テレワーク環境整備 第1弾

緊急事態宣言は解除されましたが、 私の職場では6月一杯テレワーク継続。その後も適した業務の人はずっとテレワークが可能になるかもしれません。今後問題点の洗い出し等があり支店ごとに検討がなされるみたい。

そんなこともあり、前々から変えたかった横長のディスプレイが置けないパソコンラック等、快適に仕事が出来るように思い切って環境整備に着手することにしました。


第1弾は手っ取り早く交換出来るマウス。これをトラックボールにしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロジクール MXTB1S アドバンス2.4GHz/Bluetooth ワイヤレストラックボール 「MX ERGO」
価格:13970円(税込、送料別) (2020/5/27時点)

楽天で購入

 

 

 

トラックボールでは本体は動かさずに親指で左側のボールを動かしてカーソル操作します。だから腕の負担が減ります。ビックカメラの通販サイトで見たら札幌店に在庫があったのでネットで取り置きして店舗に直接取りに行くことが出来ました。便利ですよね~

最初のうちは頭で考えないと操作出来ずかえって疲れました。でも慣れてくるとマウスと比べてカーソルを素早く大きく動かせます。ただ自分の場合、1週間近く使っても未だ慣れないのが左や中央のボタンを押したままドラッグする動作です。

それから電池じゃなくてUSBで充電して使うのが良いと思います。満充電で4ヶ月近く使えるらしい。これに変える前もロジクールの電池式のマウス使ってましたが、確かに電池の持ちがその前に使っていた別メーカーのよりすごく良かったです。

もう1つの特徴は好みで角度が簡単に変えられる。右側の写真ですが本体に磁石が内蔵されていて付属の金属プレートに乗せると0度or20度角度を固定することが出来るんですね。

誤算だったのが、自宅PC環境では動作が快適なんですが、リモート環境ではカーソルの挙動が違って細かい動きが苦手になります。ボールの上にあるボタンで精密モードという細かい操作用に切り替えは出来るんですが、いちいち切り替えるのが面倒なので殆ど使えません。

リモート環境を使わないYANCOさんは、マウスよりこちらの方が気に入っているそうです。


今日はやっと3キロ×5のレペティション出来ました。2週間前から調子落としてたのでペース設定はせず15キロ歩けそうな強度で歩きました(8分15~30前後)それでも後半2セットは8分30以上かかってペースが落ちましたが、先週土曜日16キロ歩いた時よりは疲労が少なかったです。今でこれじゃサロマがもし開催されていたら、きっとゴール出来なかったでしょうね💦

これから暑くなって来るし8月中旬ぐらいまでに30キロ歩けるようになれるかなぁ…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

競歩のWEB講習3回目