Category Archives: 食べ歩記

白糠遠征1

今年も前日帯広泊で行って来ました。

今回は今まで訪れたことのない鹿追町の神田日勝記念館に寄ってみることにしました。

と、その前に鹿追と言えば蕎麦ですよね。ネットで調べて十割で目的地のちょうど向かい側にある「そば処大雪」に行ってみました。

お母さんと息子さんで営んでいるらしきお店でお母さんが蕎麦を作っているようでした。

メニューはこんな感じ。

私は冷やし納豆そば、YANCOさんは天ざるを注文しました。

普通に美味しかったです。蕎麦って糖質量が多いですが十割なら白米より栄養豊富なんで、オススメしたい食材なんですが、ここも蕎麦以外のメニューが無かったです。そして麺類って食べるのが速くなっちゃうし、すぐにお腹が減るんですよね~。と、言いながら来てしまったのですが…(笑)

蕎麦を食べた後は向かいにある道の駅の直売所に行ってみました。

 

入り口には水槽がありチョウザメの稚魚が泳いでいました。道の駅のホームページによれば2014年からバイオガスプラントの余剰熱を利用してチョウザメの養殖をしているのだとか。

 

駅内はシーズンオフってことで空いていました。ここでは黒豆とクレソンをお買い上げ。

十勝地方と言えば豆の産地。ちょうど翌日ロードレースの日に帯広市のとかちプラザで豆まつりが開催されたそうですが時間が短くレース後では間に合わなさそうで残念でした。

道の駅内には町内の色々なお店を素敵な写真にしたポストカードがあり、自由に持ち帰られるようになっていました。

 

次に神田日勝記念美術館へ。

1993年に開館したそうですが、モダンでもっと新しい建物かと思いました。有名な絶筆となった書きかけの馬の絵をモチーフにしたサインがありますね。

32歳という若さで亡くなったので作品の展示は多くありませんが、年代によって作風が大きく変わったり、再び原点回帰したりしていたようです。腎盂炎で亡くなったそうで、館内放送のビデオからも当時の農家の厳しさを感じました。

520円で見られますしJAFやぶんぶんクラブに入っていれば団体割引460円になりますので興味のある方、近くに来た際にはぜひ立ち寄ってみて下さい。

その後はいつものコースでオベリベリ温泉へ入ってサギの写真を撮り、晩ごはんは地元ファミレスのふじもりでした。

サギはいつもと違う所から撮ったので大きく撮れました。

翌日につづく

運び屋

http://wwws.warnerbros.co.jp/hakobiyamovie/

昨日はクリント・イーストウッド監督主演の映画を見てきました。私はシネマ・タイムという番組でこの映画を知ったけど、NHKのニュースでクリント・イーストウッドのインタビューが放送されたみたいですね。そのこともあるのか映画館混んでました。

クリント・イーストウッド演じる主人公のアールはユリの栽培に没頭し家族を顧みなかったために、家族を失い孤独な生活をしているが、インターネットで販売する同業者の影響か、品評会で優勝するような技術を持っているのに商売に失敗して自宅を差し押さえられてしまう。

文無しになってオンボロトラックで向かった孫娘の婚約パーティで知り合った男から荷物を運ぶ仕事を依頼され、最初は麻薬と知らずに運んで多額の報酬を得るが…

笑えるシーンや考えさせられるシーン、それに90歳という設定の主人公が意外と機転を利かせる場面があったりして面白かったです。ネタバレになるから書かないけど最後の方はちょっとグッと来るかもしれません。

あと麻薬捜査官の捜査方法がそれこそダーティで、本当にこんなことするの?っと思いました(^_^;)

クリント・イーストウッドって俳優引退宣言していたんですね。知らなかった。御年88歳とか。実は映画は今まで見たことがありませんでした(硫黄島からの手紙は見たかったんですが見逃した)

 

今日は先週書いた通り3週連続上野幌から白石サイクリングロードを走りました。今日は1人でした。

昨日12キロ歩いた疲れが残っていたのか、あまり調子は良くなく、先週から比べたら雪がだいぶ消えたんですが、思ったほど速く走れませんでした。

画像は万生公園の桜並木です。桜が咲くのは1ヶ月半ぐらい先ですよね。

それとアサヒビール園の辺りが一部歩行困難なスケートリンク状態で怖かったです。

15キロ走って目的地のスープカレーポレポレへ。

東北通に面していて、以前から気になってる店だったんですよね。ホームページによれば1978年創業だそうなので、すごい老舗ですよね。

メニューにビールがあったので注文したらクラッシックの中瓶が出てきました。汗かいてたので旨かった~。

カレーは看板メニューというスリランカに温泉卵追加。元々このメニューには温泉卵が付いているのでダブルです。別皿に出て来るんです。あと、一番奥に見える白いのはココナッツミルクかな?

