Category Archives: 温泉・銭湯

2019東京遠征3

大会後の風呂ですが、元旦って朝風呂で午前中営業している銭湯はいくつかあるのですが通しで営業している銭湯は少ないです。でもホテルのバスタブはリラックス出来ない。

探してみたらありました!方角的には大井の方で遠くはないし乗換1回なので行ってみました。

でも駅から出たらどっちの方角に行ったら良いのか、ちょっと迷いました。ナビ無しでは行けなかったな。

東京でこんな細い路地が入り組んだ住宅地に初めて来ました。

ナビを頼りに10分ほどで目的地の宮城湯に到着。

温泉銭湯で料金は460円です。ビルの1階と3階が浴室で日に寄って男湯と女湯が入れ替わるみたい。3階には露天風呂があり、この日は女湯でした。空いていていゆっくり出来ました。

ところで関東の銭湯って下駄箱の鍵を受付でロッカーの鍵と交換するシステムの所が多いのかな?北海道じゃ普通の銭湯ではまず無いですよね。入場制限するほど混むことがあるからなのでしょうか…。

それに脱衣所も狭くてあずましくない(北海道弁で快適じゃないという意味)

ビルの複数階にある銭湯もお目にかかりませんね。土地が狭いからなのかな。やっぱり都会の人は大変だ~(笑)

 

帰りは遠回りになるけど車の通るような少し広い道から帰りました。

そうすると、下町に不釣り合いな洋館がありました。門には日本音楽高等学校とあります。その高校の建物の一部のようです。

後日調べたら1924年に建てられた歴史ある建物らしい。住んでいた方が池田菊苗という昆布のうまみがL-グルタミン酸ナトリウムであることを発見した、味の素の生みの親、東京帝国大学の教授の家だったそうなんです。へぇ~!こういうのが東京の面白い所ですね。

 

帰りは迷うことなく無事駅に到着。

晩ごはんどうしようか…と思ったけど酔っ払い寝過ごし、乗換間違いの危険が伴うので(笑)ホテル向かいのジョナサンという、北海道には無い、すかいらーく系のファミレスで1人打上げでした。

大門の方へ行けば開いている店もあるのでしょうが、芝公園周辺は飲食店は殆ど営業しておらず、ジョナサンぐらいでした。ホテルから大門へ向かう道も明かりが消えてる建物が多いので暗いし車は通っていても人通りが少ないから女1人で歩くのはちょっと怖かったです。

実は東京に着いた日もホテルのチェックイン時間を待ってここで昼ごはん食べたんですけど安くてお酒のメニューもファミレスにしては良かったんですよね。

プレミアムモルツは2杯めから安くなるので2杯飲んだ方がお得です(私は1杯しか飲みませんでしたが)この他にローストビーフ1.5倍盛りと赤ワインで2000円ちょっとでした。

翌日へつづく

今回はレース前後の天気が悪かったので、後泊したけど、景色を楽しむこともあまり出来ずに終わっちゃいました。

高速で十勝方面に行く時、十勝清水で下りる人、多いと思うんですけど、高速を出たら牛玉ステーキ丼の看板見かけませんか?2,3年前から気になっていたんですが逆方向の日勝峠にある店のだったので興味はあったけど食べたことは無かったんです。

今年になってsakagさんのブログに載っていた店が出口近くにあることを知って念願の(笑)牛玉ステーキ丼食べました。

お店は古母里というドライブインです。チェーン店とかではない地元のお店。

牛玉ステーキ丼って清水町のご当地グルメなんですね。ポイントは十勝若牛かな。肉が柔らかくて味噌で味付けしているそう。美味しかったです。ご飯は半分に減らしてもらったのでもっとボリュームあります。牛肉と炒り卵なのでかなりガッツリ系です。

晩ごはんは老舗のふじもり。地元のファミレスみたいな感じです。ホームページを見たら企業姿勢が気に入った。インディアンも経営している会社なのでカレーも食べられます。同じチームの人達も晩ごはん食べていてバッタリ。昼食のステーキ丼が影響して夜はあっさり系の松花堂弁当。

今回感じたのは、十勝地方、どの店も店員さんの接客が良かったことかな。

 

朝食に食べた十勝野フロマージュの白カビチーズ。共働学舎のプチ・プレジールが売っていなかったので高かったけど買いました。プチレジールと良く似ていて美味しかった。

いつも帯広駅西側のエスタにあるお気に入りのお店でチーズを買っていたんだけど、今年行ってみたら無くなっていました。3月白糠ロードレース前日に行った時はあったと思うんだけど(T_T)

