Category Archives: 食べ歩記

マイ・ジェネレーション

https://mygeneration-movie.jp/

昨日はこの映画を見に行って来ました。

60年代のイギリスのロックをサウンドトラックに、俳優のマイケル・ケインが現在の姿と60年代の姿と交互に出てきて60年代のロンドンを案内する映画です。

ローリング・ストーンズ、ビートルズ、ザ・フー、音楽だけでなくツィギー、ヴィダル・サスーン、メアリー・クヮントなどファッション、フォトグラファーなどのインタビューや当時の若者文化のアーカイブ映像がまとめられたドキュメンタリー。

当時のイギリスが保守的で、上流や中流など階層に分かれていたんですね。マイケル・ケインによれば自分の生まれ育った地域の訛りで、映画でアメリカ人が監督だったから将校の役になれたけどイギリス人の監督だったらなれなかったとか言っていたのにビックリだったなぁ。

そんな保守的な世の中に反発して自分たちのカルチャーを作っていった若者も今や70~80代ですが、彼らが与えた影響が現在にも及んでいるとか。ブリティッシュ・ロック好きな私には面白い映画でした。

 

映画の後は、近くにあるスープカレーのお店に行ってみました。何ヶ月か前にporocoかHoに載っていた所なんだけどディープな(笑)狸小路7丁目にあるSOUL STOREというお店です。

メニューがちょっと変わってるのがあって、粗挽きラムとよせ豆腐のカレー辛さ4で注文してみました。だいたい他の店でも辛口を注文するんだけど、ここは辛めで3番でちょうど良かったかな。4番だと追加料金かかるし。残念ながら生ビールは無いのですがエビスの瓶ビールが美味しかった。

ネパール系が食べたい時は未来カレーでスープカレーの時はここ、また行こうと思います。

 

この週末は土日とも除雪がしっかり入った状態で良い練習が出来ました。昨日はトリムコースへジョグ。この間ハチスポ講習で教えてもらった一定心拍で走るように、上りでは殆ど歩くようなスピードで走ったらトリムコース2周出来ました。2015年以来だから、ちょっと進歩したかなぁ。でも14キロ走るのに2時間かかったけどね。

 

今日は薄曇りでしたが堤防コースも除雪されていて最高の路面状態でした。

元旦競歩前に取り組んでいた、ゆっくり大きくを意識して1時間50分かけて12キロを歩きました。冬の間に少しでもベースを大きくしておきたいものです。

2019東京遠征5

東京遠征記もやっと最終回です。

中華街に近いJR石川町駅に移動し、地元ランナー、クジラさんの案内で気分は旅ラン10キロ横浜編(笑)

 

カトリック山手教会

普通の教会に入ったのは初めてかも。誰もいなくて自由に入れるのに驚きでした。どこかに監視カメラでも設置してあるのかもしれませんが良いんでしょうか?!

 

アップダウンの多い道をトレイルランナークジラさんに何とか付いて行って到着したのが根岸森林公園。

米軍住宅入口(フェンスの向こうはアメリカ)

 

この公園は戦前、競馬場だったそうで、戦後進駐軍に接収されたそうです。メインスタンドだった建物が残っていますが保存状態はあまり良くない印象でした。建物前に設計図などが展示されていました。

手書き設計図って絵心がポイントだと思います。この図面も近くで見ると芸術性を感じるんですよね。今ならCADだから誰が作図しても同じだけど、私も一応手書き時代からの人間なんで、懐かしかったです。絵心は無いけど今だって手で図面を描ける自信はありますが…。

 

これは公園近くにあるドルフィンというレストラン。ユーミンの曲に出てくる店らしいですが、せっかく連れて来てもらったのにユーミンの曲は殆ど知らないので??って感じでした(笑)

 

