊していつもより家を出た時間が遅く、いつも練習前はアミノ酸ドリンクを飲んだだけの空腹状態で出てるので、距離が延びてくればお金と何か補給食を持って出ないとなりませんね(^_^;)

美味しい大地、北海道!

図書館で借りて見たのですが、北海道の季節ごとの野菜や加工品、ワインなど色々な食べ物、生産者、簡単なレシピが載っていて欲しいなと思ったので購入しました。

ほのぼのとしたイラストとツッコミ役のニャンコが猫好きには可愛くてしょうがないですよ。

食べることが好きな方にはオススメ!

 

今日は-10度以下に冷え込みましたが朝から良い天気でした。夜中に雪が降っても日中には道路が乾いていますよね。樽前山や恵庭岳など遠くの山がきれいでしたよ(電線が邪魔(-_-))

雪はあったけど夏靴でストロール50分でした。

今週から柳澤さんのメール通信トレーニングを再開したので、モチベーションもアップしてます。今シーズンは20キロ競歩復帰を目指して頑張ります!

寝正月…

11連休でしたが後半は不覚にも寝正月という状態になってしまいました。

昨年末に転倒による骨折で義母が入院してしまったのですが、入院先の病院でインフルエンザに罹ってしまい94歳という高齢で心配な状態なので見舞いに行ったところYANCOさんが風邪をひき、それが私にも伝染ったみたいです。

インフルエンザか風邪か病院で検査してないのでわかりません。関節痛は無いし高熱も出ないのですが…。ひき始め喉の痛みは無くてただ痰が出るだけだったので風邪だと思わなかったんですよね。

いつものようにオリーブ葉エキスとビタミンCを飲み続けたところ2つ日目の朝にはかなり症状が治まったので油断したら次の日の午後からぶり返し、二人で飲んでたからオリーブ葉エキスも無くなってしまい今はビタミンCだけで頑張ってますが、明日から休めないような仕事が待っているのにどうしようという感じです(T_T)

そんなわけで家でずっとゴロゴロして録画しておいた番組を見たり本を読んで過ごしました。

その中でのオススメ本

私は参加したことはありませんが著者の奥平先生は何度か来札されていて私の通院しているクリニックのドクターと一緒にセミナーなどを開催している精神科医です。

ウツ?私には関係ないと思って当初は購入予定は無かったのですが、血液検査の見方などが載っていて、オススメと聞いたので買ってみました。

漫画と図解が中心の本なので、読みやすく、確かに男女問わずメンタルヘルスと食事の情報としてはオススメの本だなと思いました。何らかの質的栄養失調があれば文字ばかりの本では頭に入りにくくなりますからね。

冒頭にOLのA子さんという事例が載っているのですが

  • 疲れやすく気分が晴れない
  • イライラする
  • 眠れない

そんなA子さんの食事

  • 朝食は菓子パン
  • 出勤したらコーヒー
  • 間食にチョコレート
  • お昼は同僚とパンケーキらしき物
  • 夜はレトルトカレー

同僚なんかでも、これに近い人って結構いるかもね~と思って読みました。

奥平先生の診た患者さんの事例が何例か載っているんですが、一般的な人間ドックなどの検査では正常でも潜在的な鉄欠乏とタンパク質不足、糖質過剰が背景にあり、それがメンタル面に悪影響を及ぼしているわけです。だから時間をかけて食事を改善すればメンタル症状が安定し薬も減らせる、或いは断薬も出来たり社会復帰出来た患者さんもいるようです。

病院に行くような心の病気でなくてにイライラしやすかったり感情の起伏が激しかったり、気分にムラのある人って恐らく背景にはこういうことが隠れているのだと思います。私も前は結構イライラしやすいのと夕方になると疲れて帰りの電車で座りたかったなんて覚えがあります。帰宅ランしてた頃はちょっと自分にムチ打って走る時もあったような(^_^;)

女子の場合は男性より鉄欠乏になりやすいので注意が必要です。

あと東洋医学によるセルフチェックの方法、爪、脈、舌、他

奥平式血液検査の栄養療法的読み方。分子栄養学を知らない人でも人間ドックの検査結果程度で少しはわかることがあると思います。これ読んで私が値が良い時って、シーズン中だったりするので脱水で濃縮されただけだったのかもしれないと思いました。

