wiggleでお買い物

2週間ぐらい前だと思いますがNHKの街角情報室でライトが付いた手袋というのが紹介されていたのですが、ライトだけ欲しいなと思って探してみたらイギリスの通販会社wiggleのサイトにヒットしました。

自転車の通販サイトがメインのようですがランニング用品やシューズもたくさん扱っており、私がランニングウェアで愛用しているsugoiもありました。しかも円高の恩恵だけじゃないぐらい価格が安い:!:
高いのでこの冬買おうかどうしようか迷っていたFierwall220のジャケットとロングタイツが日本で買えば上下で46000円するのが何と10%off+関税10%程度で23000円ぐらいじゃないですか!迷わず買いです。

それと最初の目的だったライトも1000円ぐらいです。

ついでに夫のロングタイツ(14000円→7400円)やsugoiのウールソックス(2100円→1300円)など購入。送料は50ポンド以上注文すれば無料で1週間程度で届きました。

昔海外通販でよく買い物をしていた頃は送料節約の為に船便で注文して数週間から1ヶ月以上気長に待っていた時代から比べると隔世の感があります。

で、届いたライトですが朝ランでも今時期私が家を出る5時半頃は真っ暗なので、重宝してます。スイッチボタンを押して点滅と点灯したままの状態に切り替え らます。点滅した方が目立ちますよね。足元を照らすような効果はありませんが周りからの視認性は客観的に見てもらっていないのではっきりわかりませんけど 道路の交通標識にライトの光が当ると結構反射しているので大丈夫じゃないでしょうか?パソコンのUSBポートで20分充電すれば1時間使えるそうです。落 とさないようにストラップを付ける穴も開いています。

それからsugoiのウェアの方ですが、これも暖かくて非常に良いです。Firewall220という素材はウィンドブレーカーの様な生地とは違いジャー ジの様に伸縮性のある生地ですが風雨や寒さからガードし通気性も確保されているという物です。クロスカントリースキーをやっている方ならわかるかもしれま せんがレースウェアの上に着るオーバースーツみたいな生地の物です。

実際朝ランの時に着てみましたが-5度ぐらいだとジャケットの中は普通のロングシャツ1枚で走り始めは少し寒いけど走っている間はちょうど良いぐらいで す。ロングタイツもそれ1枚で大丈夫でした。今まではこのぐらいの気温だとフリースのジップ、その中に半袖のTシャツ。下はウィンドブレーカーの下にロン グタイツという感じでした。ロングタイツの方は裏側が起毛素材になってます。ジャケットもタイツも前身頃が防風素材で後見頃は通気性の素材なので追い風だ と寒いかもしれないですが。

一昨日は小雨だったのですが新品ということもあるでしょうが撥水性も高くこんな感じで水を弾いてます。
firewall生地
日本のメーカーは寒冷地のランナーを想定したウェアをあまり考えていないけどsugoiはカナダで北海道と同じように寒い所だから、こういうのを開発出来たのかもしれないですね。

ランニングシューズも色々扱っているので来年はちょっと冒険して買ってみようかと思っています。外国だと標準幅がBのようなのです。日本メーカーので同じ モデルが海外では幅が狭くなっているのかどうかは不明です。アシックスは海外向けにBは作っているともネットの情報で見かけましたが。

ただ靴は関税が高いようで
http://www.jetro.go.jp/theme/trade/private/info/info-2.html
革靴はすごく高いのですがランニングシューズはどうなんだろう…というのがあります。

sugoiのウェアに関してはもっと早く知っていれば良かったって感じでした。8-)

サイトの使い勝手は重い時もありますが絞込みがしやすくて使いやすい方だと思います。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

キノカフェ

次の記事

CHUTTA!江別店