Category Archives: 映画・テレビ

三連休はのんびり

風邪予防には…の記事を書いたばっかりなのに金曜日の夕方から風邪発症してしまいました。でもいつもの風邪対策サプリのおかげで喉の痛みだけで快方へ向かい月曜の今日から練習再開出来ました。

しかし毎年楽しみにしていた、おおたき国際スキーマラソンの応援とジョグには早く治すために行くのを取りやめたのが非常に残念でした(T_T)

で、久々に家でのんびり出来るので本を読んだり録画しておいた番組を見てゴロゴロしてました。

そのうちの1つはこれ

世界トップクラスの指導者が、短期集中で日本の子どもたちに特別指導。今回は、不動の人気を誇る陸上・長距離。アフリカを陸上王国に育てた「マラソン界の魔術師」が登場!

情報源: 奇跡のレッスン「走れ!苦しみの向こうへ 陸上 長距離 レナート・カノーバ」 – NHK

イタリア人の著名なマラソンコーチが八王子市にある中学校の陸上部へ1ヶ月前にトレーンングメニューを渡して実施してもらい現地で1週間指導を行い、最終日に東京都の中学駅伝に出場するという内容なんです。

練習内容や競技に対する考え方など、一般市民ランナーでも参考になることが色々ありました。

自分が特に印象に残ったのは「レースを試験と思うな、喜びを表現する場なんだ」みたいなことを言っていたことと、「陸上競技の良い所は自分との戦いで10分で1位になるより、それより順位は悪くても良いタイムで走れた方が価値がある」的なことですかね。

それと駅伝終了後、ブレーキになってしまい泣いている選手に声をかけるシーンはちょっとウルッと来ましたよ。

2月13日(水)9時~再放送されるので見逃した方はぜひ!

 

お次は映画で「大統領の陰謀

昨年春に見に行ったペンタゴン・ペーパーズのラストシーンがウォーターゲート事件を想像させるものでしたので、この映画を見たいなと思っていたところNHK-BSで放送されたんですよね。

2時間20分ぐらいある長い映画なのでなかなか見る時間が無くてやっと見ることが出来ました。

ちょっとよくわからない部分もあったんだけど、面白かったです。

でも、映画の筋よりダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォードのイケメンぶりにビックリでした。

卒業のダスティン・ホフマンよりずっとカッコ良いし、ロバート・レッドフォードの映画はあまり見た記憶が無いんだけど、調べてみたら、メリル・ストリープと共演した「愛と悲しみの果て」20代前半に劇場で見てるんだけど全然覚えてなかった~(^_^;)

3月15日~シネマフロンティアでリバイバル上映されるはずです。

 

それから読んだ本で、分子栄養学に興味のある方には、とてもオススメの本があります。これについては、また後日に。

マイ・ジェネレーション

https://mygeneration-movie.jp/

昨日はこの映画を見に行って来ました。

60年代のイギリスのロックをサウンドトラックに、俳優のマイケル・ケインが現在の姿と60年代の姿と交互に出てきて60年代のロンドンを案内する映画です。

ローリング・ストーンズ、ビートルズ、ザ・フー、音楽だけでなくツィギー、ヴィダル・サスーン、メアリー・クヮントなどファッション、フォトグラファーなどのインタビューや当時の若者文化のアーカイブ映像がまとめられたドキュメンタリー。

当時のイギリスが保守的で、上流や中流など階層に分かれていたんですね。マイケル・ケインによれば自分の生まれ育った地域の訛りで、映画でアメリカ人が監督だったから将校の役になれたけどイギリス人の監督だったらなれなかったとか言っていたのにビックリだったなぁ。

そんな保守的な世の中に反発して自分たちのカルチャーを作っていった若者も今や70~80代ですが、彼らが与えた影響が現在にも及んでいるとか。ブリティッシュ・ロック好きな私には面白い映画でした。

 

映画の後は、近くにあるスープカレーのお店に行ってみました。何ヶ月か前にporocoかHoに載っていた所なんだけどディープな(笑)狸小路7丁目にあるSOUL STOREというお店です。