他にも空いているスペースがあり、ちょっと寂れた感じがしました。JR特急の運行状況の影響なのでしょうか。

 

必ず行くオベリベリ温泉。紅葉がきれいです。

 

参加賞の入浴割引券で入れた銭湯。ここも温泉です。浴槽の中が滑りやすくて深いので、滑って危うく溺れるところでした(^_^;)

下駄箱の木札を持ち去る人なんているんですね(怒)再作成出来ない物だとは知りませんでした。

待合室にはなぜかこのような10円入れて動く木馬が1台置いてありました。懐かしかったです。番台の人に写真撮っても良いか聞いたら断られたのでネットから拝借。

(画像は町旅さんより

 

今回はマンホール蓋2つGET!名門通のマンホールはホテルにあった観光パンフレットを見て探しました。1箇所だけみたい。音更のは最近設置されたものでichanさんから情報をいただきました。

 

ホテルそばのセコマで買った旅のはじまりのビールホテルヌプカで飲めるビールですが地元コンビニでも売ってるんですね。650円もするんですが、ここじゃないと飲めないから買いました。醸造元は小樽ビールなんですけどね。

 

レース後の打上げは、ランチョ・エルパソ。後泊したからビール飲めました。でも前は2,3種類のビールから選べたのに、今は日替わりで1種類しか飲めなくなりました。この日はフランボワーズという十勝産木苺から作ったフルーツビールでした。美味しかったけど800円と高い(^_^;)なので2杯めはトカップ赤にしました。

今回のヒットはベーコンとマッシュルーム入りスパニッシュオムレツでした。スキレットに入っていてふわふわでしたよ。

ビールがちょっと残念だったので、来年も後泊出来たら久しぶりに晩成館に行こうと思います。

翌朝は雨の予報でしたが早朝は曇りだったのでホテルから片道1.5キロほどの緑ヶ丘公園へ散歩に行きました。帯広の街路樹ってこんなに紅葉がきれいだとは今まで気づかなかったです。きっと後泊したからだと思います。

ホテルをチェックアウトした後はホッチーノコーヒーへ。朝8時から営業してます。

私設エイドのお礼を言って、スタッフの方もランナーなのでレースや佐藤珈琲のエナジージェルの話などでちょっと盛り上がってお店を後にしました。

ガーデンスパ十勝川温泉。音更のカラーマンホールを撮りに行くために寄りました。スパは高くてとても入れません。平日朝で天気も悪いせいかお客さんは殆どいなかったみたい。

新得町にあるそばの館。YANCOさんが以前出張の時に寄って買ってきた、そばの実きな粉豆を買いました。これ美味しいですよ。店内にはそばソフトクリームなんてあったけど美味しいのかな?

今回はここまででした。

次に帯広に行くのは白糠ロードレースの時かな。

 

2018北上遠征4

朝の散歩の後は朝食後、花巻温泉へ向かいました。

乗った列車はIGRいわて銀河鉄道の車両。JR東北線ってJRだけじゃないんですね。知らなかった。

 

二駅で花巻駅です。駅前から花巻温泉行きの路線バスがあります。

 

20分ぐらいで温泉に付きます。

左手先には台温泉と書かれたゲートがあり、かなりひなびた温泉みたい。自分が乗った路線バスがそこまで行くので次の機会には行ってみたいですね。

東北自然歩道ってあるんですね。温泉に泊まっていれば行ってみたいです。

 

温泉前の神社では平日なのに子供神輿が出発するところでした。

 

花巻温泉には3つの温泉ホテルがあって、通路で繋がってます。一番入り口に近いホテルに行ったら10時から浴場の清掃で隣のホテル花巻(入浴料800円)のお風呂に入りました。こちらも12時から清掃が入るのと平日ということもあり貸切り状態でゆっくり出来ました。

 

温泉内では岩谷堂箪笥の入札販売をしていました。百貨店の家具売場に勤めていた頃、扱っていたので懐かしいです。だから名前は知っていたけど岩手県が生産地とは知りませんでした(^_^;)

温泉から出て、向かいにあるバラ園に行ってみました。自宅から近い岩見沢のバラ園と比べたら規模は小さいく入場料500円かかりますが色々な種類のバラが咲いていて良い香りがしていました。

バラ園を散策しているうちに帰りのバスの時間が近づいたのでバス待合所へ。

そうしたら風呂に入っている間に町内を練り歩いていたらしい子供神輿が戻ってきていました。写真撮ったらピースしてる子がいますね(^^)