その次は山手公園へ。

ここはテニス発祥の地らしい。北海道で言えば手宮の上にある陸上競技場みたいに「えっ、こんな所にテニスコートがあるの?!」みたいな丘の上にあります。

ここで横浜のデザインマンホール蓋もGET!確か10年以上前にfrunの仲間と横浜を走った時に撮ったので見覚えはあったんですがハードディスククラッシュのためデータが消失してました。

 

これは元町公園にあるエリスマン邸。白い壁に緑のアクセントが良いですね。銀杏の葉がまだ残っているのと公園に咲いているバラは冬の花とクジラさんから聞いて道民としてはビックリでした。

 

次は港の見える丘公園。ベイブリッジと林立しているガントリークレーン。ここでデジカメが動作不良で使えなくなってしまいました(泣)

 

最後は山下公園。

山下公園向かいにある大正時代に出来た歴史あるホテル。一度は泊まってみたいものですね。

 

赤い靴はいてた女の子の像。だけど大人になって歌詞を思い出すと外国人に連れ去られ、誘拐みたいに聞こえてしまいますよね(笑)

 

氷川丸。博物館となっているらしいです。なぜか繋留ロープに等間隔にカモメが止まっている。

 

この後中華街を通ってスタート地点の石川町駅でゴール。11キロちょっと2時間近くかけてのランでした。

↓これが走ったコース。

ランは週1、それに普段平坦な所しか走ってないから横浜の坂道はハードでした(^_^;)

中華街は人出がすごく、銭湯に入ってから横浜駅に移動したけど、そちらも変わらず。本当に都会は大変だ~。上京するといつも感じますね。

ウロウロ探して待ちの無い店、キッチンカリオカという洋食店を見つけ、遅いランチが遠征旅行の〆となりました。高いなと思ったけど美味しかったです。後で調べると創業昭和8年、黒毛和牛と横濱農園野菜の老舗でした。

 

YANCOさんを家に残してお正月旅行満喫でした。今回も楽しかったな~。しかし散財した。休み明けから残業して稼がないと(苦笑)

1日お付き合いいただいたクジラさん、ありがとうございました。

おわり

2019東京遠征3

大会後の風呂ですが、元旦って朝風呂で午前中営業している銭湯はいくつかあるのですが通しで営業している銭湯は少ないです。でもホテルのバスタブはリラックス出来ない。

探してみたらありました!方角的には大井の方で遠くはないし乗換1回なので行ってみました。

でも駅から出たらどっちの方角に行ったら良いのか、ちょっと迷いました。ナビ無しでは行けなかったな。

東京でこんな細い路地が入り組んだ住宅地に初めて来ました。

ナビを頼りに10分ほどで目的地の宮城湯に到着。

温泉銭湯で料金は460円です。ビルの1階と3階が浴室で日に寄って男湯と女湯が入れ替わるみたい。3階には露天風呂があり、この日は女湯でした。空いていていゆっくり出来ました。

ところで関東の銭湯って下駄箱の鍵を受付でロッカーの鍵と交換するシステムの所が多いのかな?北海道じゃ普通の銭湯ではまず無いですよね。入場制限するほど混むことがあるからなのでしょうか…。

それに脱衣所も狭くてあずましくない(北海道弁で快適じゃないという意味)

ビルの複数階にある銭湯もお目にかかりませんね。土地が狭いからなのかな。やっぱり都会の人は大変だ~(笑)

 

帰りは遠回りになるけど車の通るような少し広い道から帰りました。

そうすると、下町に不釣り合いな洋館がありました。門には日本音楽高等学校とあります。その高校の建物の一部のようです。

後日調べたら1924年に建てられた歴史ある建物らしい。住んでいた方が池田菊苗という昆布のうまみがL-グルタミン酸ナトリウムであることを発見した、味の素の生みの親、東京帝国大学の教授の家だったそうなんです。へぇ~!こういうのが東京の面白い所ですね。

 

帰りは迷うことなく無事駅に到着。

晩ごはんどうしようか…と思ったけど酔っ払い寝過ごし、乗換間違いの危険が伴うので(笑)ホテル向かいのジョナサンという、北海道には無い、すかいらーく系のファミレスで1人打上げでした。

