第10回北海道日胆マスターズ陸上競技大会

全国選手権に申込逃してしまった私にとって今シーズン最後の競歩となるタイトルの大会に出場して来ました。

会場は白老町の桜ヶ丘公園にある陸上競技場で土のトラックは初めての参加となりました。前日の天気予報が曇り後雨だったので天気が心配されましたが、午前 中は暑いぐらいの日差しで雨が降らず良かったです。去年競歩に出た人の話では出場が1人だけで土砂降りだったそうです。今年は天気が良いしエントリーも男 性1名女性3名で良かった。

会場に着いて受付に行くと参加賞が何と立派な質の良い昆布。虎杖浜産の昆布です。嬉しい:heart:
虎杖浜産昆布

前回7月の小樽後志記録会で は21分50秒だったので21分前半を目標に設定していました。全道選手権の時に21分ぐらいで歩いていた女性を目標にしました。スタートしてすぐには付 けず、20mぐらい離れましたが、その後はあまり距離は変わらず最初の1周だけペース確認したら2分38秒で6分35秒ぐらいのペース8-|今の自分にはちょっと速過ぎるペースだったので維持は出来ず、それに何かスタートから脚の筋肉が疲れている感じ。

でも目標の女性もペースが落ちたのかお互いの距離はあまり変わらなかったですが、自分の方が脚が疲れてきたり、最後の3周ぐらいは珍しく脇腹が痛くなって 頑張りがきかず差が広がってしまいました。コース脇では先日の練習会の時に色々アドバイスしてくれたNさんがここでもまた色々声を掛けて下さいました。
土のトラックはパワーロスしてしまうのでいつもより脚が疲れ力が伝わっていない感じがしてもどかしい感じもありましたが、ゴールしてみたら21分14秒で約35秒の記録更新で嬉しかったです。:**:来年は21分切れそうです。

ゴールしてから、またアドバイスを受けました。
ストライドが狭くて脚の長さを生かせていない。
ストライドを広げるには腕の振り方で肘から下の反動を使う。
肘を内側に入れる癖があるから、それを直して腕を真っ直ぐ振る。
呼吸方法は長く吐く。そうすれば自然とたくさん吸い込める。

自分達の頃はゴールしたら倒れこむぐらい追い込んだもんだって言われてしまいました。確かに私は走る方の3000mから比べたらまだ余裕あるんですよね、でもそういう動きが出来てないからなんだろうな。

で、帰宅してからichanさんに撮影してもらった動画を見たら、前回より少し動き良くなったものの、相変わらず他の人から比べたらピッチは遅いし躍動感 無し。でも逆に他の人と同じ動きが出来れば、スタミナは一番あるし脚も一番長いので(背の高い人はいない)良い所行けるんじゃないかなと自分で思いまし た。

来シーズンは少し距離を延ばして歩けるようになったら岩手県で開催される10キロの大会に行ってみようかなと思ってます。去年は冬の間競歩の練習していなかったけどこの冬は頑張りますよ:!!:

大会が終わった後は近くにある牛の里で少し前に新聞に載っていた白老バーガーを食べに寄ってみました。
白老バーガー
ベーグルとライ麦パンのがありましたがライ麦パンを選択。
バーガーは一部が焦げていたのが残念ですがなかなか美味しかったです。しかしパンが小さいし500円はちょっと高いんじゃないのって思いました。白老牛だから高いのは仕方ないのか。ちなみに白老バーガー&ベーグルというHPがあり、ここに町内の他の店の情報も載っているので他にもっとボリュームある店などあるかもしれません。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

トマトのピクルス

次の記事

丘わかめ