マスターズ陸上、今シーズンの日程

事務局より大会要項が届きました。

前にも書いたと思いますが、今年は全日本選手権には出ないです。

道外の選手権は、ぱっと見て日程が良さそうなのが11月の静岡なんだけど、競歩の参加者が少なかったような。でも静岡県にはまだ行ったことが無いので、ちょっと検討してみようかなと思います。あとは来年の元旦競歩ですね、行けるかどうかわからないけど安いホテル見つけて予約しました。

それ以外は例年同様です。ロードレースの方はまだ検討中ですが、おたる運河ロードレース、北広島30キロロードレース、くりやまマラソンには出場予定。

5月旭川記録会 1500m or 3000m

6月道央記録会 3000mW

7月小樽後志記録会 3000mW

8月北海道選手権 3000mW

10月全日本マスターズ競歩 10kmW

今年は北海道選手権が苫小牧です。改修されて全天候になり、偵察に行ったことはあるけれど、まだ利用したことが無いので楽しみです。

それからナンバーカード新しくしました。何歳だったか、はっきり覚えていないのですが、マスターズに登録したのが30代の後半で13年ぐらいは使ったのでボロボロになってしまいました。

古い方ですが「1」というのは都道府県番号で他府県の大会に出る時はこちらのナンバーカードが必要らしく去年神奈川選手権時にワッペン買って貼り付けました。だから捨てないで取っておきます。

今年はまた3000m18分台で歩けるように復活して秋には札幌陸協の記録会に出られるようになると良いなぁと思ってます。

 

その他、去年は審判の手続きが上手く出来なかったのですが、今年は陸連登録時に審判登録ありにしたので札幌陸協から連絡あるかな?来なかったらもういいやと思ってます。

それとは別に札幌支部の方から依頼があり5月5日豊平川マラソンのボランティアやることになりました。大会ボランティアは北海道マラソンの給水所以来、詳細もまだわからないのですが粗相の無いようにがんばります。出場予定の方、頑張って下さいね!

猫は肉食獣なのに…

いつも楽天でキャットフードを買っているからだと思うのですが、その店からではなく楽天からキャットフードのサンプルが送られて来ました。スーパーに普通に売っていると思われるブランドでした。

原材料を見たらこんな感じ。

一番最初に書いてあるのが穀類ということは、このキャットフードに一番多く含まれているのが穀類ということになりますね。コストカットのためでしょう。

猫って肉食獣なのに穀類を多く食べたら病気になるの理解出来ますね。

ウチで買っているキャットフードの原材料はこんな感じ。穀類不使用で原材料は肉類が多いです。

違ったメーカーのを2種類を交互に与えています。キャットフード代は月5千円以上かかりますが病気になったら、ちょっと診てもらっただけでも医療費がとてもかかるらしいのでリスクを減らせるのなら安いものです。

あと鶏がらスープを取った後の鶏ガラを骨ごとミンチにした物も時々作ります。ジップロックに入れて薄く延ばして冷凍し、割っておやつとして与えます。

2017-02-22-17-56-34

6月には9歳になりますが、今のところ病気知らずで肥満もなく下痢とかも一度もしたことがありません。ただ最近2回ほどオシッコをした後の様子が変な時があったので尿道にトラブルがあるのかも?この次に気づいたら病院で診てもらおうと思っています。

実家の猫は16歳まで生きたけど肛門嚢炎で度々通院していました。歯石も溜まって麻酔して取ってもらったこともありました。これから色々出て来るのかもしれませんが。

犬や猫は肉食なのに市販のキャットフードは穀類が入っているから、それが病気の元と、6年ぐらい前に釜池先生のブログで読んで以来そうしています。その前から、わりと良いエサを買っていたのですが、穀類はチェックポイントに入っていなかったですね。当時はまだ糖質制限知らなかったからですね。

