ペットショップで買う前に

テツを引き取った今も、新たに猫を飼うつもりは無いのですが何となく気になって、しっぽの会の里親募集の犬猫はチェックしています。その中で時々、繁殖に使われていたと思われる犬が捨てられ会に引き取られていることがあります。
http://shippo-dog.seesaa.net/article/109287432.html
おそらく年を取ったり病気になったりして子犬が生めなくなった母犬が捨てられたのだと思います。何度も出産させられボロボロの状態で捨てられている犬も多 いようです。これが同じ生き物として血の通った人間のすることでしょうか?本当に見る度に悲しくなり怒りが込み上げて来ます。こういう現実を多くの人は知 らないと思います。そう書いている私も知ったのは1年ぐらい前です。だから動物を飼おうと思っている人にこういう現実があることを知って欲しかったから記 事にしてみました。

金儲けの為に高く売れる珍しい毛色の犬を作る為に近親交配を繰り返したり、劣悪な環境で犬を飼育する悪質なブリーダーもいます。ペットショップに陳列され ている売れ残った犬や猫はどこへ行くのか考えたことありますか?以前にこういった問題がNHKのクローズアップ現代で放送されました。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku2006/0606-4.html

悪質なブリーダーの儲けにならない為にも、どこの誰がどんな環境で繁殖させたのかわからないようなペットショップで動物を買うのはやめましょう。そして犬や猫を飼いたいと思っている方は出来れば、しっぽの会のような所から不幸な犬や猫を引き取って下さい。しっぽの会の場合、里親募集のコーナーがブログになっているのでRSSリーダーで更新情報を取得することが出来ます。また札幌市動物管理センターでは定期的に里親募集も行なっています。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ネコに手づくりごはん

次の記事

クラノオト 巨峰