ちなみに最初に書いた義母の血液検査の結果を見せてもらったのですが、その一部だけ書くと

  • 総蛋白6.3
  • アルブミン3.5(!)
  • ヘモグロビン11.5

そして血液検査ではわからないけど義母には白内障の手術歴もあり恐らくビタミンCも不足していたと思われます。骨はコラーゲン、コラーゲンの材料はタンパク質、鉄、ビタミンCですから。年齢が年齢だけに栄養状態を回復させるのは難しいのではないか?このまま寝たきりになることも覚悟しておいた方が良いのかもしれません。

 

話しは変わりますが、この風邪のおかげでアルコール抜き生活1週間近く出来たので、この際また禁酒しようかなと思ってます。昨年も家で飲まなくなって夏まで持ったんですが、まあ暑くなるまでかもしれないけど、一応新年の誓い(笑)

KINTOのコーヒージャグセット

YANCOさんにコーヒー淹れる時使っていたビーカーを割られてしまった~。

ちょうど金属製のフィルターを買おうかと思っていたところで、これが今まで使っていたビーカーに似ており、ブレンダーで撹拌する必要があるシリコンバレー式の”完全無欠コーヒー”を作るのにちょうど良さそうなので買いました。

実物は東急ハンズにあります。箱の外側に使い方のイラストが書いてあります。何か良いよねこのイラスト。

金属製のフィルターにしようと思ったのは、シリコンバレー式の本によるとペーパーやネルだとコーヒー豆に含まれているコーヒーオイルが吸収されてしまうのですが、コーヒーオイルが強力な抗炎症性物質であり酸化ストレスにも良いのだそうです。

ただ、それを重視したわけではないけどペーパー買わなくて済むので良いかなと

実際淹れてみると、表面に何か浮いているようで、これがコーヒーオイルなんだと思いました。少し濁った感じで、すっきりしたコーヒーが好きな方にはちょっと違和感があるかもしれません。

でもウチにはネルのドリッパーもあるのでスッキリしたのが飲みたい時にはネルを使えば良いかなと思ってます。

コーヒージャグの単品もあり(目盛りが付いていないけど)1300円ほどで安いので、今度割れることがあっても安く済みそうなのも良い点です。

ところでこのKINTOのHPを見たら、食器類、他の物も良いですね。土鍋が欠けてるので買いたいけど1万以上していて高~い。でも欲しい、次の冬までに買いたいな。

 

昨日は朝、路面が凍っていて練習出来なかったので仕事の後に大通の図書カウンターに本を返しに行ったついでに地下鉄で東札幌まで移動。久しぶりに白石サイクリングロードで練習しました。

だけど強風とアップダウン、それに路面が悪いので遅くてキロ9分近くかかって大谷地に到着。帰宅は8時前になってしまった。

今朝は昨日の疲れが少し残ってるのか眠かったけどいつものコースで3キロ歩いた後、ラスト1キロでランでタバタ4セット。4セット目は完全酸欠状態でした~。400m走のラスト100mってこんな感じなのかなって、一応10秒休むから、もっと苦しいのでしょうね。

競歩の方は調子良くて昨日よりキロ1分以上速かった。疲れが残っているのに何なんだろうね?

 

今日は病院に行った後、ミンガスコーヒーに行ってみました。古いビルの7階でゆっくり本を読んだりするのには良いお店ですね。テラス席もあるので暖かくなってきたらテラス席も良いかもしれません。ただ近くの席でタバコ吸われると嫌ですね。

読んだのは、やっと順番が回ってきた陸王。自分がランニング足袋履いているせいか、すごく面白いです。もしかして無敵のきねや足袋がモデルかと思ったら、やっぱりそうでした。他にもミムラボの三村さんと思われる役とか裸足ランの吉野さんか高岡さん的な人がいたりとか。

