そよ風と遊ぶ道&風おとの道

北広島は雪は少ないとは言え、ついに積雪状態になりました。この冬はトレッドミルは飽きて30分程度が限界な私、雪道で競歩の練習は路面が良い状態じゃないと出来ないし…。

昨日ライブカメラで確認したら苫小牧はまだ雪が無いので、10年ぐらい前に一度走ったことのある沼ノ端のそよ風と遊ぶ道と風音の道で歩いて来ました。

コースはこんな感じです。(PDFはこちら

前に行った時は気づかなかった風おとの道を合わせれば1周10キロ以上になります。電車で行って1周してみることにしました。


沼ノ端は良い天気でパラっと雪が降った程度でした。道の名前からすると風があることが多い場所なのかもしれませんが、ほぼ無風で最高のコンディションでした。

反時計周りに風おとの道から回ってみることにしました。線路沿いに千歳方面へ向かって行くと、住宅街が終わって原野のような場所になりました。風おとの道は自転車用と歩行者用に分かれてました。(どちらも舗装路)

しばらく線路沿いに進んで左折して国道36号線に向かうとまた住宅街があります。写真は無いけどこの辺はまだ新しい住宅地なので大きい素敵な家が多いです。それを見ながら走ったり歩いたりするのも目の保養になるかも。


国道36号線が近づいてこの分かれ道左へ進みます。

 

この遊歩道を出た先でちょっと道を見失いましたが再発見。


ここからはそよ風と遊ぶ道になります。

そよ風と遊ぶ道は土の遊歩道です。競歩だと地面を押すときにパワーロスする感じがしたので並行してある普通の歩道を歩きました。この歩道も幅が広く路面が痛んでいないので歩きやすかったです。案内看板には500mごとに距離が書いてありますが、コースに距離表示は無かったように思います。


以前来た時も見かけたけど、この白黒の鳥、カササギがいるのが珍しかったです。自宅周辺も野鳥は多いと思いますがカササギは見たことが無いです。


この後、ペースも上がって気持ち良く歩けたんですが、コース画像のスタートとゴール地点の間が幹線道路で横断歩道が近くに無くて、車道を渡るにはちょっと危ない場所でした。でも苫小牧方面ではここが一番良いかも。走ってる人にも時々すれ違いました。この辺に住んでる人が羨ましい。

苫小牧駅と違って沼ノ端駅にはコインロッカーが無いので車じゃないと夏靴で来なければならないことが難点かな。車で来る場合は駅前に駐車場があるし、国道36号線のトラックステーションに車を止めて走っても良いかもしれません。

走った後のお楽しみも無いかなと思ったけど駅の反対側の出口方面へ行くと、ぽっぽやという駅前食堂と、少し歩くと昼間から通しで営業している焼肉屋さんがあったので、次の機会には焼肉屋さんに行ってみたいです。今回はこの後、予定があり時間が無かったのでホクレンショップで補給しました。

年末年始の休み期間中、雪が無ければもう一度行ってみたいと思います。

 

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。