二日目、美瑛に移動。旭川から美瑛って意外に近く、休日の朝のせいか30分ぐらいで到着。

私も何年前だか思い出せないぐらい前に、宮様国際スキーマラソンが気に入っていて3回ぐらいは出場したような。

美瑛マラソンも実家が芦別にあった頃、毎年出場していたのですが、もう10年以上走っていません。このスポーツセンターに来たのも本当に久しぶり。

歓迎の雪だるまとアイスキャンドルが微笑ましい。

気温は-10度ぐらいだったようです。北広島もそのぐらいは当たり前な気温なのですが、くもりのせいか、ずっと寒く感じました。

YANCOさんがスタート地点へ向かうバスで移動した後に、10キロぐらいジョギングしました。

最初はスキーマラソンのコースを逆走しようと思ったんですがガードマンに聞いたら、片側通行で車も通るから行かない方が良いと言われたので、まず駅の方へ向かいました。

2017-02-19-08-50-13

何度か車で前を通ったことはあったけど近くで見たのは初めてでした。石造りの駅舎でなかなか良い建物ですね。観光マップなどが無いかと入ってみたけどありませんでした。

駅前の案内板を見て三愛の丘という所が5キロぐらいだったのでちょうど良いかなと目指してみることにしました。

dscn3780

写真でもわかるようにかなりの登りで、歩くようなスピードでしか走れませんでした。

景色は確かに良いけどハード(^_^;)

結局三愛の丘までは行けませんでした。

写真はありませんが、この道を登っていって左側の丘にはオシャレな家やペンションなど、移住してきた人達なのか、住宅がかなり建っていました。こんな所に住めたら良いだろうなぁ…

写真はたくさん撮りましたが、雪景色のせいかどれも大差ないですね(笑)

走っているうちにスキーマラソンのコースが遠くに見えてスキーヤーが見えました。

こんな所を滑れるのは気持ち良いでしょうね。自分が出た時はあまり天気が良くなかった時の記憶しか残っていなくて景色の印象が記憶に無いです。

ハードなコースにまだ脚がついてこれないようで帰りは下りだったにもかかわらず、平地の市街地に戻った頃から脚が重くなって、ヨタヨタしてました。

走ったコースはこんな感じ。

2017-02-23-20-52-22

ランキーパーの東京マラソン関係のイベントで11キロ走るのが目標だったのですが800m足りず、距離稼ぎする余力がありませんでした(^_^;)

走っている時は軽く汗ばむ程度で温かかったのですが、YANCOさんのゴールを待って20分ぐらい外にいたら、すっかり身体が冷えてしまい帰りに寄った温泉でもなかなか身体が温まらなかったです。

帰りは土井商店でお酒買って帰りました。この間家でお酒飲むのやめたと書いたけど、たまには例外ということで(笑)

2017-02-023

この土井商店ですが春に旭川に移転してしまうそうで、行くのは最後になりそうです。

YANCOさんはこれでクロカンシーズン終了。来月は白糠ロードレースを走ります。

私のロードレース出場予定ですが

3月 白糠ロードレース 5キロ

4月 伊達ハーフ 5キロ

5月 ノーザンホースパークマラソン 7キロ

とここまでエントリー済です。まだリハビリ通院中ですが、伊達は走るつもりなので、それで何ともなければリハビリ卒業出来そうです。

週末はYANCOさんが宮様国際スキーマラソンに出場のため、旭川に1泊して美瑛に行きました。

ホテルは1年ぐらい前にオープンした駅前のルートイングランド。

普通のルートインより少しグレードが高いようで、部屋が広くて調度品も良かったです。

最上階に天人峡温泉のお湯に入れる浴場があります。展望も利くので晴れていたら眺めが良さそうです。

オフシーズンのせいか朝食付で8000円を切る価格でした。

ホテルの駐車場はハイルーフ対応で1泊800円でした。

来年もここが安かったら泊まりたいです。

2017-02-18-15-06-59

 

晩ごはんは旭川に泊まったら絶対ここ!というぐらい気に入った大黒屋へ。

本店は移転休業中とかで前回同様5丁目支店へ行きました。

開店時間の17時に予約しておいたのですが、行ってみると既に並んでいる。

予約していない人は待ちでした。本当に人気の店です。予約は必須ですね。

旭川のマンホールも見つけました。バーサロペット・ジャパンのデザインでした。

旭川市 汚水

旭川市 汚水

冬の旭川駅前もなかなかきれいでした。夜になると風が出て来てメチャ寒かったですけど。

2017-02-18-18-14-19

翌日の美瑛に続きます。

 

 

 

dscn3761

おおたき国際スキーマラソンは昨年一応エントリーはしていたのですが体調がすぐれなかったのと大荒れで雨という予報に機先をそがれ出場を取りやめたので、2年振りの出場です。