チキンは柔らかくてホロホロ、スープはサラサラであっさりしたタイプでした。こってり系が好きな人には物足りないかもしれませんが私は美味しかったです。

卵は長沼の卵ラン農場ムラタのを使っていて卵も売っているようです。

ちなみにご飯に添えてあるのはマンゴーのピクルスみたい。知らずに食べたけど何だかわからなかったです。

ビール飲んだせいか腹一杯でした。やっぱり先週の蕎麦より私はこちらの方が良いです。

帰り道、また森彦へ。今日は寄らない予定だったんですがコーヒー豆が切れたので買ってみることに。腹一杯なのについに黒いソフトを買ってしまった(笑)店内看板によるとチョコレートなんですね。コーヒー豆は浅煎りにしてみました。軽い感じで美味しかったです。

 

来週から日曜日予定が入っているのでしばらく、このコースは走れないけど4/7天気良かったらまた走りたいです。その時はきっとエルフィンロードを走って行けるでしょうね。

今週もサイクリングロードで

雪だった昨日とまた変わって、今日は-9度の冷え込みでしたが朝から晴天。

先週気になった蕎麦屋を目的にまた上野幌からサイクリングロードを走りました。

先週から比べたらだいぶ雪が溶けたのではないかと期待して夏靴で行ったんですが、予想に反して舗装路面が出てる所は少なかったです。

それと橋の下が凍ってテカテカの所が結構ありましたが、冬靴で走った先週から比べたら、とても調子が良くキロ45秒ぐらい速く走れました。それで東札幌の終点まで行くことが出来ました。

上野幌からここまでだいたい10キロぐらい。折り返してゴールは南郷13丁目で合計15キロ走れました。これで伊達ハーフは何とか走れそうな気がしました。

南郷の湯に入って目的地の手打ちそばきっ川へ。

向ケ丘通りに面しているわけではないのですが、通りから見える、ブロック造のおしゃれな目を引く一軒家です。

玄関で靴を脱いで上がります。

12時過ぎに入ったら既に殆どの席が埋まっていてカウンター席だけが空いていました。後で調べたら16席しか無いんですね。

ファイターズ関係者が来るらしく壁には稲葉さんや大谷選手、ダルビッシュ選手などの色紙や写真が飾ってありました。

北海道産の食材中心に使ってるようです。

ビールは瓶ビールで注文したらお通しが出てきました。カマボコに粕味噌漬けでした。

私は鴨汁板もり、YANCOさんは天ぷら板もりを注文しました。板そばなんですね。

札幌に住んでいた頃、近所でよく行っていた、板そばなみ喜から比べたら麺が細めでした。蕎麦は普段食べないから私には評価出来ませんがお通し・鴨汁を含め美味しいと思いました。

YANCOさんはとても気に入っていてまた行きたいと言っていましたが、やっぱり蕎麦はすぐにお腹が減るからどうかな~。なみ喜やかるいちみたいに鳥天だとか焼き鳥メニューにあれば良いんですけど。

お店を出たのは13時前後だったと思いますが、もう売切れの札が。席数と時間帯からすると1日何食出してるんでしょうね(・∀・)

帰り道、またJB森彦に行きました。今日はこの店限定の黒いラテにしました。ソフトクリームだけではなく、ラテも口の周りが黒くなるので店を出る時は要注意です(^_^;)

 

来週も天気が良かったら同じコースでスープカレーのお店に行こうと思っています。

 

冬に逆戻り

木曜日あたりからマイコースの舗装が顔を出しました。

やっと夏靴で練習出来る♪舗装と雪上じゃ歩くペースが4、50秒違うんですよね。金曜日は冬道だと4キロ36,7分かかるところを32分で歩き気分良く終了。

今日は10キロ以上は歩こうと思っていたらYANCOさんが雪結構降ってるというので窓の外を見たらガーンって感じでした。住宅地の終わりからは軽く吹雪じゃないですか(T_T)

真冬ならそれでも練習続けるところですが、もう気持ちが春モードになってるので1往復で退散しました。帰宅してテレビで時間予報見たらこの後晴れで全然雪が降る予報になってないのに~。タイミング悪っ!

