Tag Archives: マスターズ陸上

未だ雪降らず

この週末も比較的天気に恵まれ、この辺はまだアスファルトの上で練習出来てます。

金曜日は珍しく現調で石狩へ。自分が勤務していた現場事務所は既に解体済み。写真からはあまり伝わらないと思いますが地盤改良機がいくつもあった場所には巨大な発電所が出来ていました。午後から雨の予報でしたが降らずに済みました。

 

土曜日は先週と同じコースで15キロほど歩きました。まだ渡り鳥の編隊がいくつか見られました。秋蒔き小麦の緑と樽前山、恵庭岳がきれいでした。折返しコースで復路は向かい風の北風が強く辛かった。

 

日曜はまた8スポの講習会。今回は真駒内公園で6キロ×2本。フルマラソンやハーフマラソンの目標タイムで設定タイムを決めて走りました。私は特に目標があるわけではないので無理のない一番遅いペースの組にしました。1周17分6キロ34分、レスト15分です。

自分にとってはややキツいペースでしたが設定タイム内に走ることが出来ました。やっぱり時々こういう練習をするのは良いですね。

それと八重樫さんがフォーム見てくれて、膝の脱力についてアドバイスして下さいました。私は膝の脱力が出来てないみたい。走る時、気をつけてみようと思います。怪我なく楽に走れるようになりたいので今までフォーム改善講習と含めてとても役に立ちました。

また前日15キロ歩いていたのは同じなのに今週と先週で翌日の疲労度が違ったので身体が少し慣れたみたい。先週の状態だったらこの練習は出来なかっただろうなぁ。

YANCOさんもつくばに向けて良い練習になったようです。

真駒内公園もすっかり冬枯れです。

練習の後はグーグルマップでヒットした近くのスープカレー店に行ってみました。

エソラという五輪通から脇に入った住宅街の中にあるお店でおしゃれな一軒家でした。

炙り角煮と野菜のカレーを注文。美味しかったです。真駒内公園に来たらまた行こうと思いました。

そして夜はマスターズ石狩支部のちょっと早い忘年会。20代~80代まで総勢17名が集まりました。

種目が違っていて面識の無い方もいましたが、世代、種目を超えての楽しい集まりでした。自己紹介タイムで私は来年の目標として50キロ競歩目指すと宣言しましたが、来年の忘年会で完歩の報告が出来ると良いなぁ。

2018北上遠征1

2014年10月の高畠以来、実に4年ぶりになる20キロ、何とか歩き切りました。

ただタイムは残念ながら最低目標2時間30分に及ばず手元で2時間32分台でした。自己ベストより18分遅く、2014年より12分遅かったです。

最高気温は24度近かったようですが湿度が低く風が涼しかった、2キロおきに給水やスポンジを取れたということで気温はあまり影響無かったように思います。

ただ陽射しのダメージは結構あったかもしれない。翌朝の熱っぽい疲労感でそう感じました。なんかフルマラソン走った時みたいな疲労感でした。早朝の短時間練習中心だから強い陽射しを長時間浴びることなんて殆ど無いし、4年の間に体力がすっかり落ちてるんですね。

10キロは1時間13分台で9月に練習として出たロードレースの記録と同じぐらいだったので2時間半切れるかなと思ったんですが12キロぐらいから脚が重く動きが悪くなり、そのうち足の裏が痺れてきてしっかり踏ん張れなくなりストライドが伸ばせなくなった感じです。

ラップはこんな感じで終盤はキロ8分前後になっちゃってますね。

13’47-14’33-15’00-15’05-15’04-15’27-15’44-15’58-16’04-15’53

7月の湿原マラソンと1週間前の日曜に15キロ歩いただけなので距離を踏む練習が少なかったからじゃないかと思います。

歩型については注意2回、警告1つ付きました(-_-)

 

この2枚は良いけど

やっぱり左ですね。右は良いのにどうしても左がこうなってしまう。レース中、常にフォームのことは考えていたつもりですがクセを直すというのは本当に難しいですね。

でも腰は左右ではなく前後に逃がすなど、正しい動きを教えてもらったおかげで半月板損傷する前からずっと悩まされていた左膝裏の痛みも無く20キロ歩けた(ベントニーが原因と思われる左右の疲労差があるのが気になるけど)ので来年は50キロを目指してみます。

というのも50キロ競歩が東京オリンピックを最後に種目から無くなるそうなのでマスターズも50キロが無くなるかもしれない、というのと自分がちょうど来年再来年でマスターズのクラスがW50→W55になるので出来れば2年限定で50キロの記録を残したい(まだどちらの年代も記録が無い)からです。

そのためにも左のベントニー直して行かないとならないわけですが…。諦めないで努力します。

どの時点かで無理だと思ったら20キロにします。それまで練習したことが無駄になるわけではないので。

競歩の方はこれで一段落。次は元旦競歩5キロに出ます。

走る方は21日北海道ロードレース(10キロ)、28日フードバレーとかちマラソン(ハーフ)に出ます。

観光編につづく

ピパオイヘルシーロードレース

昨日は美唄で10キロ歩いてきました。

天気良かったのにハーフのスタート前に雨が降ったり止んだりで一時不安定な天候でしたが結局雨に当たらずにすみました。

雨の影響でアップをあまりしていなかったせいか、出だしがスムーズじゃなかったし、このコースでは付き物ですが折返しまで向かい風が強かったせいか、なかなかペースが上がらず恵庭より感覚的に入りが遅かった。3キロぐらいでやっとスイッチ入った感じでランナーを何人か抜かすことが出来ました。