猫や犬を買っている方は、ペットフードの原材料をチェックしてみて下さい。

私がいつも買っているところはここです。メール便だと送料無料、3千円以上だと宅配便でも送料無料です。

わんぱく 伊豆高原店

アカナ、ジウィピーク、オリジンをローテーションで買ってます。

この3連休は天気に恵まれましたね。

別記事にするほどではないと思ったけど、今回立ち寄った所です。

土曜日のランチ、帯広のかふぇ坩堝昨年の白糠ロードレース前日に続いて2回目です。

前回はYANCOさんが、なごみ膳で私はお腹が減っていないのでコーヒーだけでした。

今回は私もなごみ膳と思ったけど数量限定で時間が遅かったので売り切れでした。

ガッツリ系のチーズ入オムハヤシ。美味しかったです。オーナーと思われる女性の接客も良くて帯広に行ったら必ず寄りたいお店。

ランチの後は去年も行ったオベリベリ温泉水光園へ。

懐かしい時計

桜の開花予想クイズに挑戦してきました。見当つかないので地元民のichanさんに事前に予想してもらいました(笑)

露天風呂から見えるアオサギのコロニーは数カ所に白ぽいものが見えましたが、アオサギだったのかはわからず。ただ一羽飛んで来て木に止まったのは見ることが出来ました。カメラのズームで確認しようと思ったら、ついに壊れたらしく全くズームが効かなくなりました(T_T)

夜は写真ありませんが、帯広中心街にある鳥せいへ。札幌にもあるんですけど昨年フードバレーとかちマラソンの前日、藤丸の地下で鳥せいの若鶏の炭火焼きを買って食べたら美味しかったので。

庶民的な店だし、大会前日であまり飲まなかったので1人2千円少々で済みました。ちなみに私のお気に入り、新札幌のチキンペッカーは鳥せいの姉妹店です。

 

レース後の温泉はうらほろ留真温泉へ。

浦幌市街から18キロぐらい山奥に入った所にある秘湯。

25年ぐらい前にバイクで道東スーパー林道を走りに来た時に、前を通った記憶があります。浦幌から本別に抜ける道道から分かれて温泉まで5キロぐらいの区間は廃屋を2軒見かけたぐらいの山奥です。

しばらく休館していたようですが2011年に新築したので新しく気持ち良いです。こじんまりしてるので混むと脱衣所が狭くて快適ではなさそうですが、この場所ではおそらく、そういう日は少ないでしょう。大会帰りのランナーらしき方も見かけました。

露天風呂は小さいけど川のせせらぎが聞こえそうな良い感じでした。建物全体もウッディな感じで良かったです。来年もまたここに行きたいと思います。

最後に池田のワイン城で遅いランチ。

十勝産F1牛のステーキ、ビュッフェ付で2160円でした。高校生と思われるバイトの対応がイマイチでしたが、お値段的には満足でした。2時半過ぎでも結構お客さん入っていたので昼時なら混みそうです。窓際の席だと眺めが良いです。

実はワイン城に来たのは初めてでした。ワインまつりにも一度行ってみたいものですね~。

来年はどこに行こうかな♪

白糠ロードレース

行って来ました。

朝、帯広を出た時は晴れてはいたけど冷たい強風で、風との戦いかと思いましたが、白糠の方は風は弱く、この時期としては気温もやや高めで絶好のコンディションになりました。

スタート前に平岡のゲンさんに会ったので、自分の予想タイムから、途中から抜かれる可能性大というような話をしました。

自分の予想35分前後、出来れば35分を切りたいと思っていましたので10分先にスタートする10キロだと45分以内に走るランナーに抜かれるワケです。

山に向かう折返しコースなので行きは登りが多く帰りは下りが多いコース。アップで歩いた時、下りはなかなか良い感触で歩けました。

参加人数が少ないから、最後尾の方からスタート、すぐにichanさんに追いついて、ちょっとだけ一緒に歩きましたが、置いて行かれました。

1kmは6分30で、どうも周りがランナーのせいか、走りとも言えないような中途半端な歩きになっていたみたい。登りになったら7分16、7分32と落ちて、折返してからは6分56と上がりました。

ゴール目前で後ろから「追いついた!」の声が、あ~平岡のゲンさんに抜かれてしまった(笑)ちなみに写真の208番のランナーではありません。

ゴールして自分のタイムを見たら35分1秒!!ラスト1キロは6分45でした。僅かに35分切れず残念!

