Category Archives: 音楽

CHICK COREA TRILOGY featuring CHRISTIAN McBRIDE and BRIAN BLADE

昨日はhitaruへタイトルのライブへ行って来ました。

予習にツアータイトルのCDも去年買ったのに何度か聴いたものの、3週間ぐらい前にパソコンから音が出なくなり、ライブ前の予習が出来ませんでした(T_T)

今回は真ん中の4列目。いい場所でした。しかしオーケストラピットの上って、開演前に人が歩くと揺れるんですよね。最初地震かと思いました(^_^;)

チック・コリアは77歳。髪は白くなったけど、相変わらずお若い!しかし途中休憩が15分あった。

今回注目したのはドラムスのブライアン・ブレイドです。

Blue Note TOKYOより

素人だからよくわからないんですけど、前の方の席だから細かい所までよく聴こえて感じたのかもしれないけど、とっても繊細なプレイが多くて好感が持てました。

あとチック・コリアもクリスチャン・マクブライドもhitaruが良いホールだと言っていました。クリスチャン・マクブライドはグレートでパラダイスと言っていました。

今回通常のライブは初めてでしたが、hitaruがプレイヤーから高評価を得ているようで良かったです。

そして何と今晩、幕別でライブやってるんですよね~。なんでまた幕別に?と思うけど良いですね~。うらやましい。今日は天気が良かったし、3人が十勝ツアーをエンジョイしてると良いですね。

 

ライブが終わって帰ろうとしたら、すぐ後ろの席にYANCOさんのクロカン仲間のM先生親娘が。びっくりでした。親娘でライブに来るなんて仲が良いんですね。Mさんによれば北広島の
Café ‘S Monkにも時々いい人が来るとか。

開店してからずっと気になっていて、去年はマラソン仲間の娘さんがジャズ・シンガーで出演と聞いて行こうと思ったのに結局まだ一度も行ったことがないのでした。

ちょっと敷居が高いけど今度行ってみようかな。

元旦競歩出場の為、大晦日から2泊3日で東京へ行って来ました。

レース結果は良かったし、それ以外にも色々楽しめ、遠征旅行満喫出来ました。

行きの飛行機からは雲海の中に日高山脈が見えました。

 

東京到着後、大門に近い東京グランドホテルへ。2時からチェックインでしたが30分早く着いたけどチェックイン出来ました。

ロビーにはお正月飾りが設置されていました。

このホテル、曹洞宗関係者のホテルみたいで古いけどビジネスホテルではありませんでした。シングル1泊1万ほどで高いと思ったけど年末年始の東京はホテル代が高くて予約出来る所も少なく、神宮外苑まで大江戸線1本で行けるここが一番良かったので仕方ありませんでした。

早速着替えて翌日の大会会場、神宮外苑へ。

銀杏並木は冬枯れ

 

変わった雲。右に見える建物がスタート会場にある絵画館

 

新国立競技場はだいぶ出来ていました。

 

ここを2周歩いて400mの流し2本で終了。ちなみに大会コースは車道のため、1周1350mになります。

 

表参道の清水湯へ。

混んでいて、想定外の順番待ち。大晦日の夕食前の時間帯で1番混むのかも。それに今は混雑が多いのかランナー対応しない旨の貼紙がありました。東京長期出張で滞在した10年以上前とは状況が違いました😅

ささっと入ってホテルへ戻り、次はブルーノートへ。行く前にこちらのサイトの情報を参考とさせていただきました。

情報源: 庶民による庶民のための「ブルーノート東京」攻略法 – キジログ@愛

 

表参道駅が最寄りだから、銭湯からそのまま行けば良かったんだけど、さすがに風呂上がりのスッピンでウインドブレーカーいうわけにも行かず…

そうしたら以外と時間かかり、開場時間ギリギリになり焦りました。

 

表参道駅からブルーノートへ向かう道は意匠に凝った高級ブティックが並び、止まってる車は外車かレクサスみたいな感じ。大晦日だから殆ど閉店してましたが。店内作業中らしきプラダのビルのは照明が点いていたので一際目を引きました。

