Category Archives: 心と身体

今日は人間ドックでした

チラージンを処方されている関係で4ヶ月に1度は病院で血液検査を受けてるので本当は人間ドックには行きたくないのですが、サラリーマンの宿命、年に1度の人間ドックに行って来ました。

本当は健康診断とバリウム検査でも済ませられるんですが、バリウム飲みたくないし、あまり意味の無い検査なので仕方ないんですよね。

でもって2年前まではJRタワーの検診専門クリニックに行っていたのですが、3ヶ月前に予約しても胃カメラの予約が一杯で変更できない(1日何人検査やってるんだか?)で昨年から新札幌の某総合病院に変えたんですよね。

以前のクリニックと違って血液検査は当日わかるんですけど、低蛋白と低ALPで、まあいつのもパターンですわ。

3ヶ月ぐらい前からAST、ALTは良い感じになってるんですが、分子栄養学的にはAST、ALT、γ-GTP、BUNが20前後で同じぐらいになるのが理想らしい。タンパク不足だからγ-GTPが低いんですよね。AST、ALTについてはもしかしたら何かが原因で上がってマスクされてる可能性もありかな。

それとヘモグロビンも13切ってる。

今、ラクトフェリンが入っているので鉄はこのサプリメント飲んでるのだけど、これにしてからヘモグロビン13を切ることが多くなったような気がするので以前飲んでいたものに戻してみようかな。

ALPに関しては亜鉛だけでなくマグネシウムも重要だとこの間病院に行った時にドクターにも言われていました。先日紹介した奥平先生の本にはマグネシウムの補給ににがりをすすめていたので、使ってみようかなと思ってます。

また先日図書館でこの本を借りて読みました。

糖質制限+オーソモレキュラーを取り入れているドクター(私と同い年)が書いている本なんですが、このドクター自身も低ALPで亜鉛のサプリメントを飲んでもなかなかALPが上がらなかったけど量を100mgぐらいに増量してマグネシウムも補給したらALPが上がったと書いてあった記憶。ただ亜鉛を増やすと銅欠乏の貧血に注意しないとならないのですよね…。

胃カメラは昨年同様、胃の入口付近に少し炎症があるけど特に問題なしでした。

 

胃カメラ検査を受ける時だけ、一般病棟へ行かなければならないのですが、こういう総合病院って、重い病気の人もいるし、健康な人が行くと何だか重苦しい「気」を感じますね。

病院の職員の方は毎日、この気に晒されているんだから本人にとっては日常の光景でしょうけど知らず知らずのうちに色々なストレスになっているんじゃないかな?そんな中で明るく振る舞っている職員の方達には本当に頭が下がります。

この間の記事に書いた栄養カウンセラーの方も転職前は国立病院の心臓外科に勤めていた方なので、FBで「重い気が…」などと書いていた記憶があります。それを読んだ私は「気」なんてあるかいな?と思ったけども、今は違いますね。

昨年は入院患者なんでしょう土色の顔で点滴しながら診察室に入っていったアラフォーと思われる女性を見て、私より若いのにきっと重い病気なんだ可愛そうに…と思った記憶があります。

それから待合室は高齢者で一杯ですが、普段マスターズ陸上で元気ハツラツな高齢者しか見ていないから、こういう所に行くと表情や身のこなしにギャップをすごく感じます。

医療が分子栄養学を取り入れた栄養指導に変われば、薬の処方が減ってハツラツとした高齢者が増えると思うんですが…。

 

検査が終わったら食券がもらえるので病院の食堂でランチ。ここでも周囲を観察すると、うどん、蕎麦、あんかけ焼きそばなんかを食べている人が大半。タンパク質が無い。外見、表情から色々と感じてしまうことがありますね。

だいたい病院の食堂の選択肢が麺類などの糖質単品が多いんですよね。私は少ない選択肢から生姜焼き定食を選びました。

食べてみたら、生姜焼きの味付けがめっちゃ濃い(^_^;)。ご飯のおかずだからなぁ。メニューにカロリーは書いてあるんだけど、塩分は?病院の食堂でこれはないんでないの(苦笑)

