Category Archives: ランニング

三連休はのんびり

風邪予防には…の記事を書いたばっかりなのに金曜日の夕方から風邪発症してしまいました。でもいつもの風邪対策サプリのおかげで喉の痛みだけで快方へ向かい月曜の今日から練習再開出来ました。

しかし毎年楽しみにしていた、おおたき国際スキーマラソンの応援とジョグには早く治すために行くのを取りやめたのが非常に残念でした(T_T)

で、久々に家でのんびり出来るので本を読んだり録画しておいた番組を見てゴロゴロしてました。

そのうちの1つはこれ

世界トップクラスの指導者が、短期集中で日本の子どもたちに特別指導。今回は、不動の人気を誇る陸上・長距離。アフリカを陸上王国に育てた「マラソン界の魔術師」が登場!

情報源: 奇跡のレッスン「走れ!苦しみの向こうへ 陸上 長距離 レナート・カノーバ」 – NHK

イタリア人の著名なマラソンコーチが八王子市にある中学校の陸上部へ1ヶ月前にトレーンングメニューを渡して実施してもらい現地で1週間指導を行い、最終日に東京都の中学駅伝に出場するという内容なんです。

練習内容や競技に対する考え方など、一般市民ランナーでも参考になることが色々ありました。

自分が特に印象に残ったのは「レースを試験と思うな、喜びを表現する場なんだ」みたいなことを言っていたことと、「陸上競技の良い所は自分との戦いで10分で1位になるより、それより順位は悪くても良いタイムで走れた方が価値がある」的なことですかね。

それと駅伝終了後、ブレーキになってしまい泣いている選手に声をかけるシーンはちょっとウルッと来ましたよ。

2月13日(水)9時~再放送されるので見逃した方はぜひ!

 

お次は映画で「大統領の陰謀

昨年春に見に行ったペンタゴン・ペーパーズのラストシーンがウォーターゲート事件を想像させるものでしたので、この映画を見たいなと思っていたところNHK-BSで放送されたんですよね。

2時間20分ぐらいある長い映画なのでなかなか見る時間が無くてやっと見ることが出来ました。

ちょっとよくわからない部分もあったんだけど、面白かったです。

でも、映画の筋よりダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォードのイケメンぶりにビックリでした。

卒業のダスティン・ホフマンよりずっとカッコ良いし、ロバート・レッドフォードの映画はあまり見た記憶が無いんだけど、調べてみたら、メリル・ストリープと共演した「愛と悲しみの果て」20代前半に劇場で見てるんだけど全然覚えてなかった~(^_^;)

3月15日~シネマフロンティアでリバイバル上映されるはずです。

 

それから読んだ本で、分子栄養学に興味のある方には、とてもオススメの本があります。これについては、また後日に。

今シーズンの予定

年明けから春のロードレースの申込が続々始まってますよね~。

私の今シーズンのスケジュールは50キロ競歩を目指すので、今までと違って、ランもジョグ程度で良いからハーフマラソン程度の距離を走ってみようと思ってます。

2015年秋に半月板損傷してから長い距離を走っていなかったせいかエンジンの排気量がすっかり小さくなってしまったと思うのでその対策にもなることを期待します。

3月17日 白糠ロードレース 10キロ(歩く予定)

4月14日 伊達ハーフマラソン ハーフ

5月12日 こいのぼりマラソン 5キロ

ここまでエントリー済み

 

6月 おたる運河ロードレース 5キロ

7月 釧路湿原マラソン 30キロ(歩く予定)

9月 未定

10月 全日本マスターズ競歩 50or20キロ、北海道ロードレース 10キロ、フードバレーとかちマラソン ハーフ

  • 伊達ハーフ、すごく久しぶりにハーフを走ります。
  • 4月春のさわやかマラソン(ハーフ)、9月稚内マラソン(フル)競歩の練習として検討中です。
  • 50キロ競歩の練習が順調ならば来年3月頃の大会、観光遠征でフルマラソンにエントリーしようかなと思ってます。
  • 湿原マラソン30キロはウォークの部じゃなくてランナーと一緒に歩きます。制限時間からするとゴール出来ない可能性が高いけどウォークの部で歩道歩きたくないからチャレンジしてみます。

トラックの方はマスターズの日程はもうわかっていますが、札幌陸協の日程はまだわからないので取りあえずロードレースだけです。

怪我なくシーズンを過ごしたいですが、これが一番難しい(^_^;)

 

