炭鉄港カード(室蘭)2

駅から港沿いを走るつもりだったんだけど道を間違って1本山側の通りを走ってました。

途中にあった古い建物。会社として現役で使用されているみたい。屋根の下の真ん中に住友系かと思わせる井桁のマークがあります。元々は住友資本が建てたのでしょうか?


いくらも走らないうちに、急にお皿の周りが痛くなりました。昨年のフードバレーとかちマラソンの時に似た症状で神経痛みたいにカクっと痛くて走ったり歩いたりみたいになってしまいました 😥

港沿いの道に出て「明治天皇御乗艦御聖跡碑」を探してみます。想像していたより地味だったせいか見落として通り過ぎてしまいました。以前は別な場所にあったそうで道路の拡張工事に伴い移設されたのだとか。室蘭市内には明治天皇が訪れた時の記念碑がいくつか存在するようです。

次は旧三菱合資会社室蘭出張所へ

見落としてちょっと迷い山側の住宅地へ行ってしまいました。坂がきつい💦

こんな石造りの集合煙突の建物がありました。外壁の腰壁部分が石積み。煙突横の小屋根部分のデザインが特徴的。これも使用されているようですが状態良くないですね。


うろうろしていたらマンホール発見 ❗

小雨がぱらついていたのできれいに撮れてないけど。左から象(消防士の帽子を被った象が火を消しているデザイン)、室蘭市のマスコットくじらんのデザイン、白鳥大橋のデザイン(マンホールカードになっている)。白鳥大橋のカラーマンホールは展示だけで路上に設置されているものは無いみたい。


やっと見つけた、旧三菱合資会社室蘭出張所。

地図のイメージでは港大通から曲がった所にあると思っていたんですが通りに面していたんですね。この建物も結構傷んでいて、実はこの角度からは見えない方の2階の窓ガラスが割れていました。土日祝休みですがキャンドルショップが入っていて歴史展示室があるらしいです。


次に1本山側の室蘭中央通りへ。

室蘭駅、少し離れて撮れました。

山側を見たら立派な鳥居の神社がありましたので行ってみました。

 

木で遮られていなければ見晴らし良さそうです。

 

立派な本殿。漂着したクジラを売ったお金で建てたそうで「鯨八幡」とも呼ばれていたとか。

つづく

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。