炭鉄港カード(三笠)3

次は炭鉄港カードになっている幌内変電所へ向かいました。

鉄道村の前の道路を奥へと行きます。

幌内炭鉱景観公園があります。

左の案内板を見ると整備された公園みたいな印象を受けるかもしれませんが、確かに遊歩道は整備されているようでしたが、狭い砂利道を行くと鬱蒼とした森の間に、古い構造物が見えます。看板に1周見て回るのに30分~1時間と書いてあったし、熊が出て来そうな所で、そんな装備もしていないので道路沿いに建っている幌内変電所と神社だけ見学しました。


幌内変電所。公園の一番奥にあります。夕張から歌志内まで大正時代に送電線が設置されたそうで、こんな山奥にすごいなと思いました。


こちらは変電所の隣にある幌内神社。苔むした石段を登っていくと鳥居が見えました。

しかし建物は無く、倒壊したのか屋根の一部だけが残っており、社のあった場所に石碑が建っていました。狛犬も苔むして寂しげでした。

しかし、昔の写真を見るとかつては、お祭りもあって賑わっていたようでした。1882年に榎本武揚が訪れたとは、そんな頃から、ここに神社があったことに驚きました 😮

 

つづく

 

 

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。