怪我対策と言えば、今日はUGOKLのイベントに参加してきました。

https://www.facebook.com/events/2097061347025900/

最近、会社の近くにUGOKL NAPという支店が出来て、私の所属クラブの方がインストラクターで講習会があり、ランナー向けにUGOKLメソッドをレクチャーしていただきました。以前ハチスポの講習で教えてもらったものですが、正しく出来ているのか確認したかったので参加しました。

やっぱり行って良かった。継続していることで動きが出来てるようですが、少人数ということもあり知らなかったポイントを教えてもらえました。

汗かくことを想定していなくて着替え持って来ていなかったのですが結構汗かきました。

元旦競歩の記録が良かったのはこのメソッドを継続していて、スタート前のアップにやったことも関係あるのかもしれません。心拍数上がるのと動的なストレッチ効果ですね。

自分も無駄な力を使ってずいぶん長く歩いたり走ったりして来たものです。未だ抜けてはいませんが怪我したくないので、頑張って継続します。

今シーズンはマラソン大会などでスタート前にUGOKLメソッドやってるランナーを見かけることが増えるかも?

UGOKL NAPでは頭や目の疲れを電気治療で取ることもやっているのですが、終わった後にこれを体験させてもらえました。

自分は仕事していてあまり目の疲れは感じないのですがCIM業務をするようになってから視力の低下を感じていました。

こめかみの方の左側にこってる部分があり、それが顎関節症やふくらはぎの硬さに影響があるのだとか。ふくらはぎの疲労は感じてないけど顎関節症なので、へぇ~っと思いました。10分程度でも効果を感じられ気のせいか視界が開けたような感じがしました。

仕事柄、目や頭が疲労しやすいので残業が続いた時とかに来ても良さそうだなと思いました。

追記

昨日の講習の様子です。右下の画像が私。

 

マイ・ジェネレーション

https://mygeneration-movie.jp/

昨日はこの映画を見に行って来ました。

60年代のイギリスのロックをサウンドトラックに、俳優のマイケル・ケインが現在の姿と60年代の姿と交互に出てきて60年代のロンドンを案内する映画です。

ローリング・ストーンズ、ビートルズ、ザ・フー、音楽だけでなくツィギー、ヴィダル・サスーン、メアリー・クヮントなどファッション、フォトグラファーなどのインタビューや当時の若者文化のアーカイブ映像がまとめられたドキュメンタリー。

当時のイギリスが保守的で、上流や中流など階層に分かれていたんですね。マイケル・ケインによれば自分の生まれ育った地域の訛りで、映画でアメリカ人が監督だったから将校の役になれたけどイギリス人の監督だったらなれなかったとか言っていたのにビックリだったなぁ。

そんな保守的な世の中に反発して自分たちのカルチャーを作っていった若者も今や70~80代ですが、彼らが与えた影響が現在にも及んでいるとか。ブリティッシュ・ロック好きな私には面白い映画でした。

 

映画の後は、近くにあるスープカレーのお店に行ってみました。何ヶ月か前にporocoかHoに載っていた所なんだけどディープな(笑)狸小路7丁目にあるSOUL STOREというお店です。

メニューがちょっと変わってるのがあって、粗挽きラムとよせ豆腐のカレー辛さ4で注文してみました。だいたい他の店でも辛口を注文するんだけど、ここは辛めで3番でちょうど良かったかな。4番だと追加料金かかるし。残念ながら生ビールは無いのですがエビスの瓶ビールが美味しかった。

ネパール系が食べたい時は未来カレーでスープカレーの時はここ、また行こうと思います。

 

この週末は土日とも除雪がしっかり入った状態で良い練習が出来ました。昨日はトリムコースへジョグ。この間ハチスポ講習で教えてもらった一定心拍で走るように、上りでは殆ど歩くようなスピードで走ったらトリムコース2周出来ました。2015年以来だから、ちょっと進歩したかなぁ。でも14キロ走るのに2時間かかったけどね。

 

今日は薄曇りでしたが堤防コースも除雪されていて最高の路面状態でした。

元旦競歩前に取り組んでいた、ゆっくり大きくを意識して1時間50分かけて12キロを歩きました。冬の間に少しでもベースを大きくしておきたいものです。

ホイットニー

http://whitneymovie.jp/

昨日はこの映画見に行って来ました。

主人公が不慮の死を遂げたのですから、想定はしてましたが、とっても悲しく虚しくなる映画でした。

美貌と神から与えられたと言われる天性の歌唱力で黒人であるというハンデを越え若くして一気にスターダムにのし上がるわけですが、結局それが家族関係をダメにして行きます。

最も不運だったのは結婚した相手が器の小さい男だったことでしょう。ここで裏方に徹しサポートするような男性と結婚していれば違ったのかもしれない。同じ歌手ということで彼にはそう出来なかったのか?