うつぬけ食事術

奥平先生の新刊を買いました。

もうこの手の本は買わないつもりでしたが、【血液栄養解析を活用!】というサブタイトルが気になりました。

まず、本のタイトルからだと、「うつ?自分には関係ない」と思われてしまいがちなのが残念です。

しかし、その内容はうつ病じゃなくても、万人がストレスの多い現代社会で快適に生きていくために役に立つことが書いてます。

本では本当のうつ病ではなく質的な栄養失調による不調を「栄養型うつ」と定義しています。

この本は6つの章に分かれています。

PART1はマンガによる症例が載っているんですが、患者が保健師で、親子とも糖質過剰のタンパク質不足で貧血なんです。

私のかかりつけ病院で栄養カウンセラーやってる看護師の方から聞いたことがありますが、ストレスのせいか前の勤務先では同僚でも食事内容がひどい人は多かったとのこと。医療関係者でもこんな現状なんですよね。

他にBタンパク欠乏うつ、亜鉛欠乏うつ、ビタミンD欠乏うつの症例が載ってます。

こういう栄養が欠乏した状態の人は文字だけの本が読めなくなるので、その点も考慮して前作同様マンガにしていると思います。だから読みやすい。

PART2は栄養型うつの解説なんだけど、これも図解が多くて見やすく工夫されています。

PART3は自分がどのタイプかチェックリスト付きで不足栄養素別の解説

PART4は腸内環境の改善方法。結局良いものを食べても腸内環境が悪いと消化吸収が上手く出来なかったり腸内細菌による栄養の合成が滞ることになりますよね。だから栄養型うつの人は腸内環境も悪いことが多いのです。

PART5は食事方法、食べるべきもの、食べないもの、調理方法、レシピなど(漢方薬にも少し触れてます)

PART6は血液検査の栄養学的読み方。脱水や炎症がある人の場合も解説されているのが大きなポイントです(私はこれのために買った)ランナーみたいに日常的に運動しているとまず脱水と炎症は持っていない人の方が珍しいと思います。これがあると検査の読み方が難しいので、とても参考になりました。

人間ドック検査項目には無いものもありますが、普通の人って医者に結果を言われたことをただ何となく聞いてメタボに関するものだと値が高いだとか言われて終わりだと思うんですが、この本を読んで検査値の意味と一般的な医学とは違う別な見方を出来るようになると全然違ってくると思います。

最近、気になるのは単身赴任1年経過のランナー上司の言動です。疲れやすかったり走る意欲が低下しているように取れる言動が多い。「単身赴任で飲み会の頻度が増えたり食事が乱れてませんか?モチベーションは栄養状態とリンクしますよ」と言っているのですが、あまり信じてくれません。

この上司の奥さんというのがヨガのインストラクターなので恐らく健康意識は高い人だと思います。だから家にいる時はきっとちゃんとしたものを作って食べていたのではないかと勝手に想像しているのです。こんな程度のことなら食事の改善ですぐ良くなりそうですけどね。残念ですが他人が言っても本人が自覚しないとダメなんですよね。

健康診断ではどこも悪くないのに、疲れやすいとか気分が晴れない、やる気が出ない、眠りが浅い、こんな不調を抱えている方は、ぜひこの本を読んで欲しいと思います。

とこんな記事を書きながら、私もずっと仕事が忙しい状態が続いていて、そんなに長時間残業するわけではないのですが、定時に帰る日は週1日ぐらいだし、仕事にどっぷり集中してしまうのと複数の案件を抱えているせいか、2週間ぐらい前から時々頭痛を感じるんですよね…。目から来てるのか、更年期もあるのかもしれない。今週は人間ドックだし何か病気だったらどうしようとちょっと不安(^_^;)

 

先週末は風邪で月曜しか練習出来ませんでしたが、この週末は昨日は12キロ歩き、今日はトリムコース2周14キロジョグでした。今日は1周目で大問題に見舞われ、トイレに駆け込むのに余計なエネルギーを使ってしまったか、2周目後半は低血糖にはならなかったものの脱水とエネルギーが切れた状態を我慢して走る状況になってしまいました。