最初本を受け取った時はこんな厚くて文字の小さい本2週間で読めるかなぁと思ったのですが読み始めるとすごく面白くて1日で半分近く読んでしまいました。これなら映画かドラマにしたら良いのにと思ったら、この秋にドラマが放送されるんですね。

http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

楽しみだな~。

私も青葉公園の雪が溶けたら無敵履いてトレランもどきやろうと思ってます。

彼らがいなくなる前に

ジミー・ネルソンという写真家が世界各地の失われつつある民族の生活や文化を美しい写真に収めた写真集。

その民族の起源や食事、日常生活などの簡単な解説もあり、芸術的な図鑑のような本かな。

グローバル化でこういう伝統的な生活をしている民族や文化が姿を消す前に写真として残しておきたいという思いと、それに賛同して資金協力をしてくれたスポンサーが見つかったために出来た作品のようです。あとがきも面白かった。

高価な本なので買えませんが、札幌市の図書館から借りることが出来ました。

写真の一部がこちらで閲覧可能です。

http://www.asahi.com/and_M/gallery/20170213_before_they_pass_away/

 

今日は久しぶりに長沼方面往復10キロ近く歩きました。

10日ぐらい前から白鳥など渡り鳥が飛来してます。千歳川の風景も光が春らしくなってきました。

練習の後、ユンニの湯に入って、キッチンファームヤードに行きましたが、ちょうど12時頃だったので駐車場の混雑を見て諦め、千歳の井泉に行ったら閉店、ということでアルヒコ二度目の訪問。

レッドチェダーチーズハンバーグ。初めて行った時よりハンバーグが美味しくなったような気がします。意外な付け合せの大根と春菊、合うものですね。また来よう。

久しぶりに80分近く歩いたのと昨日はジムでピラティスとTRXやった後に自転車でタバタやったので(初回は4セットでしたが昨日は5セット出来た)かなり疲れました。今晩は早く寝ます。まだまだこれからですね。

今さらな本ですが

人気なんですね、この本。2015年に出版された本なのに札幌市の図書館に予約したら順番まわって来るまでに何ヶ月もかかって、更に私の後にも20人以上の予約が。

食事に関して自分は質の悪い加工食品は殆ど食べず良質な生鮮食品を選ぶようにしているから、これに結構近い生活してるかも。
違うのは朝飲むコーヒーにバターとMCTオイル入れる”完全無欠コーヒー”にすることと、食事の回数、糖質摂取の時間帯かな。朝練してる限り、終わった後は補給が必要だと思う。

この本に従うと朝は完全無欠コーヒーにしてメインの食事は夕食になり、30g以下の糖質を摂るという感じになるかな。自分に当てはめれば夕練にしてその後に少量の糖質を含め十分な食事を摂るというパターンか。

練習の後は十分な栄養補給と休養が必要だから、それはそれで良さそう。朝は時間も無いしたくさん食べたら仕事のパフォーマンス低下します。朝練出来ない時に夕練にするのも良いかもしれないと思った。(昔は朝低血糖状態で朝練なんて無理って状態で帰宅ランしてましたが)

ダイエットの観点から言えば運動は週1回程度で良く短時間高強度インターバル。運動のやり過ぎで栄養が消耗して回復しきれないパターンになってる人が多いそうです。これは周囲の人にも該当する人が多いでしょう。

自分もそうだと思うが、こればっかりはやめられないですね~。少しでも消耗から回復出来る努力が必要かな。

2年前の秋にハマっていたコーヒー、実はこの本の影響だったんですかね、FBFが紹介していたので取り入れてみたんだけど。

その後、あの半月板損傷で運動が出来なくなって体脂肪率が20%ぐらいに増えた頃だったと思うのですが、ぱったり欲しくなくなり、ブラックコーヒーになったんだけど、おそらくハマっていた頃は運動のエネルギー源が不足していたんでしょうね。

練習も本格化してきたので、最近朝にまたバターとココナッツバターで、このコーヒー作って飲んでます。いずれMCTオイル買って試してみようと思います。
それから鈴木先生が紹介しているthe obesity codeの影響もあって週2回練習休みの日は夜だけの1食にしてます。前日晩ごはんの後は翌日の晩まで固形物は食べない24時間ファスティング。