例年の如く朝6時過ぎに自宅を出発、支笏湖経由で会場の大滝総合公園に向かいました。天候は穏やかで、支笏湖周辺は例年より積雪が少ないように思いました。途中、小さなトラブルもあって少し遅れ気味で大滝総合公園に到着したのが8時過ぎでした。

何処に駐車できるだろうかと心配していたにも関わらず会場に一番近い駐車場に誘導されてラッキーと喜びました。8時半からの受付時刻が近づいてハガキを見てみると15kmのスタート時刻が11時と2年前より約1時間も変更になっていました。駐車場が空いていた訳が解ったのでした。

NAOJIさんも随分時間があるからとコース周辺のジョギングに出発して行きました。私もゆったりとウォーミングアップをすることができました。

15分前にSTART地点に行き待機していると、⒎5kmを2周するコースに変更されたという会話が耳に入ってきました。コースも変更になっていたとは…。最高標高561mにも到達する雄大な景色を満喫できるコースを滑られないのかと少し残念な気がしました。あれだけの広大なコースをサポートするのは大変だし参加人数も減って規模が縮小されたんですね。

5km手前にきつい登りが1箇所あるくらいのXCスキーコースとしては楽なコースになりました。自己計測1:19:45でGOALしました。

お楽しみ抽選ではアロニアのサプリメント定価3800円をGET。参加賞のきのこ汁で暖まり、豚串、行者にんにくウインナーでお腹も満腹、気持ちも満足しました。おおたき国際は規模が縮小されましたが、来年もまた参加したい大会ですね。

初参加ホルメンコーレンマーチ

今日は千歳市民歩くスキーの集い、ちとせホルメンコーレンマーチの7kmに出場してきました。

建国記念日に開催されるこの大会、祝日が休みではない会社勤めの頃の身には縁の無い大会でした。

初めて出てみて、歴史と運営の良さを感じました。
コース自体は広くないですが起伏も少なく距離も短く程良い参加人数のせいか気持ち良く滑ることができました。

日程のことも考えずにエントリー、33kmは今の自分には無理だと思って7kmにしたのは正解でした。
明日はおおたき国際スキーマラソンの15kmだったのです。

ゴール後、スポーツセンターに戻って完走証を貰ってから、豚汁とおにぎりを戴きました。とっても美味しかったです。

来年もまた出場したいと思いました。

iPadから送信

ありがとう牧場&しあわせチーズ工房

弁当のおかずが足りない時、赤れんがテラスのcoronで時々チーズ買って食べるんですよね。

高いけど、日によって違うチーズが売っていて楽しみ。

いつも酪恵舎とか共働学舎のチーズを買うことが多いのだけど、最近しあわせチーズ工房という聞きなれない所のチーズが売っているので買ってみました。

その名も「幸」長期熟成したチーズで、噛むほどに旨味が感じられる、とても美味しいチーズでした。

工房の名前で検索してみたら、ありがとう牧場のHPにヒットしました。

http://www.arifarm.sakura.ne.jp/

放牧牛の肉や乳製品、豚肉などが買えるようです。しあわせチーズ工房のチーズもこちらの牛乳から作られているそうです。

年間会員というシステムがあり、ちょっと興味を持ったので会費1万4千円を払って申し込んでみました。(詳細は牧場のHP参照)

年3回牧場からの贈り物が届くのですが、今月が初。画像のチーズの他、ソーセージ2パックといちごをシロップで煮た物が送られてきました。

左のフレッシュチーズは甘くないチーズケーキみたいな感じ。

右はブルーチーズと羊の熟成チーズ。どちらも店頭では買えない物のようです。

 

羊乳のクセあるかなと思ったけど幸と変わらず旨味があって美味しかったです。

ブルーチーズはそのまま切って食べましたが、やや塩気が強く、ワインといただくのが良さそう(実は私、正月終わってから宅飲みやめました!

同封の申込用紙で精肉を注文することが出来ました。

早速牛肉や豚肉を注文しました。HPの説明を読むとサラダビーフ=グラスフェッドビーフってことですよね。

 

豚は屠畜日が決まっていないので牛肉だけが届きました。

2017-02-11-07-56-19

ちなみに価格はステーキ用約150g×2とローストビーフ用にモモブロック約400gで4000円でした。

会員特典で消費税分の割引と送料は今回サービスだったみたい。

直売の牛肉は井上牧場さんとここ、豚肉もこことランチョエルパソで買おうと思ってます。

エルパソ以外は不定期にしか買えないのですが、それは仕方ないですね。

あと以前紹介したハンバーグレストランだったルバーブファームも肉やハンバーグの直売をしているのですが近くの千歳なのに送料が1080円と高く税抜き1万以上買わないと送料無料にならないのがネックです。