去年のフードバレーとかちマラソンより32秒速かったけど、あの時は強風と寒さの影響があったけどコースは平坦だから、少しはスピード上がったのかもと思いたいです。

この次は伊達ハーフの5キロに出ますが、こちらは走ります。走って膝が何ともなければ、やっとリハビリ卒業出来ます。その次のノーザンホースパークマラソン7キロも走るから、6月のマスターズまで競歩の機会は無さそう。

もう少しスピードが戻れば札幌陸協の記録会に復帰しようと思っていますがマスターズの3000mWで18分台前半というのが目安です。

そういえば新しく買ったスカイセンサー、5日前ぐらいから踵の上の方が靴の補強に当って痛くなってしまいました。最初は単なる靴ずれかと思ったのですが、歩き始め痛むけど、歩いているうちに痛くなくなり、翌日になったら歩き始め痛みが増しているという感じなので靴を変えたことにより炎症が起きたのかな~と(T_T)

以前も冬靴のスノーラハーで似たようなことが起きたんですがいつの間にか治ったんですよね。

せっかく買ったので治ってくれないと困るけど、痛みが消えるまでソーティで歩いて様子見ます。

今さらな本ですが

人気なんですね、この本。2015年に出版された本なのに札幌市の図書館に予約したら順番まわって来るまでに何ヶ月もかかって、更に私の後にも20人以上の予約が。

食事に関して自分は質の悪い加工食品は殆ど食べず良質な生鮮食品を選ぶようにしているから、これに結構近い生活してるかも。
違うのは朝飲むコーヒーにバターとMCTオイル入れる”完全無欠コーヒー”にすることと、食事の回数、糖質摂取の時間帯かな。朝練してる限り、終わった後は補給が必要だと思う。

この本に従うと朝は完全無欠コーヒーにしてメインの食事は夕食になり、30g以下の糖質を摂るという感じになるかな。自分に当てはめれば夕練にしてその後に少量の糖質を含め十分な食事を摂るというパターンか。

練習の後は十分な栄養補給と休養が必要だから、それはそれで良さそう。朝は時間も無いしたくさん食べたら仕事のパフォーマンス低下します。朝練出来ない時に夕練にするのも良いかもしれないと思った。(昔は朝低血糖状態で朝練なんて無理って状態で帰宅ランしてましたが)

ダイエットの観点から言えば運動は週1回程度で良く短時間高強度インターバル。運動のやり過ぎで栄養が消耗して回復しきれないパターンになってる人が多いそうです。これは周囲の人にも該当する人が多いでしょう。

自分もそうだと思うが、こればっかりはやめられないですね~。少しでも消耗から回復出来る努力が必要かな。

2年前の秋にハマっていたコーヒー、実はこの本の影響だったんですかね、FBFが紹介していたので取り入れてみたんだけど。

その後、あの半月板損傷で運動が出来なくなって体脂肪率が20%ぐらいに増えた頃だったと思うのですが、ぱったり欲しくなくなり、ブラックコーヒーになったんだけど、おそらくハマっていた頃は運動のエネルギー源が不足していたんでしょうね。

練習も本格化してきたので、最近朝にまたバターとココナッツバターで、このコーヒー作って飲んでます。いずれMCTオイル買って試してみようと思います。
それから鈴木先生が紹介しているthe obesity codeの影響もあって週2回練習休みの日は夜だけの1食にしてます。前日晩ごはんの後は翌日の晩まで固形物は食べない24時間ファスティング。

洋書が読めないので先生の紹介記事を待つしかない自分が悲しい。

温かい飲み物にバターを溶かして数回飲んでいるから、事前予想より楽に出来ました。2月中旬から今まで7回やってみたけど途中リタイアしたのは1回だけ。

女性ホルモンの影響か、体調によってケトンモードになりやすい時となりにくい時があるみたい。なりやすい時は全く苦もなく出来てしまいますが、なりにくいとちょっと忍耐が必要になってくる。

