大正湯

 

函館市弥生町14-9

函館ハーフに行った時はいつも谷地頭温泉に入っているのですが、レトロな銭湯の大黒湯と大正湯に一度行こうと思いながら、大黒湯の方は廃業になってしまったので、今回は必ず大正湯へは行こうと思っていました。

市電函館どつく前で下車して坂道を登っていくと、何となく銭湯の匂いがしてきて、銭湯帰りの人が歩いていたので場所はすぐにわかりました。

建物の外観が良いですね。中に入ると昔ながらの番台があって料金を払う形式。番台のおばさんが感じの良い人でした。同じ名前でも札幌のは感じの悪いオヤジだったりして二度と行きたくない銭湯ですが…

内部の写真が無いのが残念ですが格子天井にシャンデリアが取り付けられていて、レトロな造作となっていました。

こちらが比較的内部の様子がわかるかなと思います。懐かしい体重計や編んだ丸い脱衣かご、それから椅子に座ってカバーみたいなのを被せて髪を乾かすドライヤーもあり、実際に使ってきました(髪の毛が爆発しましたが)

映画のロケにも使われているようで、その時の写真やサインも貼ってありましたよ。これからも続いて欲しいものです。

周辺にも古い建物があり十字街まで散策しながら帰りましたが、高齢者が住んでいると思われる古い住宅が多く、寂れた感じもあり、この町並みがあと10年20年経ったらどうなるのだろうか心配になりました。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

30キロ走