昨日の疲労で寝坊していつもより家を出た時間が遅く、いつも練習前はアミノ酸ドリンクを飲んだだけの空腹状態で出てるので、距離が延びてくればお金と何か補給食を持って出ないとなりませんね(^_^;)

風邪予防にはコレ

風邪流行ってるみたいですよね。まだ職場ではインフルエンザ発症した人はいないみたいなんですけど電車通勤だし気をつけないと…。

というわけで今まで何度かブログで風邪にはビタミンCとオリーブ葉エキスで早く治るって書いたと思うんですけどオリーブ葉エキスってiherbで買わないと国内で売ってる物は高くて一般にはオススメ出来ないな~と思ってました。

昨年7月に国産のオリーブ葉粉末の情報を↓のブログで知って買ってみたんですよね。

情報源: 風邪予防にオリーブの葉をオススメします〜抗菌ポリフェノール・オレウロペイン〜 | Never give up〜糖質オフからケトン食まで〜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小豆島産 オリーブの葉粉末 30g【ひなた食品】
価格:3500円(税込、送料無料) (2019/1/11時点)

楽天で購入

 

 

抹茶みたいに飲み物に混ぜて飲んだり出来るみたいなんですけど、常飲すると腸内細菌叢のバランスが崩れる可能性があるらしいので歯磨きに使う方法が紹介されています。私はそれ以外に風邪予防にうがいに使ってます。

3500円するけど付属のスプーンに1/3ぐらい1回に使ってるので結構持ちます。

私のいうことを聞かないで使っていなかったYANCOさんが風邪引いた時に、これでうがいしたら喉のイガイガに効果を感じたとのことです。

風邪引きたくないって人は試してみる価値はあると思いますよ。普段はうがいと歯磨きに使って風邪引いた時だけ飲めば良いと思います。

そういえば同僚女子にはビタミンCだけオススメしておいたんだけど、この間、夜にゾクゾクして風邪引いたのかもと思ってビタミンC多く飲んで寝たら翌朝治ってたって言ってました。ビタミンCのサプリメントは安いので普段から飲んでおくと良いですよ。

 

昨日今日とこちらは素晴らしい天気に恵まれました。昨日は堤防往復10キロ歩きました。遠くに真っ白な夕張岳と芦別岳が見えました。

 

今朝は-15度の冷え込みだったのでダイヤモンドダストが見られました。動画は撮ったけど写真は撮っても写らないだろうなと思って撮りませんでした。

千歳川右岸の堤防に除雪が入っていたので行ってみました。国道から2キロぐらいは行けそうですが遠くに重機が見えたので途中で引き返しました。日曜以外は行けませんね。

川沿いの樹木も樹氷で白くなっていました。

12.8キロを1時間50分近くかけて走りました。寒い所で長時間走ったせいか、とても疲れて帰宅してからしばらく眠かったです(^_^;)

原因は腹筋だった

3週間ぐらい前から腰痛が出やすいのが気になっていました。深く屈んだ後に立ち上がる時に痛みがあるのです。昔からなりやすい腰痛なんですが最近は出てなかったんですよね。

練習量は確かに増えていて今月はウォークだけで月間100キロに届きそうだし(これでも今の私には多い方なんです)仕事も忙しく集中し過ぎて座りっぱなし。冬になって午前午後1回ずつ日課にしていた道庁ウォーキングも出来なくなったのが影響してるのかなと思ってました。

29日に治療院へ予約入れておいたので、それまでにぎっくり腰とかにならなきゃ良いけど…とちょっと不安を抱えていました。

ハチスポの講習会で教えてもらってからUGOKLさんのメソッドをいくつかやってたんですが、この動画を見つけてやってみたら腰痛が出にくくなりました。

 

治療院で腰痛のことを伝えると、両サイドの腹筋が硬くなってるのが原因、今までここが硬くなって腰痛になったことは無かったと思うので競歩じゃなくて仕事の影響では?という見立てでした。

