1日散歩きっぷで函館本線→室蘭本線プチ旅行1

函館線の長万部~余市間の廃線は決まっていましたが、ついこの間、余市~小樽間も廃線が決定しましたね 😥

倶知安⇔長万部間は一度も電車で通ったことが無いので1日散歩きっぷで小樽先回りの函館本線→室蘭本線→千歳線をぐるっと周りました。

ちなみにその逆回りは長万部⇔倶知安間が1日7往復しか無い関係で帰りがすごく遅くなってダメでした。

北広島発で最も早く乗れる倶知安方面行きの列車は小樽8時6分→倶知安9時20分

電車新しくなったんですね。途中すれ違う電車も全部同じ型の車両でした。せっかく新しい車両になったのに8年後には廃線なのか~ 😳

この電車は長万部まで直通ではありません。長万部まで行くのには倶知安、蘭越で乗換が必要です。

事前に調べましたが蘭越で下車すると次の電車まで2時間半以上あることが判明。

それなら1つ手前の昆布で下車すれば駅前に温泉があるので時間つぶしにちょうど良い 😉


倶知安では乗換時間が30分しか無いので駅前で写真を撮るぐらいでした。

駅構内にはまだこんなに雪が残っていました。

 

曇りだったけど羊蹄の山頂が見えました。

手前のホテル、昔出張で数週間滞在したことがあったけどホテル名が変わっていました。(昔はホテルナンコウという名前だった)

当時は部屋に冷蔵庫が無くて不便だったけど今は設置されているみたい。

 

去年来た時は気づかなかったもの

 

蘭越行きの電車がやって来ました。

 

途中の車窓から。

比羅夫駅、初めて見ました。山小屋風の建物なんですね。

 

羊蹄山と融雪剤の撒かれた畑

 

一瞬、なんか古い発電所があると思って慌てて写真撮りました。

尻別第一発電所

後で調べたら王子製紙の尻別第一発電所で何と1921年に出来たものだそうです 😮 経済産業省の近代化産業遺産にも登録されているそうです。

今度車で近くに行って写真撮りたいな~。


ニセコ駅で大半の人が下車しました。(電車が1両編成だし、2021年度最後の1日散歩きっぷ利用週だからなのか混んでいた)

 

倶知安駅から30分ぐらいで昆布駅に到着。右写真、左奥に見える建物が幽泉閣。

それでは早速、幽泉閣へ。右は前回来た時、撮り忘れたマンホールデザインの玄関マット。

比較的空いていたのでのんびりすることが出来ました。

温泉のレストランでビールとハムエッグカツカレー。単品のツマミ系がメニューに無くてやむを得ないセレクトでした。

後から気づいたけど1日10食限定の入浴と食事のセット(1100円)が良かったみたい。失敗した 🙄

ビールがすごく美味しく感じました。

 

電車に乗る前に、駅の隣にオープンしたばかりのカフェがあったので行ってみました。以前は観光情報センターだったようです。

 

カウンター席もあり(上の写真の花が並んでいる部分)1人でも入りやすいと思います。メニューはドリンクとソフト、サンドウィッチなどの軽食だったと思います。

5号線沿いなのでドライブの途中に寄るのに良いと思います。恐らく観光シーズンになったら混むのではないかな ❓

 

そうそう、忘れてはいけない。去年来た時には発見しなかったマンホールがあったのです。

蘭越町 マンホール

蘭越町

つづく

1日散歩きっぷで函館本線→室蘭本線プチ旅行1” に対して3件のコメントがあります。

  1. 温泉とのセットは残念でしたが、ビールが美味しければ問題なし?かな??(笑)

    そういえば、先日、びっくりドンキーに小樽ビールを飲みに行ったんですよ。
    なのに、ビールの提供がなくて、ノンアルコールになりました。。。
    普通のと黒を飲みましたが、なかなかよかったです。
    ますます小樽ビールが飲みたいという気持ちが増しました(^.^)

    1. NAOJI より:

      普通の黒ラベルだったんだけどなぜかとても美味しかったです。
      びっくりドンキー、ビール扱ってない店舗があるんですね。道外だから?こっちはだいたい扱ってると思うけど、残念でしたね。ぜひ小樽倉庫に飲みに来て下さい

      1. 多分、時期的なものだと思います。
        メニューには載ってるのに、「今は提供してません」シールが貼ってあったので…。まん防でもほとんどのお店がお酒を提供してたので、驚きました…。
        はい、小樽倉庫で飲みたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。