白糠遠征2

レース当日は割と良い天気。

実は金土と冬に逆戻り。一旦夏靴履いちゃうと真冬と違って雪質も悪いし、冬靴で練習する気が起きず休んでました。日曜の朝も夜中にちょっと降ったみたいで薄っすら雪が残ってました。

木曜から練習してないから、アップはしっかりと思ったけど(競歩の場合数日練習していないと調子出るのに時間がかかることが多い)会場もコース以外の仲通りは雪が残っている状態で風も冷たくて億劫になり、練習代わりなんだし最初から動き良くなくても良いやと、軽く身体を動かす程度で終わりました。

会場では我が家同様、札幌から毎年出場しているクラブの会長ご夫妻にも会い、またこの大会でしか会うことのない釧路のカッチさんにも会いました。何だかすっごくはしゃいで楽しそうだったなぁ。いつの間にか70歳過ぎたけどトモさんも相変わらずお元気そうで何よりでした。

 

写真は無いので文章だけになってしまいますが、元旦競歩の結果から設定した目標の70分以内には及びませんでしたが昨年秋は73分かかっていたのが71分以内でゴール出来たので、手応えを感じられました。

前半3キロが登り、向かい風、調子が上がらないなどでキロ7分20前後かかったのが響きましたが3キロ過ぎてからは調子が出て前を走るランナー一人一人を目標に、だいたいキロ7分前後で歩けました。大河ドラマのいだてんのテーマ曲が脳内再生されたので(笑)調子良かったんだと思います。

第2折返しを過ぎてからは下りで、ちょうど100mぐらい先に北海道マスターズのピンクのユニフォームを着た人がいたので、その人を目標にラスト2キロ過ぎで追いつき一度抜き返されましたがラスト1キロで振り切ってゴール。会長が見に来てくれて肩の力を抜けとアドバイスされましたが、自分ではそんなつもりなかったんだけどなぁ…。

調子よく歩けたせいか、ゴール後もあまり疲労感はなく気分良かったです。

翌日結果を確認したら10キロの完走者全体で私の後ろにまだ20人いました。最終ゴールにならなくて良かった(^_^;)

この大会の10キロ、競歩で出たのは初めてだったんですが調子良かったせいか、栗山や美唄の10キロより歩きやすく感じました。学生ウォーカーを毎年見かけますが(今年は3人)歩きやすいからなのかもしれませんね。来年以降も10キロ競歩で出ようと思います。

元旦競歩から好調な要因の一つに12月からずっと続けているUGOKLメソッド効果もあるように思います。

それとレース前のクエン酸かな?なんかあまり苦しくなくエネルギー回路が上手く回っているような気がしました。

詳細は以前紹介したことのなるFBのトライアスロンを科学する会にある研究なんですけど

これに習って私も体重1キロあたり0.05g程度のクエン酸をレース前に摂ってみたんですよね。運動強度が高くなれば脂肪より糖をエネルギー源にする比率が高くなるとは聞きますけど、クエン酸を飲んでおくと、より高い強度でも脂肪をエネルギー源にする比率が高くなるということなんです。

何度かやってみないとわかりませんが、クエン酸は安いし薬局で簡単に手に入る物なので試してみる価値はあるかもしれません。

レース後の疲労感が少なかったのはクエン酸のおかげもあったのかも?(乳酸の代謝に必要だから)

ちなみに私は以前分子栄養学のセミナーに出席した時にドクターがオススメしていたこれを買ってます。自宅なら粉末でも良いと思いますが遠征先に持って行くなら粒の方が良いし、酸だから水に溶かして飲むと歯の、う蝕の原因になると思うけど粒だとその心配もありませんので。

 

 

ゴールした後、酪恵舎に寄って高速で帰る予定でしたが、色々あって酪恵舎から戻って来て、大会会場隣接のしらぬかの湯に入って帰りました。

2016年にオープンしたみたいで、温水プールやスポーツジムのある町の施設の1つみたい。小さい所なのでレース後は混んでるかもしれませんね。私達が行ったのはその後の時間帯だったから空いていてゆっくり入れましたけど。

伊達もそうだけど、民間のスポーツジムが無いような地方って、自治体でこういう施設を作っていて羨ましいですね。住民の健康維持に寄与して介護や医療費を減らしたいからなのかもしれませんが。