簡単には春にはならないですね。でも来週は気温が高い日が多いようなので一気に春になるのではないかと期待しています。

 

帰宅してからユンニの湯に入って、昨年長沼に開店したカレーの三本木へ行ってみました。

入口は道路に面していなくて裏手の方にあります。

ここは以前、ぽこぺんという絵本のお店だったのですが、いつの間にか閉店し、その後に開店したようです。

靴を脱いで上がるようになっていて、1階に6人掛けの大きなテーブルがありました。2階にも席があるようでした。

メニューはこんな感じ

私はサバカレー、ラムカレーにほうれん草のサブジトッピング。

こんな感じで、最近良く聞くダムカレーの両側バージョンみたいなカレーが出てきました。

ライスは1/3にしてもらっても結構量が多かったので普通盛り200gだとどんな感じになるんでしょうか…(^_^;)

ラムは肉団子になってました。ラムカレーの方はココナッツミルクを使っているのと結構甘かったです。私はサバカレーのルーの方が好みでした。

若いご夫婦が2人で作っているお店で席数が少ないし混むと時間がかかりそうです。今日は天気が悪かったので混んで待つこともありませんでしたが雪の無い時期だとなかなか行くチャンスが無さそうな気がしました。

 

カレーを食べた後は前日この記事を読んだので舞鶴遊水地に行ってみました。リンク先のpdfに書いてありますが遊水地内にタンチョウの営巣環境を作ったそうです。

こんな無人の小屋があり、中には下のような展示がしてありました。

 

残念ながらタンチョウは見かけませんでしたが白鳥さん達がいました。白鳥がたくさん来るようになったらまた訪れたいと思います。

マイ・ジェネレーション

https://mygeneration-movie.jp/

昨日はこの映画を見に行って来ました。

60年代のイギリスのロックをサウンドトラックに、俳優のマイケル・ケインが現在の姿と60年代の姿と交互に出てきて60年代のロンドンを案内する映画です。

ローリング・ストーンズ、ビートルズ、ザ・フー、音楽だけでなくツィギー、ヴィダル・サスーン、メアリー・クヮントなどファッション、フォトグラファーなどのインタビューや当時の若者文化のアーカイブ映像がまとめられたドキュメンタリー。

当時のイギリスが保守的で、上流や中流など階層に分かれていたんですね。マイケル・ケインによれば自分の生まれ育った地域の訛りで、映画でアメリカ人が監督だったから将校の役になれたけどイギリス人の監督だったらなれなかったとか言っていたのにビックリだったなぁ。

そんな保守的な世の中に反発して自分たちのカルチャーを作っていった若者も今や70~80代ですが、彼らが与えた影響が現在にも及んでいるとか。ブリティッシュ・ロック好きな私には面白い映画でした。

 

映画の後は、近くにあるスープカレーのお店に行ってみました。何ヶ月か前にporocoかHoに載っていた所なんだけどディープな(笑)狸小路7丁目にあるSOUL STOREというお店です。

メニューがちょっと変わってるのがあって、粗挽きラムとよせ豆腐のカレー辛さ4で注文してみました。だいたい他の店でも辛口を注文するんだけど、ここは辛めで3番でちょうど良かったかな。4番だと追加料金かかるし。残念ながら生ビールは無いのですがエビスの瓶ビールが美味しかった。

ネパール系が食べたい時は未来カレーでスープカレーの時はここ、また行こうと思います。

 

この週末は土日とも除雪がしっかり入った状態で良い練習が出来ました。昨日はトリムコースへジョグ。この間ハチスポ講習で教えてもらった一定心拍で走るように、上りでは殆ど歩くようなスピードで走ったらトリムコース2周出来ました。2015年以来だから、ちょっと進歩したかなぁ。でも14キロ走るのに2時間かかったけどね。

 

今日は薄曇りでしたが堤防コースも除雪されていて最高の路面状態でした。

元旦競歩前に取り組んでいた、ゆっくり大きくを意識して1時間50分かけて12キロを歩きました。冬の間に少しでもベースを大きくしておきたいものです。

2019東京遠征5

東京遠征記もやっと最終回です。

中華街に近いJR石川町駅に移動し、地元ランナー、クジラさんの案内で気分は旅ラン10キロ横浜編(笑)

 

カトリック山手教会

普通の教会に入ったのは初めてかも。誰もいなくて自由に入れるのに驚きでした。どこかに監視カメラでも設置してあるのかもしれませんが良いんでしょうか?!

 

アップダウンの多い道をトレイルランナークジラさんに何とか付いて行って到着したのが根岸森林公園。

米軍住宅入口(フェンスの向こうはアメリカ)

 

この公園は戦前、競馬場だったそうで、戦後進駐軍に接収されたそうです。メインスタンドだった建物が残っていますが保存状態はあまり良くない印象でした。建物前に設計図などが展示されていました。

手書き設計図って絵心がポイントだと思います。この図面も近くで見ると芸術性を感じるんですよね。今ならCADだから誰が作図しても同じだけど、私も一応手書き時代からの人間なんで、懐かしかったです。絵心は無いけど今だって手で図面を描ける自信はありますが…。

 

これは公園近くにあるドルフィンというレストラン。ユーミンの曲に出てくる店らしいですが、せっかく連れて来てもらったのにユーミンの曲は殆ど知らないので??って感じでした(笑)

 

