第25回北海道マスターズ陸上競技選手権

千歳、小樽に続き今回の旭川の北海道選手権が3回目の出場になります。

開会式を終え競技が開始され10時頃まではなんとか大丈夫でしたが徐々に空模様が変わり時より横殴りの強い雨が降って競技が中断になったりもしましたが各種目が別段支障なく消化されていきました。冷たい雨の中、運営されていた大会関係者の皆様、高校生の方々に心より感謝いたします。

オールウェザーのトラックを名だたるランナーと共に走るのは、その違いを直に感じる良い機会にもなりました。

種目は変わらず1500mと5000mでした。選手も多く出場されていました。

タイムは1500mは5分49秒93。千歳が6分9秒92 小樽が5分53秒29でしたので僅かながらも自己記録更新です。5000mは22分34秒95。千歳が23分19秒63小樽が23分49秒38だったので、こちらも自己記録の更新でした。トラックを走るのに少し慣れてきたのかもしれません。走り方にも改善の余地がまだまだあるので今後の記録更新も夢ではないかもしれません。

マスターズ陸上は緊張感があって真剣になれて陸上競技を愛する皆さんと共に楽しむ気持ちにもなれて、参加できて良かったと思っています。

 

北海道選手権で1500mのスタート前の待ち時間に選手と履いているスパイクシューズの話になって。中長距離用があるのを初めて知り短距離用よりもピンが短くて、いかにも軽そうで、走りやすそうで、旧モデルを半額で買えたという話を聞いたら、もしそういう店があったら自分も欲しいと思いました。

 

先日、眼鏡を購入しに行ったついでにスポーツ店を見に行ったら、そういうお店がありました。で、買ってしまいました。それも一緒に行ったNAOJIさんの分も。旧モデルとはいえ定価1足分の値段以下で2足買えちゃいました。オールウェザーのトラックで履いて走るのが楽しみです。

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

冷し汁

次の記事

長沼アイスラン