メニューがちょっと変わってるのがあって、粗挽きラムとよせ豆腐のカレー辛さ4で注文してみました。だいたい他の店でも辛口を注文するんだけど、ここは辛めで3番でちょうど良かったかな。4番だと追加料金かかるし。残念ながら生ビールは無いのですがエビスの瓶ビールが美味しかった。

ネパール系が食べたい時は未来カレーでスープカレーの時はここ、また行こうと思います。

 

この週末は土日とも除雪がしっかり入った状態で良い練習が出来ました。昨日はトリムコースへジョグ。この間ハチスポ講習で教えてもらった一定心拍で走るように、上りでは殆ど歩くようなスピードで走ったらトリムコース2周出来ました。2015年以来だから、ちょっと進歩したかなぁ。でも14キロ走るのに2時間かかったけどね。

 

今日は薄曇りでしたが堤防コースも除雪されていて最高の路面状態でした。

元旦競歩前に取り組んでいた、ゆっくり大きくを意識して1時間50分かけて12キロを歩きました。冬の間に少しでもベースを大きくしておきたいものです。

ホイットニー

http://whitneymovie.jp/

昨日はこの映画見に行って来ました。

主人公が不慮の死を遂げたのですから、想定はしてましたが、とっても悲しく虚しくなる映画でした。

美貌と神から与えられたと言われる天性の歌唱力で黒人であるというハンデを越え若くして一気にスターダムにのし上がるわけですが、結局それが家族関係をダメにして行きます。

最も不運だったのは結婚した相手が器の小さい男だったことでしょう。ここで裏方に徹しサポートするような男性と結婚していれば違ったのかもしれない。同じ歌手ということで彼にはそう出来なかったのか?

あとは薬物中毒の恐ろしさですかね。プライベートな映像もたくさんあるのですが完全にイっちゃってるようなものもありました。

晩年は薬物中毒治療のために入院してプログラムを受けるのですが資金が底をつき、お金を稼ぐためにツアーに出るのですが、その時の映像がひどい。かつての美声がガラガラ声で太っていて途中で席を立つ観客や165ドル払って見る価値が無いと言われる始末。

自分は何者か?を問い続けた人生だったみたい。フレディ・マーキュリーやエリック・クラプトンも映画では同じようなことを言ってましたね。

存命時の映像と、関係者のインタビューが中心なんですが、こんな映像を公開して、そしてインタビューでギャラももらってるのでしょうから、彼女の周囲の関係者は死後もタカってお金を手にしてるのか…なんて、勘ぐってしまい、後味の悪い映画でした。

ただ全盛期のライブの映像は改めて彼女の歌の素晴らしさを感じさせるものではありました。

 

昨日は映画の前にまた8スポの講習会に参加しました。

お題は【トレーニングについて(基礎編)とサブトレーニング】ということで前半は座学で後半はUGOKLメソッド8種類の実技講習。

心拍トレーニングとベースの大きさはとても参考になりました。

心拍については一定心拍で練習することが大事でペースで練習するとアップダウンなどにより心拍の上がり下がりが出て、複数強度のトレーニングがミックスされてしまうから良くない。

また、偏ったトレーニングで心拍のクセがついてしまい、幅広いトレーニングが出来なくなるとか。

自分の場合は怪我してから、長い距離を走ったり歩いたりしてなかったから、三角形のベースの部分が小さくなってしまったんだなぁと思いました。

元旦競歩の時、わりと記録が良かったのは、11月、12月と5キロ競歩なのに15キロとか歩く練習をしていたのでベースが少し大きくなったからかもしれません。そして20キロ競歩を歩くにはトレーニグが足りずベースの部分が小さかったのだと思います。