どなたが設計したんだろうと調べてみたらこんな記事がありました。この通りは国内外の有名建築家が設計したビルが立ち並ぶ通りなのだそうです。

 

駅から徒歩10分ほどでブルーノートへ到着。年末で私みたいな観光客が多いのか玄関前で写真撮ってる人が結構いました。

中に入るとたくさんのプレイヤーの写真があります。

地下に降りていくと受付があり、名前を告げてチェックインします。私は自由席だったのですが、ネットでチケットを購入した時に整理番号が付与されておりレコード型のチケットを受け取ります。

指定席の客が入場後、自由席の客が番号順に案内されます。初めて来たので案内する人のオススメ、ステージ正面より少し右側の席にしました。

1人で来ると混んでる場合は相席になります。

相席になった方も私はより少し若いぐらいのお一人様女性だったので、開演までの時間、食事を摂りながらお話出来て良かったです。

 

ちなみに食事ですが、とっても高くて、画像のハッシュドビーフとスパークリングウォーターで3000円以上です。もちろん美味しかったですけど。庶民はお酒1杯程度にしておいた方が良いですね(笑)

 

2013年2015年に札幌でのライブを見に行った、ベーシストのマーカス・ミラーとスペシャルゲストのバタースコッチという女性シンガーのライブでした。

小さな会場だったので、ベースやドラムの音が腹にズシズシ来ました。札幌ライブの時は札幌市民ホールの最前列でしたがそれ以上だったような。

バタースコッチはちょっと変わった歌手で、スキャットになるのかな?楽器みたいな口笛みたいな声で歌う方でした。まんまこの動画の演奏でした。

 

ラストはマーカス・ミラーの代表曲Blastでした。

自分みたいな貧乏人が行く場所じゃないけど、また好きなプレイヤーが来たら行ってみたいです。

相席の女性によれば丸ノ内のコットンクラブも良いらしい。ブルーノートよりディナーメインらしいですが(それだけお金かかるってことだけど)

こんな感じで初日が終わりました。

OLD NEWS CHAR 2018 TOUR in Sapporo

昨日はZeppに2年ぶりCharのライブへ。

19時からだと思い込んでいたらYANCOさんに言われて確認したら18時半~だった。危ない危ない(^_^;)前回3時間コースで帰りが遅くなったから30分早めたとかないだろうか?

今回は前半1時間ぐらいアコギでのラテン系でした。最初サンタナの曲かなと思ったりして雰囲気が似てました。

それで思い出したけど実はCharの曲を聴くようになったのは函館のマラソン仲間と飲み会で音楽の話をしていて(その人もロック好き)サンタナが好きだったら、きっとCharも好きになると思うと言っていたんです。その時はそれで終わったんですけど数日後にラジオでこの曲良いな~っていうギターのインストゥルメンタルの曲が流れていたんです。それがCharだった、そんな出会いでした(笑)

Charが良く演る決まったフレーズの中に色々な曲のサビを入れて、どんどん会場を盛り上げていくのが楽しかったな~。澤田さんもウッドベースで、キーボードの人は(佐藤準さんではない)アコーディオンを演奏していました。

そして後半はいつものグルーブ感とパワフルなプレイ。新曲から昔の曲まで色々でした。「おじいちゃんを働かせるな!」と言いながらアンコール5曲ぐらいはプレイしてくれましたよ。また3時間近くでした。外見は年取ったなと思うけどギターは衰えを感じさせませんでした。

↓これが今回のツアーの野音での動画です。昨日のライブも後日ストリーミング配信されるようです。

 

ライブの後はZeppのすぐ近くのバジルバジルに行ってみたんだけど、この週末は忘年会など飲み会のピークだったので満席では入れませんでした。それで札幌駅アピアのエビスバーで、時間も遅かったから軽く飲んで食べて帰りました。

