炭鉄港カード第2弾(小樽)3

宿泊はオーセントホテル(写真はホテルのFacebookより)

ホテル名は知らなくてもこの建物は見覚えのある人も小樽札幌近郊の人なら多いでしょう。

そんなに高級なホテルではないけど普段泊まるビジネスホテルから比べたら我が家的には良いホテルです 😉

部屋はスタンダードツイン。デラックスツインだと建物の半円形の部分になるので、ちょっと高くなるけど、どうせならそちらにすれば良かったかな。

大浴場もあるんですが、17時~で営業開始が遅く、前は朝風呂営業していたみたいだけど、今は営業してないのが残念でした。

大浴場と言ってもこぢんまりした所ですが、冷気浴が出来るのが良かったです(2人しか入れませんが…)


ホテルにもレストランがありますが、泊まった目的のもう1つは夜の籔半で飲むことだったんですね~ 😛

藪半 建物

昼間はいつも店の外に並んでる人気店なので予約しておきました。

金曜日の夜でしたが、程良い客入りであずましかったです😊

(あずましい=快適という意味の北海道弁)

 

ハートランドの生で乾杯。

地元、栗原蒲鉾店のかまぼこ(メニューでは板わさびとなっている)添加物を使っていないホンモノです。

そして本わさびを自分でおろして使います。

 

お店の奥はこんなふうになってます。石の蔵が接続してたんですね。何度か来てるけど今まで混んでたせいか気づかなかったです。

そういえば昔frunの仲間と小樽から仁木まで走った帰りに、ここに来たのが初めてだったけど、その時この奥の方の席に座ったような記憶 😛

 

その他、生揚げ焼き、卵焼き、合鴨の焼鳥、豚の角煮などタンパク質系のツマミをしっかり食べ

日本酒も飲み、蕎麦で〆ました。蕎麦は地粉麺(十割)か並粉麺(ニ八)から選べます。もちろん地粉麺を選びました。

ワサビじゃなくて辛味大根が付いて来ます。蕎麦湯も濃厚 ❗

夕方来るのがお店も余裕があるし良いですね。

でもここは忙しくても接客がとても良い店です。

今回Facebookから予約したんですが、帰り際、若女将が担当してるのか「返信が遅くなり申し訳ありません」との挨拶もいただき、感心したのでした。

 

つづく

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。