関節や腱を強くするには

2週続けて記録会で高い負荷がかかったせいか、膝の調子が少し悪くなりました。私の場合、故障で長期間走れなくなる前からあった症状なのですが、膝を逆反りするようにすると膝関節の前外側に強い張りのような痛みが出るのです。嫌な感じの痛みではないし、普通に歩いたり走ったりする分には何とも無いのですが競歩の練習には支障があるし、早目に治療院に行かないと1回の治療では良くならないこともあるのです。治療院ではお皿がロックするとか浮くとか言われてます。

こうならないようにするにはどうしたら良いだろう?と聞いてみたら、まだ関節が弱いからだと思う。関節を強くするにはスピード練習をした方が良いと言われました。ゆっくり走っていても関節や腱は強くならないのだそうです。

言われたメニューはまず最初だからトラックなら200m+200mか距離がわからない場所なら2分+1分でインターバル10本をやってみるようにと。強度は200mを全力疾走した時の8割ぐらい。

注意点はスピードに適したシューズを履くこと。(ゆっくり走る時の靴ではダメだそうです)

それと平坦な所で走ること。坂道を走る時はゆるい下り坂ならOKだそうです。

日曜日江別のトラックへ行く予定なので早速実践してみます。

毎週水曜日のポイント練習はこれに決まりだね。

0

関節や腱を強くするには” に対して2件のコメントがあります。

  1. gen より:

    色んな意味でレベルアップするには、それなりの負荷が必要なんですね。
    密かにいやってみよう(笑)

    1. NAOJI より:

      ゆっくり走るのは毛細血管に働きかけるそうなんですけどね。

      そういえばk先生も似たようなこと言っていた記憶が。

      やっぱり練習にメリハリが必要ってことなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ちょうどいいのだ

次の記事

競歩の練習