肉料理は「生ラム肉の陶板ヱビスビール蒸し」という料理で、ジンギスカンよりあっさりしていて食べやすかったです。家で適当に真似して作ってみたいな。

明日はエリック・クラプトン~12小節の人生~見に行って来ます♪

SAPPORO CITY JAZZ 冬 ロン・カーター・トリオ

今年は夏のテントライブが開催されなかったのですが、10月にオープンしたhitaruにてテントライブと同じ感じで飲食しながらライブを楽しめるTHEATER JAZZ LIVEが開催されてます。

以前の記事にも書きましたが12/18渡辺香津美と12/19ロン・カーター・トリオ両方行きたかったのですが、そういうわけにも行かず、ロン・カーターの方にしました。

hitaruの舞台上にステージと客席があるのでチケット販売数が非常に少なくて発売開始時間には、なかなか先へ進めず、進めたと思ったら前の方の席は売り切れ、カウンターシートの最後列を何とか買うことが出来ました。でも結果としてはこれが正解!

最後列と言ったってこんな感じでステージから近いです。それに人の出入りが少なく落ち着いた雰囲気で観賞出来ました。これなら一人でもOK!次回また機会があったらカウンターシートにしようと思います。

飲食は森彦とタイアップした内容でした。でも開演が19時半~で少し遅かったのと多分高いと思ったので近くで軽く一杯引っ掛けて、ここではワインとおつまみ、森彦のコーヒーだけでした(笑)

ロン・カーターは2007年にハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターとのライブ以来の来札じゃなかったかな?その時も行きました。

演奏している時は年齢を感じさせないけど、話を聞いているとやっぱりお年を召してる方でした。演奏はドラムがないのでちょっと物足りない感じでした。

ラッセル・マローンもソニー・ロリンズと一緒に来た時よりはあまり前面に出てない感じだったかな~。でもレジェンドのプレイを聴けたし(81歳なので恐らく札幌ライブは最後になるのでは?)ちょっとブルーノートに行った気分も味わうことが出来ました。

明日はZEPPでCharのライブです♪

それと元旦にブルーノートで何かライブやってないかと思って調べたら元旦はお休みだけど大晦日にマーカス・ミラーのライブが!またとないチャンスなのでチケット買ってしまいました。まあ競歩は12時半スタートでゆっくり出られるから飲まなければ大丈夫だろう(笑)

今日は午後休みを取りhitaru施設見学会に行って来ました。

この見学会、hitaruのメンバーズ限定で300名が参加出来るのですが何と3000名以上の申し込みがあったそうです。平日だし、そんなに申込者が多いとは思っていなかったので当選して、とてもラッキーでした。

1階にはMORIHICOがありました。以前、円山の方の店に行ってみたことがあるのですが満席で入れなかったので、この機会に入ってみました。マシンドリップの本日のコーヒーが500円だったけどせっかく来たのでハンドドリップの季節のコーヒー680円(外税)にしました。温度がちょうど良くて多分今まで外で飲んだコーヒーで一番美味しかったです。

 

エントランス。撮り方ちょっと失敗だった(^_^;)

 

施設見学会全体の流れは

  1. 施設の説明、デモンストレーション
  2. ステージや楽屋の自由見学
  3. 音響反射板のセッティングの間、施設紹介ビデオ観賞
  4. 藤女子大学・准教授、新海節さんのピアノ演奏

というものでした。

8月の開館準備トレーニングに行った時は音響反射板が降りた状態だったので、奥の部分は知りませんでした。来週行くロン・カーター・トリオのライブは恐らく奥がステージで手前のステージが客席になると思います。

 

ステージから客席を見たらこんな感じ。チック・コリアはライブの時にステージから客席撮ってるんだけどこんなふうに見えるんだね。

この椅子も事前にモックアップを作って列によって見やすい角度になるように角度を変えて作ってあるのだとか。長時間座っても腰が痛くなったりしないそうです。

 

当たり前なんですが天井がすごく高い。天井クレーンも設置されています。

 

赤っぽく見えるのが昇降式の音響反射板。公演内容によってセッティングされます。

 

天井の照明を下げた状態

 

 

オペラカーテンを動かしてくれるんですが、動画は上下させるのとオペラカーテンの開け方です。その他に普通に左右に開くのと3種類の開閉が出来るみたい。

 

