Category Archives: ランニング

4年ぶりの全国選手権4

選手権が終わった後、表彰式待ちなどで会場を17時20分頃のシャトルバスで会場を後にしました。駅の近くにスーパー銭湯があったんだけど時間が無く…。

前橋駅に着いたのが17時50分頃だったかな?これから東京に移動するとなると新幹線に乗らなきゃならないかなと思ったんですが、30分ぐらい時間が余計にかかるけど上野で1回乗換すれば済む快速アーバンがあったのでそれにしました。これだと運賃が2140円と新幹線の半分以下です。

東京での宿は神宮外苑に近い赤坂の研修施設みたいなところ(○×県会館というような)でした。風呂トイレ共同の所だったので、もっと早く着けば地下鉄で2駅の表参道の清水湯に行けたんだけどもう21時近かったので共同浴場を利用しました。

これが家庭の風呂が大きくなったような所で洗い場3つしかなく先客が二人いたのであづましくなかった~(苦笑)

前橋を始発の新幹線に乗れば8時頃に国立競技場に到着出来るのでMGCのスタート時間に十分間に合ったんですよね。2日前に気づいて同じホテルの空き確認したら空室があったので前橋でもう1泊することも出来たんですが、東京の宿がキャンセル料がかかる時期になっていたのでやめました。

 

翌朝は早目にチェックアウトして、宿に荷物を預かってもらい、赤坂御用地を1周ウォークしました。体感的には湿度がやや高いけど気温は低めだったように感じました。

既にMGCのスタート会場、神宮外苑に向かう人がたくさん歩いていました。(画像は迎賓館)

 

私も歩いた後に神宮外苑へと向かいました。スタート地点周辺には一般人は入れず、ちょうど絵画館と新国立競技場の間辺り、鈴木亜由子選手の応援団付近に空いてる場所があったのでそこに陣取りました。

 

後から知ったんですが、スタート時に時計のトラブルがありスタートが数分遅れたとか。そんなことは全くわからずにいました。

男子は設楽選手が最初から飛び出していました。女子は選手が少なくてちょっとさみしかったですねぇ。

 

男女のスタートを見送った後、銀座へ移動のため外苑前駅まで歩く途中、見かけたもの。

日本オリンピックミュージアム、全然知らなかったんですが、前日の9月14日にオープンしたばかりだったんですね。それとナイキのシューズ、MGCでも履いてる選手が多かったように思います。

 

銀座へ向かう同じ地下鉄にGMOの花田監督も乗っていたようで、途中まで後をストーカー(笑)して行ったら、ちょうど人垣の隙間に入れました。後から気づいたら中間点の向かい側だった。朝と違い日差しがかなり強く北海道人の私には厳しい残暑に感じました。

ここを往復通過時点でも設楽選手のリードは大きかったのですが…。

 

途中で女子の復路通過を待っていては、次の皇居付近の折返しに間に合わないことに気づいて日比谷公園へ移動したのですが、ちょうど男子の最後尾選手が通過したところで間に合いませんでした。

 

ここも何とか隙間を見つけて入ったんですが、ふと足元に目を落とすと…

東京オリンピックの暑さ対策に施工された遮熱性舗装だったんですね(逆効果なんて意見もありますが実際どうなんでしょうね?)少し水色がかったグレーの舗装でした。

 

選手数が少ないこともあり女子の1位と2位3位がかなり差が開いていてアクシデントが無い限り1位は決まりかなと思いました。

この後、ゴール地点に戻ろうと思ったんですが、日比谷駅まで意外と距離があったし、大江戸線の乗換がスムーズに出来ず、女子のゴールも見ることは出来ませんでした。男子の最後のデッドヒートが見られなくて残念でした。

この後は別の目的地、調布、府中へと向かいます。

つづく

明日は北海道マラソン

今年も同じポジション。10キロスペシャルテーブル役員です。今年で3回目。去年は一昨年より慣れた感じがあったので、今年も進歩してると良いなぁ。10キロは早く終わるから良いです。役員断らないで継続すれば毎年同じポジションになりそうなので頑張って続けようと思います。