その次は山手公園へ。

ここはテニス発祥の地らしい。北海道で言えば手宮の上にある陸上競技場みたいに「えっ、こんな所にテニスコートがあるの?!」みたいな丘の上にあります。

ここで横浜のデザインマンホール蓋もGET!確か10年以上前にfrunの仲間と横浜を走った時に撮ったので見覚えはあったんですがハードディスククラッシュのためデータが消失してました。

 

これは元町公園にあるエリスマン邸。白い壁に緑のアクセントが良いですね。銀杏の葉がまだ残っているのと公園に咲いているバラは冬の花とクジラさんから聞いて道民としてはビックリでした。

 

次は港の見える丘公園。ベイブリッジと林立しているガントリークレーン。ここでデジカメが動作不良で使えなくなってしまいました(泣)

 

最後は山下公園。

山下公園向かいにある大正時代に出来た歴史あるホテル。一度は泊まってみたいものですね。

 

赤い靴はいてた女の子の像。だけど大人になって歌詞を思い出すと外国人に連れ去られ、誘拐みたいに聞こえてしまいますよね(笑)

 

氷川丸。博物館となっているらしいです。なぜか繋留ロープに等間隔にカモメが止まっている。

 

この後中華街を通ってスタート地点の石川町駅でゴール。11キロちょっと2時間近くかけてのランでした。

↓これが走ったコース。

ランは週1、それに普段平坦な所しか走ってないから横浜の坂道はハードでした(^_^;)

中華街は人出がすごく、銭湯に入ってから横浜駅に移動したけど、そちらも変わらず。本当に都会は大変だ~。上京するといつも感じますね。

ウロウロ探して待ちの無い店、キッチンカリオカという洋食店を見つけ、遅いランチが遠征旅行の〆となりました。高いなと思ったけど美味しかったです。後で調べると創業昭和8年、黒毛和牛と横濱農園野菜の老舗でした。

 

YANCOさんを家に残してお正月旅行満喫でした。今回も楽しかったな~。しかし散財した。休み明けから残業して稼がないと(苦笑)

1日お付き合いいただいたクジラさん、ありがとうございました。

おわり

2019東京遠征3

大会後の風呂ですが、元旦って朝風呂で午前中営業している銭湯はいくつかあるのですが通しで営業している銭湯は少ないです。でもホテルのバスタブはリラックス出来ない。

探してみたらありました!方角的には大井の方で遠くはないし乗換1回なので行ってみました。

でも駅から出たらどっちの方角に行ったら良いのか、ちょっと迷いました。ナビ無しでは行けなかったな。

東京でこんな細い路地が入り組んだ住宅地に初めて来ました。

ナビを頼りに10分ほどで目的地の宮城湯に到着。

温泉銭湯で料金は460円です。ビルの1階と3階が浴室で日に寄って男湯と女湯が入れ替わるみたい。3階には露天風呂があり、この日は女湯でした。空いていていゆっくり出来ました。

ところで関東の銭湯って下駄箱の鍵を受付でロッカーの鍵と交換するシステムの所が多いのかな?北海道じゃ普通の銭湯ではまず無いですよね。入場制限するほど混むことがあるからなのでしょうか…。

それに脱衣所も狭くてあずましくない(北海道弁で快適じゃないという意味)

ビルの複数階にある銭湯もお目にかかりませんね。土地が狭いからなのかな。やっぱり都会の人は大変だ~(笑)

 

帰りは遠回りになるけど車の通るような少し広い道から帰りました。

そうすると、下町に不釣り合いな洋館がありました。門には日本音楽高等学校とあります。その高校の建物の一部のようです。

後日調べたら1924年に建てられた歴史ある建物らしい。住んでいた方が池田菊苗という昆布のうまみがL-グルタミン酸ナトリウムであることを発見した、味の素の生みの親、東京帝国大学の教授の家だったそうなんです。へぇ~!こういうのが東京の面白い所ですね。

 

帰りは迷うことなく無事駅に到着。

晩ごはんどうしようか…と思ったけど酔っ払い寝過ごし、乗換間違いの危険が伴うので(笑)ホテル向かいのジョナサンという、北海道には無い、すかいらーく系のファミレスで1人打上げでした。

大門の方へ行けば開いている店もあるのでしょうが、芝公園周辺は飲食店は殆ど営業しておらず、ジョナサンぐらいでした。ホテルから大門へ向かう道も明かりが消えてる建物が多いので暗いし車は通っていても人通りが少ないから女1人で歩くのはちょっと怖かったです。

実は東京に着いた日もホテルのチェックイン時間を待ってここで昼ごはん食べたんですけど安くてお酒のメニューもファミレスにしては良かったんですよね。

プレミアムモルツは2杯めから安くなるので2杯飲んだ方がお得です(私は1杯しか飲みませんでしたが)この他にローストビーフ1.5倍盛りと赤ワインで2000円ちょっとでした。

翌日へつづく