長時間座っていると腹筋が縮んだ状態で固まるから伸ばす時に腰に負担がかかって腰痛が出るのだそうです。

なるほど、それでこのエクササイズだと横の腹筋が伸ばされるから効果が感じられたわけですね。

お腹なんて他人に触られるだけでもイヤな所なのに、それに重ねてメチャ痛くて忍耐が必要でしたが、ぎっくり腰になったりするよりはマシですからね。

お陰様で不安無く元旦競歩に出られそうです。

今回は大会以外にも楽しみが色々ありますが、まずは失格しないで完歩し、美味しいお酒が飲めたら良いな。

それでは行って来ます。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

ボデイワーク&改善教室

この週末、土曜日は以前リハビリに通っていた時、お世話になった理学療法士さんが病院をやめてこんなスタジオを開業したので行ってみました。

最近どこへ行っても言われるのは背中、特に胸椎が動くようになることですかね。背中が硬いと膝や腰に負担がかかって怪我の原因になるとか。身体は柔らかい方ですが仕事柄1日椅子に座っているせいか胸椎は動かせないんですよね。

ピラティスのこういうエクササイズがありますけど、この動画のモデルさんもそうですがあまり胸椎が動いていないですよね。本当は胸椎が動くと腰じゃなくて胸椎も曲がり、パタンと転がらず、起き上がる時も反動つけなくても良いのだそう(実際手本を見せてくれました)

その人に合ったヨガの動作で自分の状態に気づき修正していくような感じです。1時間があっという間でした。教えてもらったことは、あまり覚えられませんでした(後で撮影した動画送ってくれるって言ってたけど)

来月からヨガのグループレッスンも始めるみたいなんだけど、今のところ平日の昼間だけなので毎週通うことは出来ない。でも無期限のチケット制なので月1回ぐらいなら半休取って行っても良いかなと思ってます。もし今通っている所の夜のレッスン無くなるようなら、こちらに通おうかな?

 

そして今日はハチスポの改善教室3回目。

今回は腕振りについてでした。こちらも肩甲骨を動かしたり上半身と下半身の連動なのでした。

ランニングは競歩ほど腕振りに関してシビアに言われないけど、その動作を分解して解説されると、競歩と殆ど同じだなって思いました。自分は割と出来てる方みたいですが、苦手な部分もあったりして、今日も有意義な講習でした。来月はサブトレーニングの講習会があるみたいなので都合が合えばまた参加しようと思います。

UGOKLのメソッドも教えてくれて、肩甲骨の硬いYANCOさんがやってみたら肩の痛みが改善して可動域が少し広がったみたい。教えてもらったこと全部が出来るわけではないけど今までの講習で習慣化出来たこともあるので更に追加出来たら良いなと思います。

そして夜はクラブの忘年会でした。厚別競技場が冬季間使えなくなってから練習会には参加していないし、日曜の練習会も参加していないので知らない方もいましたが、自己紹介を兼ねた来年の豊富などを一人一人話して、4時間近く店にいたかな(゚∀゚)楽しい時間でした。

 

今週はライブ2つ、仕事も忙しくて帰りが遅くなる日が多いので風邪ひかないように気をつけなくては(^_^;)

何とかしたい、この差

以前リハビリを担当していただいていた理学療法士Sさんがシェアしていたので10月に、きたえーるで開催されたハタヨガのイベントに参加したんです。

タイトルの快適な日常生活の為のヨガってなんか魅力的に聞こえませんか?Sさんが師匠と仰ぐマスター・スダカーによると先進国のヨガは単なるエクササイズになってしまっている、ヨガとは本来そういう物ではないという考えに惹かれ…

なんかジムでのヨガに物足りなさを感じていたこともあり、その時に紹介された会社の近くにあるヨガスタジオに先月から通い始めたんですよね。それがかなりハードで、自分にとって弱い所がよくわかる感じです。

先日あるポーズを取った所、その左右差がひどく、先生が画像撮ってくれたんですよね。恐らくこれが競歩で左腰が落ちてがベントニーになりやすい原因かなと思いました。

右はいい状態なんですが一番左すごく左に傾いてますよね。真ん中が言われて直したものです。椅子に座りっぱなしの仕事を長年しているので姿勢が崩れたのかもしれませんね。30代前半で坐骨神経痛が悪化した時に脚を組んで座るクセは直したんですが。