終わった後は昨年同様北大南門出た所で応援予定。天気予報通りなら明日は涼しい北海道マラソンになりそうですね。ランナーの皆さん、それぞれに頑張って下さい。

 

今日は先週途中で止めてしまったロングの練習。先週と違い、朝はほぼ無風で曇り時々霧雨みたいな好コンディション。

本当は10キロ×2+3キロ×5という内容だったんだけど、行く前にメニューを確認しなかったので間違えてしまい10キロ+5キロ+3キロ×5 でペース設定もレストも間違えてしまいました。

先週、大会で10キロ歩いたせいか始めの5キロは自分の感覚より10~15秒ぐらい速く歩けて、10キロの後の5キロも楽に歩けました(当たり前か(笑))3キロも積極的に思ってた設定ペースを維持できましたが25キロ過ぎてから辛くなって最後のセットは続かないと思ったのでダウンと思ってゆっくり歩きました。3分のレスト込みでトータル4時間35分。

この感じだとメニュー間違えて良かったかな、多分本当のメニューだったらこなせなかったと思う。やっぱり50キロの道のりは長いですね。だけどレストが入るとは言え30キロ2回歩いたから来週は向かい風が強くなければ33キロ4時間半の第3関門は突破出来そうな気がしています。5キロ39分を目標にしようと思います。

終わった後は、今日明日、北広島駅西側の広場で開催中のフロンティアフェスタへ。

開催場所が現在に変わってからは初めて行きました。画像は一部ですが地元のエーデルワイス・ファームを始めとし、近郊のグルメが集まったイベント。たくさんの人で賑わっていました。会場も広くなったので席が一杯ということはありませんでした。場所変えて正解ですね。

ただし、お値段もそれなりなので気をつけないと3千円ぐらいすぐに使ってしまいます。

私はこれだけ。エーデルワイスファームのベーコン串は本当に美味しいです。ビールはぬるくて残念。サーバーのクラッシックにすれば良かった。

YANCOさんはお仕事で来れないので南保留太郎商店の燻製を買って帰りました。いつもの甘海老と豆腐だけど(笑)

出店するお店も一部変わるので来年も行きたいなと思ってます。一度で良いから懐具合を気にしないで飲み食いしたいものですね(笑)

昨年12月の記事に、以前リハビリを担当していただいてた理学療法士さんがヨガスタジオをオープンしたことを書いたのですが、1月から隔週で木曜夜にグループレッスン始めたんです♪

それからずっと通っているんですがレッスンが始まるのが19時~で定時で終わると時間があり過ぎるので雪が消えてからスタジオのある琴似まで走って行ってます。今まではJR高架沿いに走ってたけど、昨日は気分を変えて遠回りになるけど、とても久しぶりに北大の中を走ってみました。

道庁の正門からスタートして北海道マラソンのコースを逆走、南門より構内へ。

 

中央ローン、緑が濃いですね。

 

昔は無かったと思うけど、ビアガーデンもありました。賑わってました。

 

何年か前に出来たと聞いてるセイコーマート、二階にテラス席があります。

 

そして平成ポプラ並木がこんなに立派になっていたとは!

2013年春はこのぐらいだったのに(春で葉が無いせいもあると思いますが)

その時の記事によると2000年に植えられた物だそうで19年でこんなに大きくなるんですね(゚∀゚)

6.2キロ40分ほどのJOGでした。かつてのマイコースでしたが、今や気分は旅ラン10キロでしたよ。

 

ヨガの方ですが、先週からフローといって連続してポーズをつなげて続けるものになって、とてもハードです。もう汗が滴り落ちるぐらい。そして来月から毎週夜のクラスが開催されることになりました。週1の方が効果的だと思うのでハードだけど頑張って続けたいと思います。

ここの良い所はヨガスタジオってチケット制の所が多いと思うんですが普通は期限があるんですけど、ここは期限が無いんです。だから自分のペースで継続出来ます。料金は4回で1万円なんだけど継続割引があって5回目が千円になるから実質1回2200円になります。