大門の方へ行けば開いている店もあるのでしょうが、芝公園周辺は飲食店は殆ど営業しておらず、ジョナサンぐらいでした。ホテルから大門へ向かう道も明かりが消えてる建物が多いので暗いし車は通っていても人通りが少ないから女1人で歩くのはちょっと怖かったです。

実は東京に着いた日もホテルのチェックイン時間を待ってここで昼ごはん食べたんですけど安くてお酒のメニューもファミレスにしては良かったんですよね。

プレミアムモルツは2杯めから安くなるので2杯飲んだ方がお得です(私は1杯しか飲みませんでしたが)この他にローストビーフ1.5倍盛りと赤ワインで2000円ちょっとでした。

翌日へつづく

OLD NEWS CHAR 2018 TOUR in Sapporo

昨日はZeppに2年ぶりCharのライブへ。

19時からだと思い込んでいたらYANCOさんに言われて確認したら18時半~だった。危ない危ない(^_^;)前回3時間コースで帰りが遅くなったから30分早めたとかないだろうか?

今回は前半1時間ぐらいアコギでのラテン系でした。最初サンタナの曲かなと思ったりして雰囲気が似てました。

それで思い出したけど実はCharの曲を聴くようになったのは函館のマラソン仲間と飲み会で音楽の話をしていて(その人もロック好き)サンタナが好きだったら、きっとCharも好きになると思うと言っていたんです。その時はそれで終わったんですけど数日後にラジオでこの曲良いな~っていうギターのインストゥルメンタルの曲が流れていたんです。それがCharだった、そんな出会いでした(笑)

Charが良く演る決まったフレーズの中に色々な曲のサビを入れて、どんどん会場を盛り上げていくのが楽しかったな~。澤田さんもウッドベースで、キーボードの人は(佐藤準さんではない)アコーディオンを演奏していました。

そして後半はいつものグルーブ感とパワフルなプレイ。新曲から昔の曲まで色々でした。「おじいちゃんを働かせるな!」と言いながらアンコール5曲ぐらいはプレイしてくれましたよ。また3時間近くでした。外見は年取ったなと思うけどギターは衰えを感じさせませんでした。

↓これが今回のツアーの野音での動画です。昨日のライブも後日ストリーミング配信されるようです。

 

ライブの後はZeppのすぐ近くのバジルバジルに行ってみたんだけど、この週末は忘年会など飲み会のピークだったので満席では入れませんでした。それで札幌駅アピアのエビスバーで、時間も遅かったから軽く飲んで食べて帰りました。

肉料理は「生ラム肉の陶板ヱビスビール蒸し」という料理で、ジンギスカンよりあっさりしていて食べやすかったです。家で適当に真似して作ってみたいな。

明日はエリック・クラプトン~12小節の人生~見に行って来ます♪

南幌にことぶきやという牡蠣料理がウリのお店があるんです。以前車で行ったことがあるんですが、YANCOさんが飲みたいという希望により雪も無いし走って行ってみました。

北広島は路面に雪が無かったのですが…

 

南幌は岩見沢の方角だからだんだん雪が降ってきました。ここはまだ夕張太より手前。

 

以前、何度か行ったお店が別なお店に。土日休みだから行ったことがありませんし、12月から来春まで冬季休業に入ったようです。

 

だんだん吹雪模様に。しかも途中で片側にしかない歩道にジャンボ土のうが積まれていて通れない区間が数百メートルあり危なかった。

 

ゴールは南幌ビューロー。13.5キロでした。

 

マンホールも発見。南幌町の花がつつじ。

 

南幌ビューローからことぶきやに行く途中にあるホテル。南幌にホテルがあるとは知らなかった。二合半という名前はどこから来てるのでしょうね?調べてみたけどわかりませんでしたが、元力士の方が経営しているホテルだそうです。

 

パッションってキャバレーみたいと思ったけど元パチンコ屋だったみたい。名前が昭和の雰囲気ですよね。

 

目的地のことぶきや。1階が水産物の売店で厚岸の牡蠣を直売しているようです。

 

ビールはクラッシック、牡蠣三昧スペシャル御膳1680円。内容は牡蠣ステーキ、牡蠣フライ、牡蠣酢など。牡蠣酢かザンタレかを選べるみたい。大きい牡蠣でこの内容なら安いと思いました。ただビールにお通しが付いてきて300円払ったのは何だかなぁって感じです。昼なんだし無くても良いのではないかな?