中楽屋

 

大きな荷物用エレベーターが2基あります。

 

見学者がステージから降りた後、音響反射板が天井からゆっくり降りてきてセッティング開始(20分ぐらいかかるとのこと)その間に札幌市民交流プラザの紹介ビデオを観賞しました。

最後のピアノ演奏は誰でも知っている5曲を演奏していましたが、やっぱりクラッシック系を聴くと眠くなっちゃいました(^_^;)

ご一緒したGOさんのブログで音響反射板がセッティングされた状態や、ステージからの動画がアップされてます。

http://gogorunning.jugem.jp/?eid=3059

 

このような見学会は初めてだったので面白かったです。

 

そして来週水曜はこのメンバーでのライブです。ステージ構成もつかめたしワクワクするな~。

3月はチック・コリア

hitaruのメンバーズに登録すると会員先行予約の案内メールが届くのですが、3月にチック・コリアが札幌に来るんですよね~♪

https://www.sapporo-community-plaza.jp/event.php?num=239

昨年はノースジャムセッションでスティーブ・ガッドと、2013年はスタンリー・クラーク、2010年はメンバー覚えていなかったのですが調べてみたら、来札するのは、その時のユニットでした。

予習にこれ予約注文しました。

それからhitaruの会員先行予約でチケット買ったのが初めてだったんですがネットで座席指定して買えるんですね。道新プレイガイド自体がそうなったのかな?それって良いですよね。お陰様で真ん中ブロックの4列目買えました~♪楽しみ!

 

今日は神奈川からクジラさんが来札で、そうらんさんと3人で夕張観光ランの予定だったんですが、クジラさんのスケジュールの都合で飲み会だけになり明日に延期になったんです。でも今朝起きたら北広島も雪が5センチ程度積もったので、どっちにしろ走れなかったかな。

冬靴の足慣らしに競歩2キロ、膝伸ばしを意識したウォーキングで1キロ歩きました。風向きによっては岩見沢方面から雪雲が来そうな感じでした。結局その後まとまった降雪はありませんでしたが。

夕張、バイクに乗っていた頃はツーリングで何度か行ってましたが、直近はずっと前に1回だけ開催された夕張を元気づけるためのイベントハーフマラソンを走りに行ったきりなので、行きたかったな~。残念。

この秋・冬見たい映画2本

最近、スカパーでシネマタイムという映画の紹介番組を見るのですが、この間ディバイン・ディーバという映画が紹介されていました。

トランスジェンダーの歌手達のドキュメンタリーのようです。実は特に興味があったわけではなく番組をパソコンをやりながら聴いていました。

シネマタイムは劇場予告編より、多くのシーンが放送されるのですが、多分予告編でマイ・ウェイを歌っている歌手だと思いますが、その人の歌が聴こえてくると、思わず惹かれてしまいました。札幌では10/6~シアターキノで上映。ぜひ行きたいです。

もう1つ、これも音楽系の映画です。エリック・クラプトン-12小節の人生-

これは自分的には絶対見逃せない映画です。札幌ではスガイで上映予定なのですが日程はまだ決まっていないようです。忘れないようにしなければ!

 

 

この間記事に書いたサッポロ・シティジャズ、結局メール会員の先行抽選はどっちも落選(泣)

今日チケットぴあの先行抽選で何とかロン・カーターの公演チケットGETしました~。しかし狙っていた前のブロックのフロアシートは開始直後エラーでアクセス出来ず数分で売り切れ、一番後ろのカウンターシートが購入出来ました。舞台上に設営の席だから距離的には近いので、あとは見やすければ良いのですが

開始10分ぐらいでロン・カーターと渡辺香津美の公演はSOLD OUTでした。。座席配置で数えたら408席しか無いんだもんね~。買えたのはラッキーだったかも。10月に一般発売がありますが渡辺香津美はまだ機会はあると思うので今回はロン・カーターだけにしました。

テントライブの時と同様に飲み食いしながら聴けるようなので、それも良いですね~。同じ週の金曜日にはCharのライブもあるし今から楽しみです♪