最近読んだ小説

小説を読むことは殆ど無いですが、最近読んだ小説2つが面白かったので簡単に感想など書き留めておきます。

上司の企業買収案に反対意見を言ったために左遷され、低迷している企業ラグビーチームのGMに就任した主人公がラグビーの素晴らしさを知り、チームだけでなく競技団体の体質までも変えて行く。

陸王と似たパターンのストーリーで同様に、展開が早いのかテンポ良く読めてしまう。実際にはこんな短期間で簡単にコトは進まないよなぁと思うけど、小説としてはどんどん読めるから良いのではと思った。

実はこの小説全然知らなくてドラマも見てないんですよね。ワールドカップ開催中に知って図書館に予約入れたけど順番回って来るのに2ヶ月以上かかりました。知ってたらドラマ見たのにな。

 

天才高校生作家として華々しくデビューした榛名忍がスランプに陥った。大学の夏休み期間中にたまたまテレビ中継を見たリオ五輪の競歩がきっかけとなり、編集者との打ち合わせで話しのはずみで「次は競歩の小説を書く」と言ってしまう。

それで同じ大学の競歩選手(八千代)とかかわるようになる。箱根出場を目指していた八千代だが挫折して競歩に転向、部内でたった1人の競歩選手のため、自分の歩きを見失っている。何の共通点も無い二人が忍の長期間に渡る取材の中で仲間となっていく。その先に見えたゴールは…。

競歩の小林快選手に協力してもらったそうで、実際の大会を取材して書いたと思われます。

高畠、全日本20キロ、輪島など大会のシーンは競歩をやっている人が読むとかなりリアリティを感じると思います。主人公が初めて生観戦したのが元旦競歩。20キロのスタートシーンがあるんだけど、「趣味で出場しているのだろうか初老の男性もいる」とあって、このモデルになってる方、私のFBFなんですよね。(20キロに初老の男性は他に出ていない)

そんなこともあり面白く読みました。最後の方の輪島のシーンはかなり感情移入してしまいました。

競歩をやっている人ならきっと面白く読めると思います。

あと出版の戦略みたいな話も出て来るんだけど、この小説もそうだし、先に書いたノーサイドゲームなんて、まさにW杯前の出版でそうなんだろうな~と思いました。

 


昨日は気温が上がって雪が溶けたので今朝は夏靴で練習出来ました。

でも雪が少なくて-4度、風があったので、ものすごく寒かったです。2キロSTの後、舗装の出てる区間150mぐらいで4本ダッシュでした。

終わった後は休む間もなく琴似のヨガスタジオへ。一昨日のもみ返しとTRXで筋肉痛になった上に、ヨガもややハードで終わった後は眠かった~ 😆

昼前に終わったので琴似神社隣のぱおでスープカレー食べて帰りました。冬季限定のネギ豚カレーにゆで卵トッピング。美味しかった 😀

ここってスパイスも売っているんですよね。たまたまローリエを切らしてたので買いました。この量で100円は安いのでは?それと私はまだトッピングしたことが無いけど、自分の好みのスパイスを無料で追加することが出来るみたいです。店内に追加出来るスパイスと効能が書いてある紙が貼ってます。次回は試してみようかな。

残念ながら普段通ってる夜のクラスがお店の定休日の水曜と重なってしまったので、なかなか行けないのが残念 😯

0

最近読んだ小説” に対して2件のコメントがあります。

  1. より:

    琴似のパオ!前の事務所の近くで
    たまに行ってました。好きですが
    午後から、匂いが取れず、打ち合わせがある時とか
    考えて言ってました
    池井戸さんの小説、弟が好きで何冊か借りて読みました
    陸王も良かったのですが、ちょっと出来過ぎで
    ドラマを見る気になれない天の邪鬼です

    29日のお昼頃、私も琴似のパオのあたりで
    郵便局、パン屋2軒、スーパーに行くのに
    歩き回っていました〜〜 ビックリ‼️
    会えたら良かったのになぁ

    1. NAOJI より:

      そうでしたか。1日違いでしたね。
      ぱおは女性ばかりで切り盛りしているせいかカレーも家庭的に思います。
      お店がもうちょっと広かったら良いんだけど、昨日も12時過ぎたら満席になってました。

      池井戸さんの小説、たしかに仰るとおりですよね。そう思うけど私みたいに普段小説読まない人でも読めるのが良いと思います。インド映画のパターンに似てる気もします(笑)

      今年も業務多忙の中、あちこと楽しめたようですね。来年もお互い元気で楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

2020東京遠征1