 

バスの待合所。窓口の痕跡がありました。以前はバスに乗る人がもっと多かった名残なんでしょう。こんな看板が。このマーク懐かしいです。

 

花巻空港駅にあった観光案内図

温泉たくさんありますね。路線バスで行けるなら毎年違う所に行ってみたいです。当初はレース後に仙台在住の古いマラソン仲間が紹介していた、この地図にある大沢温泉に行くつもりでしたが20キロのスタート時間が遅くなったり翌日、昼の飛行機だと余裕が無いなどでいけませんでした。来年は夕方の飛行機にしようと思いました。

これで今回の遠征記は終わりです。

何度も同じ地を訪れても行きたい所はまだまだたくさんあります。多分マラソン大会だとあちこちで色々な大会があるから遠征で何度も同じ土地を訪れるということは少ないかもしれません。競歩はここしかないから、そうなってるわけですが、そのうちに地元に対する愛着みたいなものも出来てきますね。

いつまでも岩手で全日本競歩が続いて欲しいものです。

2018北上遠征3

大会翌朝、散歩に出ました。

すぐに北上川堤防に出ないで、ちょっと違う通りから珊瑚橋に出てみることにしました。

 

初めて北上に来た時に行ったおでん屋さん、今も健在。ここに入る時も勇気が要りました(笑)

その時食べたおでんの画像を見たら美味しそう…。また行きたいな。

 

諏訪神社、江戸時代からある歴史のある神社のようです。

 

東北本線の跨線橋、前方に見える高架は東北新幹線。この日は曇りだけど朝日が見えました。恐らくもう少し左手には早池峰山が見えるのでしょう。登山していた頃からいつか登ってみたい山でした。

 

以前、北上マラソンの第一関門だった所だと思います。初めて来た時、前日のマスターズマラソン、10キロとフルのエントリーを間違って、ここで自主リタイアした思い出があります。北上マラソンも今はコースが変わって珊瑚橋を渡った先の15キロが第一関門のようですね。

 

途中の工事事務所に貼ってあったポスター

胆沢ダムって私の会社で施工したダムで、北海道支店からも応援の人が行っていたし、建設中に震災があったので印象に残ってます。

 

それから北上川は水害が多いのか、治水に関する様々な物を見かけます。

珊瑚橋から上流方向、歩道が片側しかない。昭和8年に竣工したゲルバートラスという構造だそうです。

台風の後でやや水量が多い感じですね。大河と言っていい川だと思うので、氾濫危険水位まで来たらかなり怖いでしょうね。

川沿いに北上コロッケの幟が。この店は以前から見かけていたんですが幟が出ていたのは初めて見たかも?枕流亭という大正時代からの歴史のある店のようです。

お店のホームページのギャラリーにありますが対岸の展勝地の桜の時期には窓側の席だと桜を眺めながら食事が出来そうです。来年行けるかな?行ってみたい所が多すぎる(笑)

まだつづく

遠征のお楽しみ編。

大会後の打上げ、今年は盛岡へ繰り出してみました。

北上から盛岡って自分のイメージより遠くて在来線で50分ぐらい、運賃も往復券で1680円でした。

盛岡にはぴょんぴょん舎という焼肉と冷麺の有名店があります。目的地はそこ。

実は2011年、東北新幹線と今は無きはまなすに乗り継いで帰った時に盛岡で乗換たことがありました。その時は駅内のキリンシティで打上げしました。

その頃からぴょんぴょん舎のことは知っていて行ってみたいなと思っていました。ちょうど震災復興の応援で盛岡に行った上司が地元の人に連れて行ってもらったと評判を聞いていてたんですよね。

18時過ぎだったので暗くなっていて駅の写真を撮ったりやマンホール蓋を探すのを忘れてしまいました。レース後の疲労があったからなのでしょうね。食べ物の写真しかありません。

お店は広く2階席に通されました。円形卓を囲むような二人用の席があり、そこへ通されました。1人でも入りやすいお店です。

岩手の地ビール、ベアレンビール、苦味のあるビールでした。記事を書くのに調べてみたら盛岡駅ビルに直営店があるみたい。また盛岡に行きたくなったな~(笑)

冷麺と焼肉のセットに牛レバーと短角牛追加しました。冷麺は数種類の中から選べます。サラダみたいに見えるけど野菜の下に麺があります。スープは牛骨から取っているそうで辛口にしたけど美味しくて全部飲み干しました(゚∀゚)