北広島の体育館も、もう少し施設を充実させてくれれば良いのにな~。都会だと民業圧迫ということになってしまうのでしょうか…。

 

話は戻りますが酪恵舎でご褒美にチーズソフトと思って行ったんですが季節外だそうで、そのソフトを使ったチーズソフトもなかとホエーに漬けた塩サバを買いました。チーズはここに来ないと買えない物もあるのだろうけど、私の気に入っている物は札幌でも買えるから買いませんでした。

塩サバは釧路産のサバをホエーに漬けた物で型が良く柔らかく生臭みがなく、とても美味しかったです。来年はクーラーボックス持参で買って帰ろうと思います。

 

さて、今回の10キロの結果で、2時間半前後でゴール出来そうなので4/29春のさわやかマラソンのハーフにエントリーしようかなと思います。豊平川河川敷の大会なら平坦だから歩きやすそうです。まだ1ヶ月以上あるから、もう少し距離を延ばせるように練習しないとならないな(^_^;)

白糠遠征1

今年も前日帯広泊で行って来ました。

今回は今まで訪れたことのない鹿追町の神田日勝記念館に寄ってみることにしました。

と、その前に鹿追と言えば蕎麦ですよね。ネットで調べて十割で目的地のちょうど向かい側にある「そば処大雪」に行ってみました。

お母さんと息子さんで営んでいるらしきお店でお母さんが蕎麦を作っているようでした。

メニューはこんな感じ。

私は冷やし納豆そば、YANCOさんは天ざるを注文しました。

普通に美味しかったです。蕎麦って糖質量が多いですが十割なら白米より栄養豊富なんで、オススメしたい食材なんですが、ここも蕎麦以外のメニューが無かったです。そして麺類って食べるのが速くなっちゃうし、すぐにお腹が減るんですよね~。と、言いながら来てしまったのですが…(笑)

蕎麦を食べた後は向かいにある道の駅の直売所に行ってみました。

 

入り口には水槽がありチョウザメの稚魚が泳いでいました。道の駅のホームページによれば2014年からバイオガスプラントの余剰熱を利用してチョウザメの養殖をしているのだとか。

 

駅内はシーズンオフってことで空いていました。ここでは黒豆とクレソンをお買い上げ。

十勝地方と言えば豆の産地。ちょうど翌日ロードレースの日に帯広市のとかちプラザで豆まつりが開催されたそうですが時間が短くレース後では間に合わなさそうで残念でした。

道の駅内には町内の色々なお店を素敵な写真にしたポストカードがあり、自由に持ち帰られるようになっていました。

 

次に神田日勝記念美術館へ。

1993年に開館したそうですが、モダンでもっと新しい建物かと思いました。有名な絶筆となった書きかけの馬の絵をモチーフにしたサインがありますね。

32歳という若さで亡くなったので作品の展示は多くありませんが、年代によって作風が大きく変わったり、再び原点回帰したりしていたようです。腎盂炎で亡くなったそうで、館内放送のビデオからも当時の農家の厳しさを感じました。

520円で見られますしJAFやぶんぶんクラブに入っていれば団体割引460円になりますので興味のある方、近くに来た際にはぜひ立ち寄ってみて下さい。

その後はいつものコースでオベリベリ温泉へ入ってサギの写真を撮り、晩ごはんは地元ファミレスのふじもりでした。

サギはいつもと違う所から撮ったので大きく撮れました。

翌日につづく

運び屋

http://wwws.warnerbros.co.jp/hakobiyamovie/

昨日はクリント・イーストウッド監督主演の映画を見てきました。私はシネマ・タイムという番組でこの映画を知ったけど、NHKのニュースでクリント・イーストウッドのインタビューが放送されたみたいですね。そのこともあるのか映画館混んでました。

クリント・イーストウッド演じる主人公のアールはユリの栽培に没頭し家族を顧みなかったために、家族を失い孤独な生活をしているが、インターネットで販売する同業者の影響か、品評会で優勝するような技術を持っているのに商売に失敗して自宅を差し押さえられてしまう。