UGOKLメソッドはYou Tubeで動画を見て継続してますが、今回の講習で間違ってた動きでやっていたものが発覚したので参加して良かったです。

パッドマン

http://www.padman.jp/site/

NHKの朝のニュースで映画の紹介を見た方も多いのではないかと思いますが、私もそのニュースで知って見に行きました。

インドでは生理用のナプキンがとても高価で貧しい人は買える物ではないそうなんです。

主人公のラクシュミは妻が不衛生な布を使っていることを知り、薬局で高額なナプキンを買って来るのですが高くてとても使えないから返品するように言われます。

が、薬局では返品させてもらえず、取りあえず持っていたら、自分の働く溶接工場で同僚が負傷。持っていたナプキンを傷口に当て病院へ連れて行くのです。

そこで医師から生理の時に不衛生な物を使って病気になり子供が産めなくなったり、最悪死亡する女性もいるという話を聞きます。

その話がラクシュミをナプキン作りに突き動かしていくのですが…

 

えっ、そこでもうこうなっちゃうの?!みたいなシーンが結構あるんですけど、やっぱりインド映画は面白いです。

そして映画のクライマックス、国連での演説シーンなのですが不自由な英語でのスピーチ、ユーモアを混じえ決して苦労話をしているわけではないのですが、なぜだか感動します。

それとラクシュミのビジネスパートナー的な役、パリーを演じてる女優さん、見たことあるなと思ったらミルカの恋人役だった方なんですね。相変わらずお美しかったです。

 

 

自分が初潮を迎えた頃は、既にナプキンを使うのが当たり前の時代でした。自分の親世代はそういう物が無い時代も経験しているでしょうが、もし無ければとても不自由でしょうね。

それ以前に生理が穢れとされ、期間中は家族と別な部屋で過ごしたりとか、21世紀にそういう風習があること自体が信じられませんが…(インドの場合、都市部と地方での格差が大きいらしいです)

見に行って良かった映画でした。多くの女性が不自由や不衛生から解放されて欲しいものです。

 

そしてインド映画と言えば来月スガイディノスで踊るマハラジャのデジタル・リマスター版が上映されるんですよね。20年前私は見ていないのですが、この映画って日本でインド映画がブレイクするきっかけになった作品じゃなかったでしょうか?

こういう娯楽映画は見たことがありませんが、インド映画が面白いので行ってみようかと思ってます。

エリック・クラプトン~12小節の人生~

以前から記事に書いてきましたが、今日は楽しみにしていたこの映画見に行って来ました。

http://ericclaptonmovie.jp/

エリック・クラプトンとその関係者のインタビューやプライベートな映像など貴重な映像が一杯です。

実は私、エリック・クラプトンの熱烈なファンというわけではなく聴くようになったのも30歳過ぎてからなので昔の色々なこと知らなかったんですよね。

16歳の母から生まれ祖父母を両親だと思って育ったという家庭環境。カナダ人と結婚した実の母が里帰りした時にママと呼ぶことを拒絶され深く傷ついたことが、彼をブルースという音楽に向かわせて行ったようです。

映画の中でB.Bキングが語っていた、白人のクラプトンがブルースを演じることによって、ブルースという音楽が知られ、それまで出演出来なかった場に出られるようになったことが印象的でした。

またラストのクロスロードギターフェスティバルで81歳のB.Bキングが語っていたことも二人の良い関係を感じさせるものでした。

それからパティ・ボイドへの叶わぬ恋のエピソードや、その後のドラッグ、アルコール依存。ライブにも影響が出てきて、観客のヤジに激怒してライブを中止するなどひどい状態でした。よく死ななかったなぁと思いました。ジミ・ヘンドリックスの死にはとてもショックを受けていたようです。

最愛の息子の死が立ち直るきっかけになったんですね。アンプラグド、クラプトンファンだった妹が当時買って聞いていたけど、ティアーズ・イン・ヘヴンのエピソードは知っていたけど、そんな時に出来たアルバムとは知らなかったです。

そして今は家族に囲まれ幸せな様子。そう出来たらからこそ、過去を映画に出来たみたい。

ロックファン必見です!