 

帰りのバスまで時間があったのでバスターミナルにもなっている南幌ビューローで時間つぶし。軽食コーナーがあり結構お客さん入ってました。南幌の特産品と言えばなんぽろジンギスカンですが写真に写っているジンギスカン丼セットが570円と安いです。

 

こんなイラストマップが置いてありました。こちらのホームページで見られますがなかなか良いですよ。南空知の町で既存の農道などを自転車コースとして紹介して看板の整備とかしてるみたいですね。知らなかった。

 

5階の展望台に上がってみました。おそらくこの辺で一番高い建物でしょうね。雪景色が広がっていましたが天気が良ければ眺め良いかも。羊蹄山とかも見えるみたいです。

南幌って自宅から近いけど長沼と違い、車で行くことが多いので、走って行ったら色々と発見があり面白かったです。

ハーフマラソン程度の距離を走れるようになって、またこういうランが出来るようになって嬉しいです。

今回はレース前後の天気が悪かったので、後泊したけど、景色を楽しむこともあまり出来ずに終わっちゃいました。

高速で十勝方面に行く時、十勝清水で下りる人、多いと思うんですけど、高速を出たら牛玉ステーキ丼の看板見かけませんか?2,3年前から気になっていたんですが逆方向の日勝峠にある店のだったので興味はあったけど食べたことは無かったんです。

今年になってsakagさんのブログに載っていた店が出口近くにあることを知って念願の(笑)牛玉ステーキ丼食べました。

お店は古母里というドライブインです。チェーン店とかではない地元のお店。

牛玉ステーキ丼って清水町のご当地グルメなんですね。ポイントは十勝若牛かな。肉が柔らかくて味噌で味付けしているそう。美味しかったです。ご飯は半分に減らしてもらったのでもっとボリュームあります。牛肉と炒り卵なのでかなりガッツリ系です。

晩ごはんは老舗のふじもり。地元のファミレスみたいな感じです。ホームページを見たら企業姿勢が気に入った。インディアンも経営している会社なのでカレーも食べられます。同じチームの人達も晩ごはん食べていてバッタリ。昼食のステーキ丼が影響して夜はあっさり系の松花堂弁当。

今回感じたのは、十勝地方、どの店も店員さんの接客が良かったことかな。

 

朝食に食べた十勝野フロマージュの白カビチーズ。共働学舎のプチ・プレジールが売っていなかったので高かったけど買いました。プチレジールと良く似ていて美味しかった。

いつも帯広駅西側のエスタにあるお気に入りのお店でチーズを買っていたんだけど、今年行ってみたら無くなっていました。3月白糠ロードレース前日に行った時はあったと思うんだけど(T_T)

他にも空いているスペースがあり、ちょっと寂れた感じがしました。JR特急の運行状況の影響なのでしょうか。

 

必ず行くオベリベリ温泉。紅葉がきれいです。

 

参加賞の入浴割引券で入れた銭湯。ここも温泉です。浴槽の中が滑りやすくて深いので、滑って危うく溺れるところでした(^_^;)

下駄箱の木札を持ち去る人なんているんですね(怒)再作成出来ない物だとは知りませんでした。

待合室にはなぜかこのような10円入れて動く木馬が1台置いてありました。懐かしかったです。番台の人に写真撮っても良いか聞いたら断られたのでネットから拝借。

(画像は町旅さんより

 

