プー横丁

まだ20代の頃、ツーリング帰りに苗穂駅付近でたまたま、この店名の石造りのレストランを発見。

行きたいな~と思ってたけどいつの間にか無くなっていました。

以前通院していた治療院の先生のお気に入りのお店で投稿から元町に移転していたことを知りました。

普段の行動範囲ではないのでなかなか行けずにいましたが、YANCOさんが近くで所用があり、タイミング良く行くことが出来ました。

プー横丁 外観

玉ねぎ倉庫として利用されていた建物だそうです。

入口からレトロ

プー横丁 入口

 

店内は天井が高く吹き抜けになっていて二階席もあります。席数は多いです。

プー横丁 店内

この日は一応平日で11時過ぎだったので空いていました。

混むと料理が出るまでに時間がかかるかもしれません。

 

子供用の絵本と思いきや、開くとメニューになっております 😆

プー横丁 メニュー

 

メニュー数は多くて各種肉料理、魚介料理、ドリア、パスタ、カレーetc、変わったところではおじやなんかもあります。

肉肉しいポークシュラスコステーキセットにしてみました。

プー横丁 シュラスコステーキセット

シュラスコと言えば串に刺した肉を切り分けてもらって食べるブラジル料理ですが、そういう感じではなくポークソテーでした。

塩コショー、ガーリックぐらいのシンプルな味付けで美味しかったです。

香草パンはバターロール的な生地にハーブが入っていました。

料理についてはテーブルに「メニューについて」というファイルがあり、そこに色々と書いてありました。(ボリュームがありすぎて全部は読めなかった💦)

店主のプロフィールによれば1985年に苗穂で開店したそうなので今年で37年、続けられるってすごいですね。

プロフィール読んでたら昔、札幌駅付近にあった駅裏8号倉庫にも触れられていました。

ちょうど自分が高校生ぐらいの頃。行ったことはないけど今で言うところのインディーズのライブなんかやってた記憶です。

懐かしいな~。

スタッフも感じ良かったし機会があればまた行きたいと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ひまわり

次の記事

10連休最終日