折返したら追い風になるかと期待したけど、そういうわけでもなく横風ぐらいな感じ。

ゴールタイムは昨年より26秒遅かったけど、この間の恵庭よりは27秒速かった。去年の結果と比べると前半5キロが昨年は36分10秒だったのに対し今年は36分46秒かかってた。後半5キロは今年の方が10秒速かったんだけど。

それでも1時間14分22→1時間13分38→1時間13分11と徐々に上がってきてるし、今回良かったと思ったのは10キロが長く感じなくなったこと、多少の余裕を持って歩けたこと、ゴール後の疲労が少なかったことです。去年の記事見たら、同じようなこと書いてあるんですよね。やっぱり1人だから遅くても練習代わりのレース出場は大事だなと思いました。

課題の左腰が引けてベントニーになるクセですが、確認出来ました!自分が走るわけでもないのに札幌からやっさんが動画撮りに来て下さったのです。やっさんありがとうm(_ _)m

左はスタート直後で調子が出てないせいかクセが出てるけど、右のゴール前はやや腰が引け気味ですけどベントニーになってません。同じゴール前動画でもクセが出てる時もあり、安定して出来るようになるまで時間がかかるかも。ただ感覚はつかめたので時々動画を撮って確認が必要と思います。

あと恵庭の時にわかったのは着地の位置が前過ぎて足を叩きつける感覚ですね。これも時々出たり直ったりしてる状態です。

次の週末は練習で15キロ歩いて、その後は疲労抜きになります。

 

ところで先週マスターズ世界選手権が終わりました。朝原さんみたいな著名人がいないので話題になってませんがM70のマイルリレーで日本が金メダル取りました。メンバーには我が石狩支部の方が!

それと今年の全国選手権では短距離の末續慎吾さん、http://www.hal.ne.jp/trk/sokuho/TT18.html

長距離の小崎まりさん(元ノーリツ)http://www.hal.ne.jp/trk/sokuho/RS168_0_6_1_0_0.html

が出場してました。

末續さんが登場したアスリートの魂見ました?番組の中で出場していたのはマスターズ神奈川選手権だったのかな?長期休養した時、色々な苦悩があったようです。でも一線を退いても競技を続ける意味を見出していけたんですね。

今のところ引退後は指導者として活躍する人が多くて競技を続ける人は少ないように思うけど(トップアスリートとしてのプライドもあるからでしょうか?)これからは純粋に競技が好きで続けたい、末續さんみたいな人も増えてくるかもしれないですね。そうなると観戦する楽しみも増えるというもんです。

北海道マスターズ選手権

もう1週間近く経ってしまいましたが、日曜、旭川で開催された北海道選手権に行って来ました。

晴れで30度以上まで気温が上がりましたが湿度が低く風が冷たかったせいか、3000mWの時はあまり暑さは気になりませんでした。10000mの時が一番暑かったかも。

競歩には13人のエントリーがありましたが4名DNSで9名が出走しました。以前千葉選手権の時に競歩を見ていただいたKさんが函館に戻って来られたので道南から競歩の選手増えて欲しいです。

私の結果ですが7月の小樽後志記録会とコンマ以下の違いで殆ど同じの20分ちょうどでした。1500mに出なくてもタイムが同じとは…。マスターズ仲間のOさんがフィールド内から連写した画像送って下さったのですが、左腰が引けてベントニーになるのが全く治っていなくてガッカリでした。

2番めまでは良いと思ったのですが、写真を送って見てもらったところでは着地の位置が前過ぎるとのこと。以前にプライベートレッスン受けた時に言われて気をつけてるつもりでしたが、まだ無意識には出来てないってことかな。

アドバイスとしてはリアルタイムで動画を確認し、腰が引けている時と引けていない時の感覚を覚えよとのこと。ちょうど夏休みなのでYANCOさんに協力してもらおうと思いました。

今回の北海道選手権の話題と言ったら朝原さん出場ですよね。

とっても爽やかな方で、テレビで見た印象より大きかったです。競技復帰初戦は11秒30でした。世界選手権まであと1ヶ月を切りましたし、怪我なく調子上げて行けると良いですね。

https://malaga2018.com/GO/

競技日程↓

http://japan-masters.or.jp/site_data/files/schedule2018malaga.pdf

M45の4×100リレーは最終日16日ですね。この選手権までの番組をNHKで企画しているようで北海道選手権にもカメラが密着してました。番組が放送されるのが楽しみです。

今回は一般の選手でもちょっと話題があります。

M30で昨年南部忠平記念の400mハードルでマスターズ日本記録を出した3レーン剣淵の選手が、北海道選手権の100mで11秒切ったことです。マスターズで10秒台が見られるとは思いませんでした。すごいですよね、ゴールして雄叫び上げてました。会場からもおーっ、というどよめき、そして拍手が!