あとは薬物中毒の恐ろしさですかね。プライベートな映像もたくさんあるのですが完全にイっちゃってるようなものもありました。

晩年は薬物中毒治療のために入院してプログラムを受けるのですが資金が底をつき、お金を稼ぐためにツアーに出るのですが、その時の映像がひどい。かつての美声がガラガラ声で太っていて途中で席を立つ観客や165ドル払って見る価値が無いと言われる始末。

自分は何者か?を問い続けた人生だったみたい。フレディ・マーキュリーやエリック・クラプトンも映画では同じようなことを言ってましたね。

存命時の映像と、関係者のインタビューが中心なんですが、こんな映像を公開して、そしてインタビューでギャラももらってるのでしょうから、彼女の周囲の関係者は死後もタカってお金を手にしてるのか…なんて、勘ぐってしまい、後味の悪い映画でした。

ただ全盛期のライブの映像は改めて彼女の歌の素晴らしさを感じさせるものではありました。

 

昨日は映画の前にまた8スポの講習会に参加しました。

お題は【トレーニングについて(基礎編)とサブトレーニング】ということで前半は座学で後半はUGOKLメソッド8種類の実技講習。

心拍トレーニングとベースの大きさはとても参考になりました。

心拍については一定心拍で練習することが大事でペースで練習するとアップダウンなどにより心拍の上がり下がりが出て、複数強度のトレーニングがミックスされてしまうから良くない。

また、偏ったトレーニングで心拍のクセがついてしまい、幅広いトレーニングが出来なくなるとか。

自分の場合は怪我してから、長い距離を走ったり歩いたりしてなかったから、三角形のベースの部分が小さくなってしまったんだなぁと思いました。

元旦競歩の時、わりと記録が良かったのは、11月、12月と5キロ競歩なのに15キロとか歩く練習をしていたのでベースが少し大きくなったからかもしれません。そして20キロ競歩を歩くにはトレーニグが足りずベースの部分が小さかったのだと思います。

UGOKLメソッドはYou Tubeで動画を見て継続してますが、今回の講習で間違ってた動きでやっていたものが発覚したので参加して良かったです。

2019東京遠征5

東京遠征記もやっと最終回です。

中華街に近いJR石川町駅に移動し、地元ランナー、クジラさんの案内で気分は旅ラン10キロ横浜編(笑)

 

カトリック山手教会

普通の教会に入ったのは初めてかも。誰もいなくて自由に入れるのに驚きでした。どこかに監視カメラでも設置してあるのかもしれませんが良いんでしょうか?!

 

アップダウンの多い道をトレイルランナークジラさんに何とか付いて行って到着したのが根岸森林公園。

米軍住宅入口(フェンスの向こうはアメリカ)

 

この公園は戦前、競馬場だったそうで、戦後進駐軍に接収されたそうです。メインスタンドだった建物が残っていますが保存状態はあまり良くない印象でした。建物前に設計図などが展示されていました。

手書き設計図って絵心がポイントだと思います。この図面も近くで見ると芸術性を感じるんですよね。今ならCADだから誰が作図しても同じだけど、私も一応手書き時代からの人間なんで、懐かしかったです。絵心は無いけど今だって手で図面を描ける自信はありますが…。

 

これは公園近くにあるドルフィンというレストラン。ユーミンの曲に出てくる店らしいですが、せっかく連れて来てもらったのにユーミンの曲は殆ど知らないので??って感じでした(笑)

 

その次は山手公園へ。

ここはテニス発祥の地らしい。北海道で言えば手宮の上にある陸上競技場みたいに「えっ、こんな所にテニスコートがあるの?!」みたいな丘の上にあります。

ここで横浜のデザインマンホール蓋もGET!確か10年以上前にfrunの仲間と横浜を走った時に撮ったので見覚えはあったんですがハードディスククラッシュのためデータが消失してました。

 

これは元町公園にあるエリスマン邸。白い壁に緑のアクセントが良いですね。銀杏の葉がまだ残っているのと公園に咲いているバラは冬の花とクジラさんから聞いて道民としてはビックリでした。

 

次は港の見える丘公園。ベイブリッジと林立しているガントリークレーン。ここでデジカメが動作不良で使えなくなってしまいました(泣)

 

最後は山下公園。

山下公園向かいにある大正時代に出来た歴史あるホテル。一度は泊まってみたいものですね。

 

赤い靴はいてた女の子の像。だけど大人になって歌詞を思い出すと外国人に連れ去られ、誘拐みたいに聞こえてしまいますよね(笑)

 

