北広島の久蔵庵

東京遠征の後、特にネタがなく。

でも週1回はなるべく記事を書くようにしているので、今日は地元に新しく出来た蕎麦屋さんが良かったので紹介してみます。

場所は北広島の外れ、旧島松駅逓の向かいです。

店名はここ島松沢に入植して寒冷地での稲作を成功させた中山久蔵から取ったのでしょう。

石造りの蔵の二階を後から増築したような建物でした。手作りの看板が良い感じ。店前の看板には「売切れ」と書いてますが帰りに撮ったからです。

11時50分頃に行ったら、10台以上止まれる駐車場が1台しか開いておらずラッキーでした。

店内に入ると満席だったけど、ちょうど会計中のお客さんがいて、すぐに席に着けました。これもラッキー 😉

満席だったため店内の写真は撮りませんでしたが開店祝いの花が飾ってあるので、オープンしたばかりのようです。

店主と奥さん2人で営業しているからでしょう、ランチメニューは1種類だけでお時間がかかりますとのこと。写真の撮影時刻から30分以上待ったみたい。

ランチプレート1300円です。

普通の蕎麦と粗びき蕎麦の2種もり、つゆも冷たいつゆと肉団子と鶏肉が入ったせいろと同時にいただくことが出来ます。

また、奥さんの手作りと思われる卵焼きと煮物類も美味しかったです。

私には蕎麦の量が多過ぎるので、蕎麦1種類だと良いなと思いました。

ですが普通の人なら満足度が高いと思われ、これで1300円なら人気なのも頷けます。

店主は長く地元の蕎麦打ち道場?で活動して来た方らしく、知り合いと思われる方の来店が多かったようでした。

YANCOさんはいたくお気に召したようです。

お店入口の写真にあるようにお店を出た12時45分頃には売切れとなっていました。

ここは開店時間の11時に行った方が良さそうです。場所もそうですが、地元でなければ気合い入れて行かないとならないかもですね 😆

ホームページは無いみたいなのでお店のチラシ貼っておきます(グーグルマップのウェブサイトをクリックしたら店主のFB個人アカウントだった)


この週末は-13度ぐらいの冷え込みでしたが風が無くて穏やかな天気でした。

冬期間の競歩の練習は堤防の道往復で単調、第6波で神経質になってる人が増えてると思うからフェイスカバーしなければならない。

そんなこともあり平日は4キロでやめてしまっています 😥

なので競歩ほどには路面を選ばず人のいない所に行けるランで久しぶりに長沼の方へ12キロ近く走りました。

 

千歳川にはカモらしき水鳥の群れがいたんだけど写真撮ろうとしたら飛んで行ってしまいました。

なぜかと思ったらトビが飛んで来たからだったのかも。

 

274の歩道は北広島ほどしっかりは除雪されていなかったけど走れました。人間の足跡なし 😆

 

274から農道へ進路を変えたら、急に空気が変わって底冷えがする寒さに感じました。この道で非常に珍しく 😆 ウォーキングの人に遭った。

 

朝日

 

そして不気味な雲。江別岩見沢方面は雪が降っているのかな?入道雲みたい。

引っ越して来た頃、2回、天候が急変して猛吹雪になり遭難しそうになったので怖いのです。

 

帰りは札夕線を通って帰ろうと思った。

しかし先日の大雪後に除雪は入ったみたいだけど、その後は入ってないようで走りにくかったので元来た道を引き返しました。

帰宅したら時計のバッテリーが切れていた。

スマホのアプリは2.4キロで止まっててTATTAのイベントに参加しているのでガッカリ。

千歳橋で写真撮った時にオートポーズから復帰しなかったみたい。

距離を調べたら11.8キロ走ってた。こんなに走ったのは昨年の3月以来でした。

やっぱり景色を見ながら走るのは楽しい ❗ 天候が安定していれば長沼まで走ってのお楽しみもやりたいし

膝の調子悪くならなければ、冬の間はランを週3回にしてみようかな ❓

ちなみに今月は大雪の影響があり月間80キロ台でした💦

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

CHASING TRANE