牛レバーは臭みが無くて美味しかった。右端の短角牛は1人前2千円します。びっくりするほど散財してしまった(^_^;)

 

駅の近くには銭湯もあるのですが、遅くなるので入れず残念でした。

盛岡駅ではサヴァ缶売ってました。自分の地元スーパーでも売っているんですけどね。ちょっと高級なんですが時々買います。右のサバ缶は見たことが無かったです。買って帰れば良かったかな。

 

北上に戻ったらホテル近くの居酒屋が営業していました。去年からちょっと気になるお店なんですが、祝日営業していると思わなかった。海彦・山彦って名前もイイね。1人で入るにはちょっと勇気の要る店構えなんですが来年はここへ行ってみようかなと思います。

つづく

 

釧路湿原マラソン1

9年ぶりに釧路湿原マラソンに参加してきました。

前日新千歳からプロペラ機で釧路空港へ

以前、別海町パイロットマラソンに参加した時、中標津空港往復しましたので今回2回目。初めてプロペラ機に乗ったYANCOさんは狭い機内にびっくりしてました。

45分のフライトなので、ちょっと機内誌でも読んでれば着陸態勢へ。着地の衝撃がかなり大きくて焦ったな~。でも楽で良いですよ~。

空港からは連絡バス45分ほどで釧路駅前へ到着。

ホテルにチェックインしてから、すぐ近くの和商市場へ晩ごはんを食べに。

実は過去3回ぐらいは湿原マラソンに出ているのですが、なぜか和商市場に行ったことは一度もなかったりします。

事前に市場のホームページで勝手丼の注文方法について調べておいたのですが、いざ行ってみるとよくわからず、市場内の食堂で海鮮丼となってしまいました(笑)

カニ汁付きで1900円。美味しかった~。

この店で勝手丼用のご飯も売っていて、+50円で酢飯に変更も出来る、お店の割り箸の袋を持って来ればカニ汁が180円→150円になる、生ビールも注文できるとわかり、レース後に勝手丼に再挑戦することにしました。

夕食の後に駅裏の方の銭湯へ。

駅前から駅裏へ行く連絡地下道にサンサンロードって名前が付いていてアート作品が展示されているんですね。9年前に来た時はこんなのあったかな?って感じで全然覚えていませんでした。

何も無ければ薄暗い地下道も、こんなアートがあれば気分的に違いますよね。

駅裏から近い銭湯、栄湯へ。ここも以前入ったことがあるはずなんだけど、どんな所だか全く覚えておらず(^_^;)

個人経営の銭湯としては、かなり良い所でした。露天風呂やサウナ、水風呂、備長炭湯などがあり、番台の女性も感じ良かったです。地元民に人気の銭湯のようでした。YANCOさんにも気に入ってもらえました。

つづく

 

北海道マスターズ記録会1

今日は旭川で開催の記録会に行って来ました。

YANCOさんが土日仕事の予定が入ってしまったので、金曜日仕事の後にJRレール&ホテルパックで。特急で旭川に行ったのはいつ以来か覚えてないぐらい前です。

ホテルから600mぐらいの所に銭湯があるので時間が遅かったから行くかどうするか迷ったんですがホテルのバスルームが古くて狭いので、多少遅くなっても銭湯に行くことにしました。

一条通を歩いていくと旭川も新しい建物と古い建物が混在していて面白かったです。いつも車で通るから気づかないことが多かった。

明治屋とありますが明治座と見間違えて元映画館かと思いました。

開店時間なら面白そうな市場。昭和の雰囲気ですよね。

近藤染工場のショーウィンドウ

そして目的地の金栄湯。

今から20年ぐらい前だと思うのですが私が当時の旭川マラソンで初マラソンを走る前日にここに入りに来ました。昔ながらの男湯と女湯の間に番台がある銭湯です。おばあちゃんが座ってます。浴槽2つとサウナと水風呂がある小さなお風呂。

全然覚えていないのだけどネットで調べたらお湯が熱いとのこと。確かに言われてみればそうですが、私熱い湯が好きなので問題ありませんでした。

風呂上がりには懐かしのこのドライヤーで髪を乾かして帰りました(ドライヤー椅子というそうです)

北海道公衆浴場業生活衛生同業組合より)

組合のHPによれば営業時間は22時までとなっていましたが、私が最後のお客で、9時過ぎに暖簾下げてました(^_^;)

つづく