今回はマンホール蓋2つGET!名門通のマンホールはホテルにあった観光パンフレットを見て探しました。1箇所だけみたい。音更のは最近設置されたものでichanさんから情報をいただきました。

 

ホテルそばのセコマで買った旅のはじまりのビールホテルヌプカで飲めるビールですが地元コンビニでも売ってるんですね。650円もするんですが、ここじゃないと飲めないから買いました。醸造元は小樽ビールなんですけどね。

 

レース後の打上げは、ランチョ・エルパソ。後泊したからビール飲めました。でも前は2,3種類のビールから選べたのに、今は日替わりで1種類しか飲めなくなりました。この日はフランボワーズという十勝産木苺から作ったフルーツビールでした。美味しかったけど800円と高い(^_^;)なので2杯めはトカップ赤にしました。

今回のヒットはベーコンとマッシュルーム入りスパニッシュオムレツでした。スキレットに入っていてふわふわでしたよ。

ビールがちょっと残念だったので、来年も後泊出来たら久しぶりに晩成館に行こうと思います。

翌朝は雨の予報でしたが早朝は曇りだったのでホテルから片道1.5キロほどの緑ヶ丘公園へ散歩に行きました。帯広の街路樹ってこんなに紅葉がきれいだとは今まで気づかなかったです。きっと後泊したからだと思います。

ホテルをチェックアウトした後はホッチーノコーヒーへ。朝8時から営業してます。

私設エイドのお礼を言って、スタッフの方もランナーなのでレースや佐藤珈琲のエナジージェルの話などでちょっと盛り上がってお店を後にしました。

ガーデンスパ十勝川温泉。音更のカラーマンホールを撮りに行くために寄りました。スパは高くてとても入れません。平日朝で天気も悪いせいかお客さんは殆どいなかったみたい。

新得町にあるそばの館。YANCOさんが以前出張の時に寄って買ってきた、そばの実きな粉豆を買いました。これ美味しいですよ。店内にはそばソフトクリームなんてあったけど美味しいのかな?

今回はここまででした。

次に帯広に行くのは白糠ロードレースの時かな。

 

2018北上遠征3

大会翌朝、散歩に出ました。

すぐに北上川堤防に出ないで、ちょっと違う通りから珊瑚橋に出てみることにしました。

 

初めて北上に来た時に行ったおでん屋さん、今も健在。ここに入る時も勇気が要りました(笑)

その時食べたおでんの画像を見たら美味しそう…。また行きたいな。

 

諏訪神社、江戸時代からある歴史のある神社のようです。

 

東北本線の跨線橋、前方に見える高架は東北新幹線。この日は曇りだけど朝日が見えました。恐らくもう少し左手には早池峰山が見えるのでしょう。登山していた頃からいつか登ってみたい山でした。

 

以前、北上マラソンの第一関門だった所だと思います。初めて来た時、前日のマスターズマラソン、10キロとフルのエントリーを間違って、ここで自主リタイアした思い出があります。北上マラソンも今はコースが変わって珊瑚橋を渡った先の15キロが第一関門のようですね。

 

途中の工事事務所に貼ってあったポスター

胆沢ダムって私の会社で施工したダムで、北海道支店からも応援の人が行っていたし、建設中に震災があったので印象に残ってます。

 

それから北上川は水害が多いのか、治水に関する様々な物を見かけます。

珊瑚橋から上流方向、歩道が片側しかない。昭和8年に竣工したゲルバートラスという構造だそうです。

台風の後でやや水量が多い感じですね。大河と言っていい川だと思うので、氾濫危険水位まで来たらかなり怖いでしょうね。

川沿いに北上コロッケの幟が。この店は以前から見かけていたんですが幟が出ていたのは初めて見たかも?枕流亭という大正時代からの歴史のある店のようです。

お店のホームページのギャラリーにありますが対岸の展勝地の桜の時期には窓側の席だと桜を眺めながら食事が出来そうです。来年行けるかな?行ってみたい所が多すぎる(笑)

まだつづく