 

で、お正月映画はこれです(最近音楽関係の映画が多いですよね)

ホイットニー・ヒューストンもファンというわけではないけど、彼女の人生も色々あったみたいですね。若くして亡くなってしまったのがとても残念です。

クラプトンにしても、不幸な境遇の経験があるから人の魂を揺さぶる音楽が作れるのかもしれないですね…。

 

で、映画の後、札幌に車で来たからクリスマスとお正月のお酒を買いに東区の北栄商店へ。時節柄かお客さんがひっきりなしに訪れていましたよ。

明日飲むシャンパンとビール、それにお正月に飲む日本酒を購入。ライディーンビールって八海山の蔵元で作ってるビールで前に何かで見かけて飲んでみたいなと思っていたんです。北栄商店に売っているとはサスガ!明日飲むのが楽しみです。

ボヘミアン・ラプソディ

私の会社は記念日休暇というのがあるんですが、今日は結婚記念日でその休暇を取り4連休(本当は仕事忙しいのに(^_^;)。木曜日だったので先週行けなかったボヘミアン・ラプソディ見に行って来ました。

かなりの人気作品みたいで、7割以上は席が埋まっていたような。レディースディということもあるでしょうが年代は私より上の、リアルタイムでクィーンのファンだったと思われる女性が多かったですね。

ローリングストーン誌の記事によれば事実とは違う点も多いようですが、映画としてとても面白かったです。ラストのライブエイドのシーンは圧巻でした。演じる俳優さん達もみな本物によく似ていたし。

かつで恋人だった友人のメアリー・オースティン、恋人のジム・ハットンに舞台袖から見守られるシーンや父とのわだかまりが解ける場面なんかが良かったですね。後半は涙が止まらなかったです。おすすめ!

 

私はタイトル曲がヒットした頃は小学生でラジオでよく流れていたのを覚えてます。

この頃って日本語の歌を歌ってましたよね。♪手を取り合ってこのまま行こう愛する人よ~って曲。映画の中でもフレディが着物みたいな服を羽織ったり部屋に日本語で書かれた御札みたいなものが見えたり、日本文化が好きだったのでしょうか?

それとフレディは猫好きだったみたいですね(^^)

小学生だったということもあり、私は大人になってからの地獄へ道連れとか、愛という名の欲望とか、フレディの晩年に近い曲の方が好きでした。

 

さて来月も音楽映画。ディノスで12月15日~上映です。楽しみ♪

華氏119

https://gaga.ne.jp/kashi119/

シネマフロンティアへマイケル・ムーアの話題作、華氏119を見に行って来ました。

 

大統領選挙の時のヒラリー・クリントンが勝利を確信している場面から始まり、トランプ大統領がなぜ当選したのか、

まるで冗談から大統領候補になったような(^_^;)

実際にはヒラリーより党員に支持されていたバーニー・サンダースが大統領候補になれなかったことだとか、

アメリカの選挙システムの問題点、それに民主党が支持者獲得のため共和党寄りの政策を取ったりで、それぞれの政党の違いがわからなくなって来てるみたい。日本と同じだなと思って見ました。

それと水道水が鉛で汚染されている町にオバマ大統領がやって来るんだけど、オバマの取った行動が住民の期待はずれに終わり、その落胆ぶりが印象的でしたね…。

これではいけないと行動を取る若者達に希望を見出すシーンもあるけど私の世代だとSNSでの行動だとか繋がりってどうなんだろうか…と疑問符にも思った。

詳細は公式サイトのあらすじを見たらだいたいわかります。

NHKのインタビューでムーア監督が言っていた民主主義はもろく壊れやすいものだという言葉が最も印象的でした。

国民が政治に無関心になり選挙に行かないのが一番良くないんだと思います。

そして歴史は繰り返す。日本だって気づいた時には遅かったなんてことにならないとも限らないなと思いました。

ぜひ見て欲しい映画です。

 

そして昨日から同じくシネマフロンティアで上映されているクィーンのボヘミアン・ラプソディ。映画館で予告編見ましたけど楽しみです。来週木曜日に見に行く予定です。