日高かけ橋カードとマンホール探し1

夏休みに北見方面へ行く予定だったんですが、YANCOさんのお盆休みが3日間しかなかったので断念。その代わりにGWに周りきれなかった日高地方のマンホール探しに行って来ました。

まず、かけ橋カードを配布している道の駅みついしまで行って、戻りながらマンホールを探す計画です。

しかし出発が遅かったので途中でお腹が減って静内で蕎麦屋に入りました。

飲み屋街の入口にある縄のれんのお店でした。カウンターに通されるとそば打ちが見られるようになっていました。

静内産ホエー豚の肉せいろを注文。肉とつゆは美味しかったです。蕎麦にもうちょっとコシが欲しかったかな?

お腹も膨れたところで道の駅みついしへ。

写真は撮ってないけど、道の駅隣接のキャンプ場と温泉があります。

以前アップロードしたライダー時代の思い出で1990年に襟裳岬に行ってるんですが、その時に三石のキャンプ場に泊まってるんですよね。建物とかは新しくなってるのかもしれないけど、その時に温泉にも入りました。薄暗くなってテント張った記憶なので、どんなキャンプ場だったとかは全く覚えていませんでしたが。


かけ橋カードをもらい、少し札幌方向へ戻った鳧舞(けりまい)という集落に旧三石町のマンホールがありました。

三石昆布が特産品なのでコンブ漁師のデザインですね。

特産品と言えば日高地方って海産物だけじゃなくて肉も特産品なんですかね?静内とか三石には肉屋さんがあって店の前に車が何台も止まっている所がありました。


静内に戻る途中に、静内温泉へ。

国道から温泉へ向かう道に牧場があり、馬さん達がいました。仔馬もいましたよ 😀


日高地方はYANCOさんが出張で静内に泊まっていたことがあるので、多少は情報を持っていて、静内温泉はお気に入りとのこと。確かに建物が新しいし空いていたせいもあり、快適でした。日高方面の温泉ではおすすめです。


静内に戻ってマンホール探しです。ここでは色々見つけられました。

メインはこれですが

新ひだか町(旧静内町)マンホール

新ひだか町(旧静内町)

他に地元の子供たちの絵をデザインにした蓋がありました。四角いのはマンホールの蓋ではないのかもしれません。

この通りや、蕎麦屋さんのある通りにはサラブレッドの町なので馬をモチーフにしたものが色々とありました。


静内から戻りながら見つけたマンホールたち。日高支庁の自治体でマンホールカードを発行しているのは浦河町だけでした。それと合併している自治体が多いので、あれここは合併してたのか?っていうのを改めて認識出来ました。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。