インストラクター氏も素晴らしい人です。スポーツジムのヨガはただのエクササイズですが、ここは自分との対話とか哲学的な話もあって、私は気に入っているんです。

それと毎週火曜のクラブの練習会の時は厚別競技場のトレーニングルームでTRXもやってるので、これらで細マッチョのしなやかな身体を目指したいものですね~(笑)

三途の川を走って渡ろうワークショップに参加

昨日は地元のFBFが呼びかけ人だった関係で、この講習会に参加しました。

山西哲郎氏と言えば自分が走り始めた頃から毎月買っていたランナーズの記事を読んでいたので、昔は知っていたのですが雑誌買わなくなってから久しいので、失礼ながら、すっかり記憶から消えていました。

お年のせいか話はちょっと聞き取りにくい部分がありましたが、ユーモアのある物腰の柔らかいオジサマという印象でした。会場で著書も購入しサインしていただいたのですが、ちょっとした会話をし、そこからその人にあったメッセージを入れてくれるんですね。私は競歩やってますと言ったのでこんなメッセージをいただきました。

 

当日は生憎の雨模様で、外を走る予定だったのですが室内で出来ることでの実技指導になりました。裸足での講習だったので、改めて裸足の良さを再認識しました。練習会の時は競技場の芝生でクールダウンまたしようと思いました。

裸足の他に下駄、足半(半分のわらじ)も良いとのこと。私の場合あまり効果は感じませんが相変わらず家でスリッパ代わりに履いているGETTAもきっと何かしら良い影響はあるのでしょう。

山西先生は鳥取県出身でご実家が農家だったため、子供の頃は家の手伝いで足腰が鍛えられたそうで、きっとそういう環境が身体を強くするのでしょうね。

話はちょっと飛びますが、この間NHKで全中で上位入賞が期待出来る浜中の女子中学生のニュースを見ました。

https://www.townhamanaka.jp/digicame/digicame2017/2017-0725-1134-14.html

それによれば、競技場でハードルを使った練習が出来るのが週1回で、家の手伝いで昆布干しをしたり、昆布干し場の砂利でダッシュしたり、それがトレーニングになっているとのこと。子供の時のそういう生活体験に勝るものは無いのかもしれませんね。

あと、講習会には、がんサバイバーのグループの方も参加していて、山西先生と出会った時は余命3ヶ月と言われていた女性が、がんと上手く付き合っていてとても元気な人でした。

懇親会の時に話を伺ったら(他に二人がんサバイバーの方がいた)みんなガン宣告を受けると人生観が変わるとか、貴重な話を聞くことが出来ました。

その中には道内で開催されているマラニックを主催している方もいました。私はイベントとしてのマラニックに参加したいとは思いませんが、別なランニングスタイルもあるものだなぁ。自分も記録へのモチベーションが消えたら、そういう形で続けていって、まさに三途の川を渡るまで走れる身体でいたいと思いました。

大雨のおたる運河ロードレース

今日はおたる運河レースに出場しました。

この大会、天気が良いことが多く最近では雨に当たった記憶は無いのですが、今年はスタート前に大雨となってしまいました。雨の中、運営に携わったスタッフの皆さんは本当に大変だったと思います。

いつも始発の電車に乗りアフターランを楽しみに行く大会なのですが、雨宿りする場所が無いので車で行きました。正直なところ参加賞受け取ってDNSのつもりだったんですが、YANCOさんは走る気満々(仕事柄、雨でも屋外作業があるから平気なんですよね)

スタート前は断続的に雨脚が強くなりましたが、レース中は小ぶりになったのがまだ救いでした。防寒対策を全くしておらずランシャツランパンでアームウォーマーも忘れビニールも被っていないので荷物預けてから寒くてガタガタ震えが来て低体温症になるかと思いました。

幸いにも女子更衣室に入れたので、そこで身体を動かして震えが治まりました。

いつもアップしていたふ頭が立ち入り禁止になっていたので狭いスペースでスキップとダッシュ、ドリルなんかをちょっとしてスタート地点へ。

お嬢さんが5キロに出場というGOさんご一家にご挨拶(写真ありがとうございました!)