洋書が読めないので先生の紹介記事を待つしかない自分が悲しい。

温かい飲み物にバターを溶かして数回飲んでいるから、事前予想より楽に出来ました。2月中旬から今まで7回やってみたけど途中リタイアしたのは1回だけ。

女性ホルモンの影響か、体調によってケトンモードになりやすい時となりにくい時があるみたい。なりやすい時は全く苦もなく出来てしまいますが、なりにくいとちょっと忍耐が必要になってくる。

ダイエットのためにしているわけではないんです。理由は今までタンパク質不足になりやすいのでタンパク質の少食頻回を行ってきたのですが、それでもタンパク質不足はなかなか解消しないから、固形物が入って来ない時間を少し設けることで消化器官を休ませ栄養の消化吸収を良く出来るではないか?という目的です。

こんな記事もあります。タンパク質でも食べればインスリンが分泌されるのでそれを頻回繰り返すと記事内にあるような問題が起きると。だから私もケガで運動出来ない時に糖質を摂っていないのに太ったんだなぁと思いました(私の場合、体脂肪率が低かったから女性の生理現象として普通ことだったのかもしれませんが)

だから食べる時は今まで通りタンパク質の間食は続け、食べない時とのメリハリをつけてファスティングによってリセット出来るのではと。

それから多くの人に知って欲しいと思うのはこの記事です。

カロリーの低い食事をしていてエネルギー不足の状態を続ければ、身体がそれに適応してしまうし、続けられないので元の食事に戻しても身体は低カロリーに適応した状態のままなのでリバウンドしてしまうということですよね。

シリコンバレー式の本にも書いてあったと思いますが、カロリーなんて気にしないで良質な脂肪をしっかり摂ることが大事です。脳が満足出来ないと何か食べたくなるのは生命維持のための本能なのでそれを我慢するのは無理でしょう。

興味のある方は先生の最近の記事を読んでみて下さい(公開だから友達じゃなくても読めます)

 

明日は白糠ロードレース。5キロに競歩で出てみます。天気も良さそうだし35分ぐらいで歩けると良いなぁ。いつも通り帯広前泊で美味しいもの食べて来ます(^o^)

真実は…

「動くものはすべて殺せ」は著者が米軍がベトナム戦争で犯した民間人に対する大量虐殺、レイプ、拷問、遺体損壊など、隠されていた捜査記録を調査したり、ベトナム帰還兵、また現地の被害に遭った村の生存者から聞き取ったものをまとめたノンフィション。

実のところ、あまりにむごたらしい内容ばかりで最後まで読めませんでした。

もう1つの「学校が教えてくれない戦争の真実」は大東亜戦争がなぜ起きたか、日本人は欧米がアジアで何百年も行った植民地支配のようなことをしていないということ。従軍慰安婦のことなど。

GHQの工作により教科書に書かれていることが自国が悪かったように洗脳するために作られたこと。そんなことが子供向けにわかりやすく書いてありました。

しかし、この本は著者が冒頭に書いているように日本が100%正しいとする本ではありません。

この2冊を読んで感じたのは、欧米人にとってアジア人は家畜以下の存在らしいということ。

沖縄で米軍の犯罪が未だ無くならないことや、ノルディックスキーで日本人が強すぎると度々ルール改正されたのも根底にこれがあるからなんだと思う。

学校が教えてくれない_の方には戦争で殺人を犯した日本兵の告白で、人1人を殺すのがとても大変なことで震えが止まらなかったと書いてあるのに、動くものは_では、全く何のためらいもなく、自分達のストレス解消のために無抵抗な民間人を蜂の巣のように銃で打ったりしていたという事実が書かれています。

学校の教科書と、この本のどちらが真実なんでしょうか…

私も洗脳されていたのかもしれません。一読をおすすめします。

学校の図書室に置くべきと思いました。

 

 

話は変わりますが、YANCOさんが大阪マラソンにエントリーしたので私もチャレンジランにエントリーしました。参加賞のTシャツ、今日発表になったそうです。男女でデザインが違っていてカッコいいですね。

今のところ倍率はマラソンは3倍弱、チャレンジランは2倍弱です。二人とも当選するといいなぁ。