文無しになってオンボロトラックで向かった孫娘の婚約パーティで知り合った男から荷物を運ぶ仕事を依頼され、最初は麻薬と知らずに運んで多額の報酬を得るが…

笑えるシーンや考えさせられるシーン、それに90歳という設定の主人公が意外と機転を利かせる場面があったりして面白かったです。ネタバレになるから書かないけど最後の方はちょっとグッと来るかもしれません。

あと麻薬捜査官の捜査方法がそれこそダーティで、本当にこんなことするの?っと思いました(^_^;)

クリント・イーストウッドって俳優引退宣言していたんですね。知らなかった。御年88歳とか。実は映画は今まで見たことがありませんでした(硫黄島からの手紙は見たかったんですが見逃した)

 

今日は先週書いた通り3週連続上野幌から白石サイクリングロードを走りました。今日は1人でした。

昨日12キロ歩いた疲れが残っていたのか、あまり調子は良くなく、先週から比べたら雪がだいぶ消えたんですが、思ったほど速く走れませんでした。

画像は万生公園の桜並木です。桜が咲くのは1ヶ月半ぐらい先ですよね。

それとアサヒビール園の辺りが一部歩行困難なスケートリンク状態で怖かったです。

15キロ走って目的地のスープカレーポレポレへ。

東北通に面していて、以前から気になってる店だったんですよね。ホームページによれば1978年創業だそうなので、すごい老舗ですよね。

メニューにビールがあったので注文したらクラッシックの中瓶が出てきました。汗かいてたので旨かった~。

カレーは看板メニューというスリランカに温泉卵追加。元々このメニューには温泉卵が付いているのでダブルです。別皿に出て来るんです。あと、一番奥に見える白いのはココナッツミルクかな?

チキンは柔らかくてホロホロ、スープはサラサラであっさりしたタイプでした。こってり系が好きな人には物足りないかもしれませんが私は美味しかったです。

卵は長沼の卵ラン農場ムラタのを使っていて卵も売っているようです。

ちなみにご飯に添えてあるのはマンゴーのピクルスみたい。知らずに食べたけど何だかわからなかったです。

ビール飲んだせいか腹一杯でした。やっぱり先週の蕎麦より私はこちらの方が良いです。

帰り道、また森彦へ。今日は寄らない予定だったんですがコーヒー豆が切れたので買ってみることに。腹一杯なのについに黒いソフトを買ってしまった(笑)店内看板によるとチョコレートなんですね。コーヒー豆は浅煎りにしてみました。軽い感じで美味しかったです。

 

来週から日曜日予定が入っているのでしばらく、このコースは走れないけど4/7天気良かったらまた走りたいです。その時はきっとエルフィンロードを走って行けるでしょうね。

今週もサイクリングロードで

雪だった昨日とまた変わって、今日は-9度の冷え込みでしたが朝から晴天。

先週気になった蕎麦屋を目的にまた上野幌からサイクリングロードを走りました。

先週から比べたらだいぶ雪が溶けたのではないかと期待して夏靴で行ったんですが、予想に反して舗装路面が出てる所は少なかったです。

それと橋の下が凍ってテカテカの所が結構ありましたが、冬靴で走った先週から比べたら、とても調子が良くキロ45秒ぐらい速く走れました。それで東札幌の終点まで行くことが出来ました。

上野幌からここまでだいたい10キロぐらい。折り返してゴールは南郷13丁目で合計15キロ走れました。これで伊達ハーフは何とか走れそうな気がしました。

南郷の湯に入って目的地の手打ちそばきっ川へ。

向ケ丘通りに面しているわけではないのですが、通りから見える、ブロック造のおしゃれな目を引く一軒家です。

玄関で靴を脱いで上がります。

12時過ぎに入ったら既に殆どの席が埋まっていてカウンター席だけが空いていました。後で調べたら16席しか無いんですね。

ファイターズ関係者が来るらしく壁には稲葉さんや大谷選手、ダルビッシュ選手などの色紙や写真が飾ってありました。

北海道産の食材中心に使ってるようです。

ビールは瓶ビールで注文したらお通しが出てきました。カマボコに粕味噌漬けでした。

私は鴨汁板もり、YANCOさんは天ぷら板もりを注文しました。板そばなんですね。

札幌に住んでいた頃、近所でよく行っていた、板そばなみ喜から比べたら麺が細めでした。蕎麦は普段食べないから私には評価出来ませんがお通し・鴨汁を含め美味しいと思いました。