記録は去年より5秒遅く25分8秒でした。天候や前日競歩で5kmのロングインターバル3本、アップも入れて16キロ歩いていたので、それを考慮すると健闘したかなと思います。昔はもっと辛いペースを我慢して走ってたから長く感じたけど、歳のせいかそれが出来なくなったので何だか短く感じました。先週火曜の練習会が5000mTTのおかげもあったかも。

残念ながら順位は8位で連続入賞が途絶えました(年代別とは言え道央圏で25分切らないで6位以内に入れる大会もそうそうないと思いますが(笑))

ハーフが無くなったので参加者もだいぶ減ったんじゃないでしょうか?(これについてはハーフのコースが狭く危険という理由になってますが、会場で聞いたウワサでは観光客からの苦情とか警察の許可がおりなかったとか諸説あるようです)

今年で31回になるこの大会もいつまで継続されるか、ちょっと心配な状況に感じましたが…。

来年は参加人数が減ったし10キロは90分近くかかってゴールする人もいたので10キロを歩くかもしれません。

 

終わった後はぐちょぐちょで靴もゴール地点が土のためドロドロで温泉に入るのはやめて、真っ直ぐ帰宅。ユンニの湯に入って以前から行きたいと思っていた長沼の舞鶴にあるShandi nivas cafeで昼ごはん食べました。

外観はただの古い家に見えるのですが…

中は古い家具をリノベーションしているのか、素敵なお店でした。

この椅子って木造校舎の小学校で使ってた椅子じゃないかな?トイレも衛生陶器とかは新しくおしゃれですが扉とかが昭和時代を思い出させる造りでした。

メニューはカレープレートでカレールー1種類だと1200円、2種類だと1500円です。ルーは5種類だったかな?好みの物を選べ、その他に基本、豆のカレー(写真の一番右)がセットに含まれています。あとライスは普通のお米とインドの細長いお米から選べます。

チキンマサラとココナッツとエビのカレーを選びました。お店の方が食べ方を教えてくれます。上に乗っている豆のせんべい(パパダ)を細かく割って、その上からルーをかけて混ぜて食べるのだそうです。

とっても美味しいカレーでした。辛口のチキンマサラにココナッツミルクカレーのマイルドな感じが合うんですね。

ナビが無いとちょっとわかりにくい場所ですが、また行きたいお店でした。

北ガスアリーナに行ってみた

21日は火曜日だけど厚別競技場が使えずクラブの練習会も休み。朝にエルフィンロードを走ろうと思ったが天気が悪かったので取りやめ。

仕事帰りにこの春、新たにオープンした北ガスアリーナに行ってみました。

JR高架沿いにあった北ガスのタンク跡地にあります。札幌駅と苗穂駅の中間ぐらいです。

通勤電車から毎朝のように見ていて、マンションでも建つのかなと思ってたけど構造が変わっていたので何が出来るのかと思ってたら、ある朝、北ガスアリーナと。

調べてみると中央体育館が移転新築されたそうで1周250mのランニングコースがあると書いてあったので、きたえーるが使えない時に良いかもと思いました。

私の職場(北2西4)からは歩いて15分以上かかります。

途中に銭湯がありました!走った後に良さそう!

 

札幌ファクトリーから空中歩廊でつながっているそうです。

 

施設自体はつどーむと同じ札幌市の施設なので券売機で390円の券を買って受付にだせばOK。

受付に向かって右側に売店と自販機コーナーがありますが、ワタシ的にはよろしくないエナジードリンクはあるのにアミノ酸とかプロテイン飲料が1つも無い。スポーツ施設なんだから、そのぐらい置いても良さそうですが…。

更衣室は1階にしかありません。ロッカーは有料、しかも50円という金額。財布に50円玉入ってる確率って100円玉より低いですよね。ランニングシューズとか履いていると靴を脱いだり履いたりするのが面倒なので非常に不便。入口に両替機を置いても良いのではないでしょうか?