仕事に集中してしまえば意識も出来ないし、難しいかもですね…。

 

ところで、そのヨガスタジオ、夜のレッスンは金曜日だけなんですが、私以外に通う人がいなくて来年からその時間やめるみたいなんですよね。料金システムが2ヶ月で4回のチケット制で自分にはぴったりなので続けたいと思ってますがせっかく良い所見つけたのにガッカリです。先生は考えてみるとは言っていましたが確かに私一人じゃ、申し訳ないものね。

最初に書いたSさんも理学療法士をやめて今、こんなヨガスタジオを自分で運営しているので来週はそこに相談に行ってみる予定です。でも自分には毎週通うとか出来る料金ではないので、なにか改善のヒントをもらって自分で習慣化するしかないかもです。

 

昨日今日とこの冬一番の冷込みでした。恵庭島松の最低気温、昨日は-15.2度、今日は-18.6度、いずれも午前7時台の観測です(^_^;)

しかし寒さに負けず練習しましたよ。昨日は10キロ競歩の予定だったけど除雪が入っていなかったので普通のウォーキングで3キロ。今日は競歩は諦めてYANCOさんとトリムコースで11キロ走りました。新しいサロモンの靴でまだ10キロ以上は走っていなかったのでちょうど良い足慣らしになりました。

トレイルバター&佐藤珈琲のエナジージェル

20キロなら途中の補給は必要ないけど、50キロに挑戦するなら補給のことも考えなくてはならないなと、来年の話なのに気が早いけど秀岳荘白石店に行ったついでこれを買ってみました。

札幌にある佐藤珈琲という所のコーヒーを使ったエナジージェル。マルトデキストリン使ってるから恐らく甘ったるい物ではないと思うし、キャップが付いていてチビチビ飲めるのが良いと思います。

佐藤珈琲のホームページを見ると恐らく経営者がトレイルランナーなのではないでしょうか?南18条店の2階がトレランショップになるって書いてました。今度行ってみようかな?確か北海道ロードレースの時に出店していたコーヒー店だと思います。

今年に入ってFBのトライアスロンを科学する会というグループに入ったのですが、脂肪代謝を妨げないエネルギー補給方法について参考になる記事がありスタート前に糖質を摂る必要は無く途中の補給は1時間に20g以下の糖分ならば脂肪の燃焼を妨げないとか。来年練習時に試してみようと思います。

今年はもう使う機会は無いのでYANCOさんがロング走する時に味見だけして使ってもらおうと思います。

もう1つはトレイルバター。こちらは低糖質でエネルギー補給が出来ます。以前から知っていたのですが売ってる所を知らなかった。原材料はこんな感じで脂質中心の補給。人工甘味料や添加物が入っておらず自分の基準にはピッタリ。こちらはフードバレーとかちマラソンの時に使ってみようと思います。

輸入元のホームページを見るとわかりますが大きいパックは税込1296円ですが760kcalでロングのトレランする人には補給の携行量を少なく出来るのではないかと思いました。秀岳荘にはダークチョコレート&コーヒーがありましたが、フレーバーも自分好み。50キロ競歩の補給には良いかも。

 

昨日は2週間後のハーフマラソンに備えて16キロ走りました。震災後、厚別競技場が使えない期間があったことも影響して火曜クラブの練習会の代わりに10キロ程度のジョグはしていましたが8月に14キロ走ったのが最長で距離への不安がありました。

昨日参加した予想外にハードなヨガのイベントで起床時、疲労と筋肉痛をずっしり感じましたが10キロ過ぎから脚が重かったけどバテることはなく完走出来ました。これでハーフマラソンはJOG程度のペースなら最後まで歩かず走れる自信がつきました。

こちらは土~日曜午前中まで良い天気でした。渡り鳥の鳴き声も聞こえ2日とも気持ち良い練習が出来ました。いつの間にか秋が深まってきましたね。