ダイエットのためにしているわけではないんです。理由は今までタンパク質不足になりやすいのでタンパク質の少食頻回を行ってきたのですが、それでもタンパク質不足はなかなか解消しないから、固形物が入って来ない時間を少し設けることで消化器官を休ませ栄養の消化吸収を良く出来るではないか?という目的です。

こんな記事もあります。タンパク質でも食べればインスリンが分泌されるのでそれを頻回繰り返すと記事内にあるような問題が起きると。だから私もケガで運動出来ない時に糖質を摂っていないのに太ったんだなぁと思いました(私の場合、体脂肪率が低かったから女性の生理現象として普通ことだったのかもしれませんが)

だから食べる時は今まで通りタンパク質の間食は続け、食べない時とのメリハリをつけてファスティングによってリセット出来るのではと。

それから多くの人に知って欲しいと思うのはこの記事です。

カロリーの低い食事をしていてエネルギー不足の状態を続ければ、身体がそれに適応してしまうし、続けられないので元の食事に戻しても身体は低カロリーに適応した状態のままなのでリバウンドしてしまうということですよね。

シリコンバレー式の本にも書いてあったと思いますが、カロリーなんて気にしないで良質な脂肪をしっかり摂ることが大事です。脳が満足出来ないと何か食べたくなるのは生命維持のための本能なのでそれを我慢するのは無理でしょう。

興味のある方は先生の最近の記事を読んでみて下さい(公開だから友達じゃなくても読めます)

 

明日は白糠ロードレース。5キロに競歩で出てみます。天気も良さそうだし35分ぐらいで歩けると良いなぁ。いつも通り帯広前泊で美味しいもの食べて来ます(^o^)

サヨナラ歩くスキーの集い

レクの森で北広島歩くスキー協会の今シーズン最後を締めくくる集いに参加しました。澄み切った青空で風も無く穏やかな絶好のコンディションでした。

コースも整備が行き届いていて板の滑りが良く気持ちの良い滑りを楽しめました。往復8kmではものたりなかったので2往復して、いい汗をかきました。

実はこのレクの森のコース、docさんに教えて貰って初めて滑りに来た時の印象はあまり良くありませんでした。滝野やおおたきのコースと比較してスケールも小さいしコースも狭くて、ガリガリの箇所があって滑りずらく感じたのでした。

それが何度か通っているうち、往復8kmの距離は程良くて、そこそこアップダウンがあって中々面白いコースだなと思うようになったのでした。

滑走後は昼食のカレーライスを食し、しばし歓談をして参加記念品を頂いて解散となりました。

参加できる機会は少ないですが、北広島歩くスキー協会のいろいろな活動にも協力していきたいと思っています。

iPhoneから送信

ヨーヨー・マと旅するシルクロード

http://yoyomasilkroad.com/

世界的チェロ奏者であるヨーヨー・マ氏が2000年に音の文化遺産を世界に発信するために立ち上げた「シルクロード・アンサンブル」

異文化がクロスするシルクロードにゆかりがあり、様々な歴史的、文化的、政治的背景を背負ったメンバー達とともにヨーヨー・マは自分自身のアイデンティティを確立していく。

 

ヨーヨー・マ氏については世界的に有名なチェロ奏者であるというぐらいしか知らなかったですが予告編を見て面白そうだったので行ってみました。

最初は色んな民族音楽をミックスして上手く行くわけがないと批判されたりするのですが、そのサウンドというのは躍動感あり、民族の悲しみみたいなものもあり、惹きつけられるものでした。民族楽器って良いですね。

やはり前に見たソング・オブ・ラホールに通じるものがありました。

奏者の中にはシリア人やイラン人がいて、自分の国で演奏が出来ないだけでなく愛する人と一緒にも暮らせない人もいたりします。

違った文化、音楽でも一つになれるのに、何で争いは絶えないのでしょう。

断片的に音楽とメンバーのインタビューが交互に出てくる場面が多いので、もう少し演奏を聴けるシーンがあったら良かったかな。

ということでライブ映像貼っておきます。尺八を演奏している人は外見は日本人ではないようですが梅崎康二郎さんという方でお父さんが日本人だそうです。