 

ランニングコースは3階にあります。

 

きたえーるから比べるとコース幅が狭く、カーブもきつく床が硬いです。

 

つどーむと同じくストレッチをするスペースがあります。

 

左奥に見えるのが自販機とテーブル・イスがある休憩スペース。

 

裸足禁止とのこと(苦笑)きたえーるには裸足で走ってる人いますけどね。

 

冬ではないのでコースは空いていました。

JOG1500m+(1000m+250m)×5+JOG1500mというメニューで走ってみました。が、インターバル250mでは5本は出来ず4本で脚が終わってしまいました。750m+250mにすれば良かったかな。

250mという距離は感覚的には走りやすい距離ですがコーナーがきついのが気になりました。混雑してたらスピード練習はNGだと思います。

冬季間に利用するとなると会社から徒歩で行く私にとって、地上に出てから歩道の狭い所を歩かなければならないので、地下鉄直結のきたえーるの方が良いですね。

 

翌日、出勤前にぎっくり腰になってしまいました(泣)腰の調子ずっと良いと思ってたのに、硬い路面でのインターバルが影響したみたいです。

出社したら座りっぱなしの仕事なので腰痛が悪化し、今日は仕事を休みました。行きつけの治療院は予約で一杯だったのでマスターズ仲間に以前教えてもらった地元の整体院に行きました。

そこがまた何か面白いというか不可思議な?所でした。来週土曜にもう一度行きます。

週末はマスターズの練習会もあるので早く治ると良いけどなぁ。

平成ランナー人生の思い出3

ちょっと間が開きましたが続けます。

私より先に走り出して走力を付けていったYANCOさんが初フルを走ったのは定かじゃないんだけど私の記憶では洞爺湖マラソンだったように思います。

これは初マラソンの時ではないですが1234というナンバーカードで周囲のランナーに良いナンバーだね~とか話しかけられて調子に乗ってオーバーペースに、そして30キロの壁にぶち当たり後半は歩き4時間半以上かかってゴールした記憶。

この写真はゴール前でそれまで歩いていたけど何とか気力を振り絞って走ったという感じだったのではないかと思います。スキャナーの設定が上手く出来なくて表情がわかりにくいですがゴールは遠いな~って顔をしています(笑)

 

私の初ハーフもいつだか覚えていなかったのですが、この時の写真から1996年(平成8年)だったみたい。

当時は千歳日航国際マラソンという名称で9月に開催されていたんですよね。

初ハーフはフルマラソンで言う30キロの壁みたいな状態になったのと靴が小さかったらしく両足の爪の大半が死んで、15キロ過ぎから殆ど歩き2時間38分でゴールした記憶です。気温が高く救急車の出動も何度かあったとか。YANCOさんと父があまりに遅いので救急車で運ばれたのではないかとゴールで心配していたそうです。

その間1996年(平成8年)職場のパソコンがWindows95になったのを機に、パソコン購入!ソフトのエンドユーザーとして職場でパソコンは使っていたけど当時はキャラクターベースだったからMS-DOSのことだとかあまりわからなかったし、30万以上の価格でしたから個人が家庭用にパソコンを持つ時代ではなかったんですよね。ちなみに初めて買ったパソコンはNECのPC-98で20万ぐらいでした。

それをきっかけにNifty-Serveというパソコン通信を始めました。通信はモデム回線を使用して「ピーヒョロヒョロ、ヒャランララン」って音で繋がるんですよね。今の若い人ならそんなこと知らないですよね(笑)

その中にフォーラムというインターネットの掲示板みたいな物があって、その中にランニングフォーラムfrun(frunというのはフォーラムに入る時のコマンド)というのがあり、入ってみました。

今まで父と私達夫婦だけだったマラソン仲間が、ぐっと広がりフルマラソンを走っている方も何人もいて、自分もフルマラソンが身近になったように思います。

しかし辛かった初ハーフの経験から、フルマラソンを走る時は絶対完走できる自信がつくまで出ないと思ったのでした。

そこから更に3年後、途中急に練習量を増やして故障したりして停滞、ようやくフルマラソンのスタートラインに立つことが出来ました。エントリーしたのは旭川マラソン。当時は神居古潭まで往復するフルマラソンで体育の日に開催されていたんですよね。

初マラソンのタイムは4時間12分台で恐れていた30キロの壁は無く後半も殆どペースは変わらずにゴール出来た記憶です。

こうやって書いてみると色々懐かしいです。

(まだつづくかな?(^_^;))