ちなみに上の画像で紹介されている7レーンの選手はM35、荒川大輔さんという方で元全日本クラスの走幅跳の選手だそうです。記録は11秒12でした。

男子の短距離、トップ選手の層が厚いから、マスターズもレベル上がって来てるのかもしれないですね。まだ詳細はわかりませんが来年から陸上日本選手権にマスターズ種目として100mと1500mが開催されるようなのでマスターズのトップ選手のモチベーションも上がりそうです。

さて、私ですが10月の全日本競歩まであと2ヶ月となりました。8月は大会出場は無く夏休みもあるし少しのんびり出来そう。9月にくりやま、恵庭、美唄の10キロロードレースを利用した練習3本こなす予定です。

小樽後志記録会

昨日はマスターズ小樽後志記録会に参加しました。

雨降りで会場の手宮公園陸上競技場は周囲がぬかるみやすい所なので何だか憂鬱、雨が降ったりやんだり、時折強く降るなどあいにくのお天気でした。

ただ、この時期晴れれば蒸し暑いコンディションになるので、その点では良かったかな。

1500mは先月より4秒ほど遅かったです。なかなか6分半切れません。北海道選手権は競歩しか出ないので今シーズンの1500mはこれでおしまい。来年はまた1つ年を取るのでますます6分前半で走るのは難しくなるのかなあ。7分以上かかったりするかもしれませんね。

3000mWは6名エントリーのうち2名DNSで4名。そのうち私と同じクラスの女性で新たに競歩を始めた選手が出場です。この方はフルマラソンには出ていないかもしれませんが5キロとか10キロのロードレースでは上位に入賞する、走ってる人なら名前を知っている方も多いのでは?多分競歩をマスター出来れば私より速くなるでしょう。

結果は先月より13秒遅く20分ちょうどでした。実は前回の千歳の時の動画を送って見てもらったら「速く歩きたいという気持ちが強すぎてフォームに力みがあり脚の運びがスムーズでない」という点を指摘されたので、遅くなっても良いから大きく歩くことをポイントに歩いてみました。

後から動画を見比べたら、千歳の時より力まず少しスムーズになっていたように思います。

20分切れなかったのはちょっとガッカリだけど、ここは我慢しないとですね。短い距離だとなかなか難しいところですが、10キロや20キロになれば大きく歩けるようになれば違いが見えてくるかなと思います。

 

結局今回は天気が悪く車で行ったし、YANCOさんのエントリーした5000mのスタート時間が遅かったので気になる店には行けず残念でした。来年のおたる運河ロードレースの時にでも行ってみます。

この間走る方は今日の1500mで終わりと書いたけど次の日曜はリレーマラソンだったのを忘れてました。昨年は3位だったけど今年はどうなるかな??

またもやビッグニュース!

一昨日の記事に朝原宣治さんがマスターズ陸上に登録し世界選手権に出場と書いたばかりですが、今日入ってきた情報によると何と8月5日に旭川で開催の北海道選手権にエントリーされたそうです。理事長が直接確認したところ怪我等が無ければ参加するとのこと、楽しみです!

情報源: 北海道マスターズ陸上競技選手権エントリーについてのお知らせ | 北海道マスターズ陸上競技連盟

マスターズ陸上のビッグニュース2つ

1つめは10日ぐらい前のニュースなのでご存知の方も多いと思いますが、あの朝原さんが今年9月にスペインで開催される世界マスターズ陸上競技選手権に出場。武井壮さんらとM45クラスの4×100リレーで世界記録を目指すとのこと。

2008年北京五輪陸上男子400メートルリレー銅メダルの朝原宣治さん(45)が、今年9月にスペイン・マラガで行われる世界マスターズ選手権で10年ぶりに“現役復帰”すると発表した。MBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(毎週水曜日午後11時56分放送)で明らかにした。

情報源: 陸上:朝原宣治さん“現役復帰” 世界マスターズで – 毎日新聞

 

マスターズ陸上の4×100リレーでは何年か前から、この方が中心となり世界記録更新を目指して頑張って来たようです。

情報源: 譜久里凱旋、悲願達成 世界マスターズ陸上男子400R金 – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース

朝原さんがチームに入ったことで期待が高まります。マスターズ陸上の知名度アップになりますね!

 

2つめはこの週末開催されていた陸上の日本選手権に選考方法等詳細はまだ決まっていないようですが来年はマスターズ種目が開催されるそうです。

情報源: 公益社団法人日本マスターズ陸上競技連合

まだ都道府県により対応にバラつきがありますがマスターズ陸上に参加するためには陸連登録必須になりました(北海道は来年から陸連登録必須になります)今年から全日本選手権に出場は陸連登録必須になります。当然登録料も上がるから、こういうメリットはあると良いですよね。

速い人はこの日本選手権出場が大きな目標になってモチベーションも上がるんじゃないでしょうか?継続されれば昔競技やっていたトップ選手がマスターズ陸上で復帰というのが増えて面白いかもしれません。