氷川丸。博物館となっているらしいです。なぜか繋留ロープに等間隔にカモメが止まっている。

 

この後中華街を通ってスタート地点の石川町駅でゴール。11キロちょっと2時間近くかけてのランでした。

↓これが走ったコース。

ランは週1、それに普段平坦な所しか走ってないから横浜の坂道はハードでした(^_^;)

中華街は人出がすごく、銭湯に入ってから横浜駅に移動したけど、そちらも変わらず。本当に都会は大変だ~。上京するといつも感じますね。

ウロウロ探して待ちの無い店、キッチンカリオカという洋食店を見つけ、遅いランチが遠征旅行の〆となりました。高いなと思ったけど美味しかったです。後で調べると創業昭和8年、黒毛和牛と横濱農園野菜の老舗でした。

 

YANCOさんを家に残してお正月旅行満喫でした。今回も楽しかったな~。しかし散財した。休み明けから残業して稼がないと(苦笑)

1日お付き合いいただいたクジラさん、ありがとうございました。

おわり

2019東京遠征4

遠征最終日の1月2日、まずは箱根駅伝観戦です。

ホテルの窓からコースが見えます。交差点の緑色の舗装になっている通りが駅伝コースの日比谷通り。増上寺を過ぎた所なので4キロぐらいでしょうか。

テレビ中継を見てるとスタート地点はたくさんのギャラリーがいるようですが、この辺りは住宅が少ないせいか人垣が出来る様子はありませんでした。

だから窓から様子を見てスタート時間近くなってから沿道へ行くことが出来ました。この日は前日以上に寒くて風が強かったので良かったです。

ギャラリーが少なかったので交差点角の良い場所を取れました。

選手たちがやって来ました。

 

連写で撮ったんですが、一度に撮れる枚数が少ないので引き付けが足りず、2回目シャッターを切った時にはもうこんな感じで上手く写せませんでした(^_^;)

本当に一瞬で通り過ぎてしまいました。観戦するなら、選手がバラけているような所でした方が面白いでしょうね。

この後は横浜へ移動。

つづく

ボデイワーク&改善教室

この週末、土曜日は以前リハビリに通っていた時、お世話になった理学療法士さんが病院をやめてこんなスタジオを開業したので行ってみました。

最近どこへ行っても言われるのは背中、特に胸椎が動くようになることですかね。背中が硬いと膝や腰に負担がかかって怪我の原因になるとか。身体は柔らかい方ですが仕事柄1日椅子に座っているせいか胸椎は動かせないんですよね。

ピラティスのこういうエクササイズがありますけど、この動画のモデルさんもそうですがあまり胸椎が動いていないですよね。本当は胸椎が動くと腰じゃなくて胸椎も曲がり、パタンと転がらず、起き上がる時も反動つけなくても良いのだそう(実際手本を見せてくれました)

その人に合ったヨガの動作で自分の状態に気づき修正していくような感じです。1時間があっという間でした。教えてもらったことは、あまり覚えられませんでした(後で撮影した動画送ってくれるって言ってたけど)

来月からヨガのグループレッスンも始めるみたいなんだけど、今のところ平日の昼間だけなので毎週通うことは出来ない。でも無期限のチケット制なので月1回ぐらいなら半休取って行っても良いかなと思ってます。もし今通っている所の夜のレッスン無くなるようなら、こちらに通おうかな?

 

そして今日はハチスポの改善教室3回目。

今回は腕振りについてでした。こちらも肩甲骨を動かしたり上半身と下半身の連動なのでした。

ランニングは競歩ほど腕振りに関してシビアに言われないけど、その動作を分解して解説されると、競歩と殆ど同じだなって思いました。自分は割と出来てる方みたいですが、苦手な部分もあったりして、今日も有意義な講習でした。来月はサブトレーニングの講習会があるみたいなので都合が合えばまた参加しようと思います。

UGOKLのメソッドも教えてくれて、肩甲骨の硬いYANCOさんがやってみたら肩の痛みが改善して可動域が少し広がったみたい。教えてもらったこと全部が出来るわけではないけど今までの講習で習慣化出来たこともあるので更に追加出来たら良いなと思います。

そして夜はクラブの忘年会でした。厚別競技場が冬季間使えなくなってから練習会には参加していないし、日曜の練習会も参加していないので知らない方もいましたが、自己紹介を兼ねた来年の豊富などを一人一人話して、4時間近く店にいたかな(゚∀゚)楽しい時間でした。

 

今週はライブ2つ、仕事も忙しくて帰りが遅くなる日が多いので風邪ひかないように気をつけなくては(^_^;)