こりゃ多摩ラン20キロ歩きました1

この間の日曜日、東京遠征に行って来ました。

今シーズンから競歩を始めた高橋さんが時々、「こりゃ多摩ラン」のことを書いていたので、何となくはどんな大会か知っていたんですが、まさか自分が出ることになるとは思ってもみませんでした。

GO TO トラベルで2泊のパックが2万1千円、今シーズンはロードレース一度も出てないし、1回ぐらいは長距離歩きたいなと思っていて、高橋さんも出ることだし、初めて競歩でロードレースに出るのに競歩仲間がいれば心強いだろうと練習代わりに出場しました。

京王多摩川駅近くの河川敷がスタート会場。

当日は早朝はダウンジャケットが必要なぐらい寒かったですが、風が弱く、気温も寒くもなく暑くもなく、ほぼベストコンディション。スタート会場からは富士山が見えました。

参加者は100人程度、20キロ、10キロ、5キロがあります。毎月のように開催されているので月例記録会的な大会かな?

会場ではもう1人高橋さんの競歩関係でKさんという方をご紹介いただき3人のウォーカーで参加しました。北海道にいたら、いつもロードレースは1人で歩いていたので嬉しかったです。(来シーズンはきっとHさんという仲間と出ることもありそうですが)

タイムはネットタイム計測で1人ずつスタートします。なので競歩で遅いからランナーの邪魔にならないように最後の方にスタート出来るところが良かったです。


スタートして最初の1キロがGPSで6分38 ❓  ❗ 5000mのレースペース、そんなスピードで走ってるつもりはなかったけど大会だと最初は速くなってしまいますね。

オーバーペースだけど、どこまで行けるか頑張ってみようと特に抑えることはしませんでした。が、徐々にペースが落ちて5キロ毎のタイムはこんな感じ。

35’50-38’06-39’04-39’57 2:35’40 という結果でした。(GPSの誤差が300m以上あったので合計が合いませんが…)

フルマラソンと違って20キロ競歩だと多少冒険してもマラソン後半の壁みたいにはならないからチャレンジは出来るものですね。

呼吸は苦しくないのに気づいたら動きが小さく鈍くなってペースダウンしていたという感じでした。そして今までロードレースに出て何とか免れて来たけど、とうとう最終ランナー(ウォーカー?)となってしまいました 😆

堤防の上に上がったり下りたり、そしてその道がヘアピンカーブ、それに一般のランナー、ウォーカー、そして自転車が多くて、豊平川の大会と比べたらストレスの多いコースでしたが、目標の2時間40分以内はクリア出来たので良かったです。

ゴール後、高橋さんと。

 

長距離のレースには昨年の10月以来出てなかったので、練習では9月~11月に15キロ~20キロを5回歩いてはいましたが、レースみたいに頑張っては歩かないからダメージは大きかったです。翌日まで足の裏がジンジンしてたし、7キロぐらいから左の脹脛から膝裏にかけて今まで感じたことのない違和感と張りが出てしっかりと乗れなかったようで、その負担が右の股関節に来た感じでした。

もしかしたら2月もここか別な大会に出ようかなと思ってます。ただし、この冬は室内で距離を踏む練習をするのは難しそうなので10キロにしようと思います。

観光編につづく

こりゃ多摩ラン20キロ歩きました1” に対して2件のコメントがあります。

  1. KEN より:

    お疲れ様でした。
    天気が良くてよかったですね。久しぶりにチームユニフォーム見ました。(笑)
    こんな時だからか着て参加してくれたことがうれしいです。(^^)

    1. NAOJI より:

      コメントありがとうございます。
      前日は小雨で寒かったので本当にラッキーでした。
      元旦競歩も今のところ開催されそうなのでチームユニで歩きます。
      来年は少しずつ大会も再開されそうですねが、細かいこと気にしないで集まれる時がまた来て欲しいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。