日高かけ橋カードとマンホール探し2

最後の予定は今年新たに発行された安平町のマンホールカードをもらいに道の駅あびらへ。

17時数分前に到着したら蛍の光が流れていたので嫌な予感。営業時間が17時までだったのでもらえませんでした 😥

屋外に展示してある特急おおぞらと路面設置してあるマンホールの写真は撮れました。通常であれば車内見学が可能だそうですが、札幌市がまん防の適用を受けた影響で公開中止となっていました。


安平町は近くなので、また次の機会にと考えましたが、翌日千歳の指宿公園で競歩の練習をした流れで、安平町のレストランみやもとで昼ご飯食べることにして、再訪。

カードをもらい、昨年来た時は冬期間閉鎖中だった鉄道資料館を見学しました。

展示用の蓋がありました。

屋内展示のD51とディーゼル機関車

 

これらも懐かしい。前に書いたことがあったと思うけど、幼稚園の頃に現在の新夕張(旧紅葉山)に行くので岩見沢から室蘭本線に乗換え、追分で夕張線に乗換えて、紅葉山の1つ先の支線の駅が楓だったのでした。楓と登川という駅名は覚えていました。

 

キハ183系(屋外展示している特急)の座席。これは乗ったことがないから懐かしいとは思わなかったけど。貧乏だったから子供の頃、特急に乗ったことが一度もありませんでした。

 

今回の成果。翠明橋は国道236号線(天馬街道)に架かっている橋で配布場所からは遠いので実物を撮ることは出来ませんでした。安平町のマンホールカードは人気ありそうな感じ。


次の予定は秋にニセコ方面へ行こうかと考えています。

おわり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。