一足早いクリスマスプレゼント!

10月に受けた資格試験の合格発表が今日です。
早朝アクセスしてみると、もう合格者が発表になってました。
ドキドキして確認したら、ありました!自分の番号が!
2年間頑張って来た努力が無駄にならなかったと思うと嬉しいというよりホッとしたという気持ちの方が大きいです。

合格出来る自信も無かったし業界以外の人には知名度が低いので何の受験をしたか伏せてましたが技術士一次試験(建設部門)という試験でした。理系の大卒や 一級土木、測量士などの資格を持っていると免除になる科目があるのですが、免除にならない人は4科目全部を解答しなければならず私にとっては非常にハード ルの高い試験でした。休日4,5時間勉強は辛かったですが頑張れば出来るものですね。今年の建設部門の合格率は22%(去年は38%)すごいじゃない!> 自分:**:

この後所定の経験年数を積めば二次試験を受験することが出来、それに合格して日本技術士会に 登録すれば技術士になれます。私にはそれは職種的に無理なので二次試験は受けません。一次試験合格者も登録すれば技術士補になれますが登録はしません。転 職せざるを得なくなった時に競争を勝ち抜ける為には十分なポイントになったかと思います。何より受験するために勉強したことが自分にとっては仕事上、大変 有意義なことだったというのが一番です。

0

一足早いクリスマスプレゼント!” に対して2件のコメントがあります。

  1. くまぼう より:

    あけましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いいたします。

    表題の件、しばらくこちらを拝見してなかったので、今頃知りました。すみません。
    科目免除でもなかなか合格できない人がいる中、全部クリアとは素晴らしいです。
    友人の理学博士さんも、まじめに勉強してないのか、3回不合格です。

    何はともあれ、おめでとうございます。

  2. NAOJI より:

    くまぼうさん、ありがとうございます。
    他の部門は合格率50%以上だったと思いますが建設部門は突出して受験者が多いからなのかまじめに勉強しないで受験している人が多いみたいで合格率が低いみたいです。友人の理学博士さん、適正科目は常識問題だし自分の専門分野で受験すれば専門科目は楽勝だと思うのですが…基礎科目がネックなのでしょうかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

CHUTTA!江別店