胆振かけ橋カードとマンホール探しの旅1

かけ橋カード、5月に豊頃町のハルニレの木を見に行った時に近くにある茂岩橋がきっかけで知りました。

全部で31枚なので割と集めやすいかな~(現時点で7枚集めた)

日曜日は有珠山SAでもらえるカードがあるので、そこまで行ってから下に降りて伊達、室蘭から自宅に戻る帰り道に寄れる所を探してみました。

天気は良かったですが、とても暑い日で、太平洋側へ行ったら少しは涼しいかと期待したんですが30度以上あったみたいで、車外に出たら暑かったです💦

有珠山PAより、左は有珠山と昭和新山、右は駒ヶ岳かな?この方角から見るとこんなふうに見えるんですかね?

PAの売店でカードをもらい有珠駅へ。ここも昨年行った秘境駅の小幌駅と同様、人間横断用の遮断機がありました 😮

有珠駅近辺で伊達市のマンホールGET!左はよくあるパターンの市章とか入ったデザインのであまり集めてないけど小型蓋で桜のマークが目立ったので撮って来ました。伊達ハーフに行った時に気を付けて見たことはあったけどデザインマンホールは無かったんです。ネットの情報で見つけることが出来ました。伊達も白鳥の飛来が多い所なのでしょうか?


近くに有珠善光寺があるので行ってみました。

お寺の前は有珠湾という小さな湾で風光明媚な場所に感じました。上のマンホールのデザインに海水浴があるのも、もしかしたら有珠湾が穏やかな海だからなのかも?

 

有珠善光寺は江戸時代に建立されたお寺だそうです。

お地蔵さんが迎えてくれます。

そして境内のあちこちで咲いているアジサイの花がきれいでした。

こちらが本堂。茅葺屋根が素朴な感じの建物でした。現在はコロナ感染拡大防止のため中には入れないそうです。

境内にはアジサイの他、立派な大木がありました。

伊達市にはマラソン大会で訪れるだけで、他の場所には行ったことが無かったですが、こんな北海道らしからぬ場所があるんですね、知らなかった。

この後、室蘭へと向かいました。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。