上川かけ橋カードとマンホール探し1

昨日は上川方面のかけ橋カードとマンホール探しに行って来ました。

しかし事前に確認したところ、配布先が休業している施設もあり、カード類は2枚しか集められませんでした。

緊急事態宣言これで最後にして欲しいですね。


まずは高速でピューっと鷹栖インターまで。

そして鷹栖町へ向かいました。

鷹栖と言えば、20年近く前だと思うけど「健康をさがそうたかすジョギングフェスティバル」に出場のため一度だけ行ったことがあります。その時は終わった後に比布で温泉に入ってイチゴ狩りして帰ったような記憶。一緒に行った、ごかさん元気かなぁ…

町のイメージは農業が盛んな所で旭川市のベッドタウンでもあり、特産品がトマトジュースのオオカミの桃。

役場前の通りに色々ありました。町のマスコットキャラクター「あったかすくん」のデザイン。あったかすくんの笑顔にほっこりしますね。

他にもこのような材質の色々なデザインの蓋がありました。が、残念なことに傷んでいる物が多かったので一部だけ保存しました。

オオカミの桃、買って帰ろうと思ったけど売っていそうなお店が市街地では見当たりませんでした。


次に比布町へ向かいました。

役場前の道路にありました。町のマスコットキャラクター「スノーベリーちゃん」のデザイン。街灯も特産品のイチゴをモチーフにした物でした。

次に比布駅へ向かいました。

平成28年に町の施設として建替えられたそうです。駅舎の前には国鉄時代の駅名標が展示されていました。両隣の駅は現在は廃止されたそうです。

入口には比布町が一躍、全国に知られることになった、ピップエレキバンのCMに出演した樹木希林さんの撮影時のエピソードなどが展示されています。

それによれば、撮影時午前中に一本しかない急行列車が通過する瞬間を狙った撮影で失敗すると夕方まで待たなければならなかったとか。緊張感で後から見たら自分の顔が真剣で笑えたそうです。

駅自体は無人駅ですが駅舎内は特産品の直売やカフェがあります。地元らしき方、何組かがカフェにいて良い感じで活用されている印象でした。イチゴは無かったので写真のトマトを買いました。

ちょうど列車が来る時間でホームに行って撮影しました。

駅の向かい側にはニセコ駅前にあった石造りの倉庫と似たようなレンガの倉庫がありました。きっと農産物を貨物車に積む前に貯蔵しておいたのでしょうね。

それと駅前通りにも石造りの倉庫がありました。周囲は割ときれいにしていますが何かに利用しているという感じでもなかったです。

 

そして忘れてはいけない、比布駅に来たのはポケふたがあるからでした。QRコードも路上にあり、読み取ると比布町のポケふたのページに飛びます。

次に旭川へと向かいました。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。