YANCOさんはとても気に入っていてまた行きたいと言っていましたが、やっぱり蕎麦はすぐにお腹が減るからどうかな~。なみ喜やかるいちみたいに鳥天だとか焼き鳥メニューにあれば良いんですけど。

お店を出たのは13時前後だったと思いますが、もう売切れの札が。席数と時間帯からすると1日何食出してるんでしょうね(・∀・)

帰り道、またJB森彦に行きました。今日はこの店限定の黒いラテにしました。ソフトクリームだけではなく、ラテも口の周りが黒くなるので店を出る時は要注意です(^_^;)

 

来週も天気が良かったら同じコースでスープカレーのお店に行こうと思っています。

 

冬に逆戻り

木曜日あたりからマイコースの舗装が顔を出しました。

やっと夏靴で練習出来る♪舗装と雪上じゃ歩くペースが4、50秒違うんですよね。金曜日は冬道だと4キロ36,7分かかるところを32分で歩き気分良く終了。

今日は10キロ以上は歩こうと思っていたらYANCOさんが雪結構降ってるというので窓の外を見たらガーンって感じでした。住宅地の終わりからは軽く吹雪じゃないですか(T_T)

真冬ならそれでも練習続けるところですが、もう気持ちが春モードになってるので1往復で退散しました。帰宅してテレビで時間予報見たらこの後晴れで全然雪が降る予報になってないのに~。タイミング悪っ!

簡単には春にはならないですね。でも来週は気温が高い日が多いようなので一気に春になるのではないかと期待しています。

 

帰宅してからユンニの湯に入って、昨年長沼に開店したカレーの三本木へ行ってみました。

入口は道路に面していなくて裏手の方にあります。

ここは以前、ぽこぺんという絵本のお店だったのですが、いつの間にか閉店し、その後に開店したようです。

靴を脱いで上がるようになっていて、1階に6人掛けの大きなテーブルがありました。2階にも席があるようでした。

メニューはこんな感じ

私はサバカレー、ラムカレーにほうれん草のサブジトッピング。

こんな感じで、最近良く聞くダムカレーの両側バージョンみたいなカレーが出てきました。

ライスは1/3にしてもらっても結構量が多かったので普通盛り200gだとどんな感じになるんでしょうか…(^_^;)

ラムは肉団子になってました。ラムカレーの方はココナッツミルクを使っているのと結構甘かったです。私はサバカレーのルーの方が好みでした。

若いご夫婦が2人で作っているお店で席数が少ないし混むと時間がかかりそうです。今日は天気が悪かったので混んで待つこともありませんでしたが雪の無い時期だとなかなか行くチャンスが無さそうな気がしました。

 

カレーを食べた後は前日この記事を読んだので舞鶴遊水地に行ってみました。リンク先のpdfに書いてありますが遊水地内にタンチョウの営巣環境を作ったそうです。

こんな無人の小屋があり、中には下のような展示がしてありました。

 

残念ながらタンチョウは見かけませんでしたが白鳥さん達がいました。白鳥がたくさん来るようになったらまた訪れたいと思います。

FIGHTERS THE MOVIE

昨日はタイトルの映画を見に行って来ました。

映画のことは全然知らなくてFBFから聞いて調べてみたら上映終了まで1週間ぐらいしかなかったです。最終日に何とか行くことが出来ました。

ファイターズが北海道に移転して来て15年になりますが、これまでの軌跡を映像とインタビューで綴ったドキュメンタリーでした。

思い起こせば、ファイターズが北海道に移転すると決まって、これは応援しなくては!とシーズンオフだったのにすぐにファンクラブに入会したことや、球場でのSHINJOのパフォーマンスや2006年の日本シリーズで優勝を決めたゲームなど自分もずいぶん色んなゲームを観戦していたんだなぁと、何だか感慨深くウルッと来てしまいました。

東京時代はホームグラウンドも間借りしている状態、巨人優先でチームの人気も無く色々と不自由な思いもしたそうです。

そんな現状を打破するために思い切った転換を図ったわけですが、選手達は北海道移転のことは全く知らず、金子さんが新聞で知った(笑)と話していました。

そしてファン獲得のために球団も選手も様々な努力をしてきたこと。

開幕戦の時に入場してくるファンとハイタッチしようということになったが観戦者が少なくてがっくり来て試合に影響があるのではないかと不安になったこと、ダルビッシュのタバコ事件など今だから語れるエピソードや、ベンチ内やダッグアウトでの選手達の様子、苗穂にある独身寮の室内を初公開、などファン必見の映画でした。

