小樽雪あかりの路に行ってきました

3年前に行った時は観光客でごった返してたので敬遠していたのですが、コロナウイルスの影響で、雪まつりも例年と比べ観光客が全然少なかったです。

そんな状況なので、観光地には打撃なのでしょうが、ゆっくり散策出来ると思い3年ぶりに雪あかりの路に行ってきました。

目的その1は運河プラザ前にある消防犬ぶん公の銅像に会いに行くこと。

寒そうに服を着てマフラーを巻いてました 😆

ぶん公とは昭和の初め頃に小樽市消防本部で飼われていた犬で消火活動に同行し、活躍していたみたい。博物館にはく製が残っているそうです。写真で見たら、はく製の方が銅像より可愛いような。

 

目的その2は小樽倉庫No.1。札幌に住んでいた頃、走って一度行ったことがありますがそれ以来行っていませんでした。

店内はびっくりドンキーに似てますよね。運河沿いの席は残念ながら予約が入っていました。

 

私は小さいグラスで2種類飲みました。天候のせいもあり、それで十分。ビールの種類でグラスも違うみたいですね。

アイスバインがボリュームあり、エッセンには負けるけど美味しかったです。昔来た時は何を食べたのか全く覚えていなかったです。今年はおたる運河ロードレースには出ないけど暖かい季節にまた行きたいですね。

 

そして薄暗くなってきたので3番目の目的、雪あかりの路へ。

 

17時から点灯します。

 

さすがにここは人が多いけど、それでも3年前に来た時から比べたら全然少なかったです。

 

学生さんを始めとし、地元ボランティアで維持されているようです。とてもきれいでした。

地元の方がジャガイモや餅を焼いて振舞っていました。

 

最後の目的はOSAワイナリー。日曜休みのため、なかなか行けず2回目の訪問。

店内はカウンターとテーブル席があります。

 

ここではロゼワインとチーズをいただきました。

前に来た時もそうだったけどボトルワインは3000円前後なので、我が家には手が出ませんがグラスは500円程度なので、ここで飲むのが手軽です。おつまみの栗原蒲鉾が売り切れだったのが残念でした。

 

ワイナリー近くでデザインマンホール発見!このカラーバージョンがオルゴール堂の方にあるということは知っていたのですが、ここからは結構歩くし冬なので雪が無い時期の宿題ですかね。

小樽市

 

帰りはすっかり暗くなっていて駅の照明が良い雰囲気でした。

 

石原裕次郎さんの写真があったんですね。今まで気づきませんでした。脚長い 😉

昨年6月以来の小樽、楽しかったです。アルコール付きはまたいつ来れるかな… 🙄

 

 

 

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

大脱走