でもあそこのハンバーグは本当に美味しかったので一度は買ってみたいですね。牧場で直売していればなと思うんですけどね。

肉をメインに食べることが多いので予算の許す範囲で質にはこだわりたいと思ってます。

 

今日はYANCOさんのクロカン練習に付き合って、青葉公園で走りました。

この間どんど焼きに行った時は公園内ではなく千歳市街へ走りに行ってツルツル路面の恐怖でやっとの思いで3キロ走っただけだったので、もう行かないことにしたんです。

でもYANCOさんが公園内を歩いている人がいるから走れるんじゃないか?というので、また行ってみました。

千歳市の図書館前に車を止めてJALマラソンのスタート地点の方へ向かいます。

713B5CC7-C51A-4E2D-AA1C-0CDC6B82677B

まさか夏に走っている1周3.6キロの周回コースを1周出来るとは思いませんでした。

しかも一部のトイレには暖房が入っていて使用可能です。

↓このようにクロカンスキーのコースとウォーキングに分かれています。

2017-02-05-09-25-39

クラシカルのコースとウォーキングが併設されているようでスケーティングは別なコースになっているところが良いですね。スケーティングだと歩行者がいたら邪魔になりそうですから。

路面は踏み固められている所がちょっとボコボコしていたから、あまり走りやすいという感じではなかったけど、冬の青葉公園も良いものですね。

出来れば3周したいなと思っていましたが脚が疲れて2周で終わりました。

YANCOさんがスキーから戻って来る間、図書館で暖を取っていましたが、図書館内に小さめのコインロッカーがあるので貴重品置いておくのに良さそう。

ただし図書館の開館時間が10時からなので、それ以降にスタートする時じゃないと利用出来ません。北広島の図書館は9時半からなんですが千歳は30分遅いんですね。

紙コップ飲料の自販機と冷水機もあるので水分の補給も出来ます。

昨日ワイン飲んだりして今朝もあまり水分摂っておらず脱水気味だったので助かりました。

練習後は銭湯に入り、どんど焼きの時に行ったアルヒコの隣にある牛カツの店に行ってみました。

牛カツ定食1200円を注文。目の前に小さな固形燃料のコンロがあったので何にするのかな~と思ったら、軽く揚げてレアな状態でカットされた牛カツが出て来て、鉄板の上で好みの焼き加減にして食べるというシステムみたいです。

でも、どうなんだろう、私だったらレアとかミディアムとか指定出来て揚げてもらった方が良いかな。

わさび醤油で食べるのは、なかなか美味しかったですが、残念なことに使っている油があまり良くない感じで、後から油臭いゲップが出たのが気になりました。きっと酸化した植物油だったんじゃないかなぁ…。

期間限定メニューに豚汁ならぬ牛汁というのがありました。美味しいんだろうか…ちょっと食べてみたい気もしましたが。

私は隣のアルヒコのハンバーグの方が良いです。

オーナーが変わって再び開店したのが知られてきたのか今日はこの間より混んでいたようでした。

小樽雪あかりの路

昨日は穏やかな天気だったので小樽雪あかりの路を見に行って来ました。

夕方4時過ぎに小樽に着いて、まず以前から気になってたosa wineryに行ってみました。

ここは石造りの倉庫の1階で醸造、2階がバーになってます。

辛口の白ワインにこだわって作っているそうなので我が家の好みにはマッチしそう。

本格的なバーという感じではなくワインのテイスティングのためにあるバーで簡単なつまみが数種類とグラス500円前後でここで作っているワインが飲めます。

写真一番左のにごり泡と右から二番目の白をナッツや栗原蒲鉾店のかまぼこをつまみに一杯ずつ飲みました。ほんとに辛口でとっても美味しかった。

ワインの価格は2000円~3000円ぐらいで宅飲みにボトルで買うのには我が家にはちょっと高いですが、このバーでちょい飲みするなら、とても良い感じ。木金土の13時~営業しているそうなので土曜の昼間とか機会があればまた行きたいですね~。

次にこのワイナリーの近くにビストロがあったのですが営業時間前だったので手宮線の雪あかりの路会場を少し散策。すごい人でした。雪まつりと同時期のこともあり海外からの観光客が多かったです。もみじのアイスキャンドルがきれいでした。

ビストロの開店時間になったので行ってみました。ビストロ ブランシェというお店です。

アラカルトで3品とデキャンタで赤ワインを注文。魚介類の前菜、仔羊のローストでお腹を満たしました。

良い感じで酔って最後は小樽運河の会場へ。こちらも人人ですごかったけど、とてもきれいでした。

イベントの規模自体は大きいものではないけど、なぜか小樽って何回来ても、ただぶらぶら歩くだけでも楽しい街ですよね。