SHINJOのインタビューが無かったのと上映期間が短くてちょっと残念でした。

ボールパークが成功出来るように地元民としても盛り上げて行きたいなと改めて思いました。

ところで新駅はまだ出来そうになく、取りあえず北広島駅の改修だけになりそうですね。JR北海道だもんなぁ…。

【3/3追記】

札幌シネマフロンティアでの上映期間延長になりました。3/7(木)までです。

ボールパークのシンポジウムへ

昨日は芸術文化ホールで開催された「ボールパークと共に描くまちづくり」というシンポジウムに行って来ました。

撮影、録音禁止だったので私の少ない記憶による記事になります。

これからどういうボールパークにしていくのか、球団のCSR活動などの報告、計画の進捗状況などの報告が行われました。

また、北広島市の都市計画に携わっている大学の教授から交通や街づくりに関する分析や報告の後パネルディスカッションが行われました。

球団の方によれば、ボールパークを北広島に作ることを決めた直後はファンからの否定的な意見が多かったそうなのですが、時間が経つに連れて変わってきているのだそうです。

そこで、集客の重要なポイントである交通の問題ですが、道路は北海道の認可が降りており、新駅については今週JR北海道と協議が始まるそうです。

新駅と言えば、大学の教授が興味深い分析報告をしていました。

札幌市内の各区の人口増減なんですけど、市内でも人口の増えている区と減っている区があり、区内の駅数と明確な正の相関関係があるのだそうです。中央区が増えていて、減っているのは清田区とか南区だそうです。札幌でも交通便の良い中心部に回帰しているってことなのかな?

それで教授の構想なんですけど、新駅周辺を高層住宅しか建てられない地域にしてマンションと駅を直結にしてはどうか?なんて話もありました。琴似駅周辺が、そのような街づくりをしているそうです。

それから北広島市については球団と共に野球以外のスポーツも含めたスポーツを核にしたまちづくりを目指して行くとのこと。なのでボールパークにもジョギングコースや既存のレクの森のクロスカントリースキーコースなどがさらに整備されることが期待出来るかもしれませんね。それと通年利用出来る温水プールが無いので、そんな施設も出来たら良いのになと思いました。

球団のCSR活動については、小学校の体育の授業に元選手の球団職員が派遣され、遊びを混じえた中で身体の使い方を指導している動画が紹介されました。その他にもあまり知らなかったけど、色々な活動が行われているようです。

市民特典としては、早速今年の開幕戦の入場料に市民優待割引の設定があるようなことを言っていました。(詳細は3月の広報に載るらしい)

良いことばかりではないだろうけど楽しみです。

 

今日は穏やかな晴天でしたね。マイコースも全面アスファルトが顔を出しました。

偵察がてら夏靴で1往復だけ歩きました。冬道よりキロ1分ぐらい速く歩けました。このまま明日まで雪が降らなければ火曜日は夏靴で練習出来そうです。

 

そして午後からはツキサップクラブのジンギスカンを食べるため電車で上野幌まで行ってそこからサイクリングロードを走って月見湯まで行きました。

気温が上がったので雪のある所はグシャグシャ、舗装の出てる所は冬靴で重く、8.7キロを走るのに70分以上かかり、とても疲れました~(^_^;)

その分、走った後の銭湯→ジンギスカンのコースは最高でした。ツキサップクラブも久しぶり。店長も古株のウェイトレスさんも変わらず健在で安心しました。

 

帰り道、南郷18丁目駅近くのサイクリングロード沿いに出来た森彦のお店に寄ってみました。

なかなか良いお店でした。YANCOさんはコーヒーの他に黒いソフトも注文してました。美味しかったそうですが、口の周りが黒くなるので1人で行った場合は注意ですね(笑)夏なら走ってアイスコーヒー飲むのも良さそうです。

それと前後しますが、ツキサップクラブから向ケ丘通りを歩いていたら気になる蕎麦屋とスープカレーの店があったので来週も天気が良かったら走って行ってみようと思ってます。