Category Archives: クロスカントリースキー

第36回ニセコ連峰歩くスキー大会

今シーズン最後を締めくくる山岳コースの大会です。

10年以上前にクロカンスキーを始めた頃に1度出たことがあるので2回目です。その時と同じくチセヌプリコース15kmにエントリーしました。

この大会に出場するにあたってsakagさんのアドバイスからTelemark skiにしようと考えていました。前の週に近郊でまだ滑れるスキー場は何処かと探して近郊でもないけれどアクセスの良いテイネハイランドで試してみました。

それこそ10数年振りのTelemark skiです。躰はすっかりcross-country ski仕様になっていて、いささか古いTelemark skiの板の重さは予想を超えていました。

分かりきったこととは言えシール無しでは登坂が困難でした。鱗付きの板なら脱着不要で良いかもしれません。ターンの方もイマイチで感覚を取り戻すのにはもう少し練習時間が必要だと思いました。ということで今回もcross-country用の軽い板にしました。

9時少し前に会場に到着。辛うじて駐車場に入れることができました。受付を済ませ車の後部で着替えようとしていたら私の車の1台置いて隣のステーションワゴンに鱗付きのTelemark skiが立てかけられているのを発見しました。

話を聞いてみるとパノラマコース30kmにエントリーされてる方で、初めて出た時、このコースはクロカンというよりはツアースキーのようだったので今回はTelemarkにしたそうです。

ビンディングは最もシンプルな3ピン、靴は革靴。これぞまさしく私が追い求めていたそのものです。この大会にピッタリだと思いました。

スタート直後スキー場のそれなりに急勾配のゲレンデを延々と登っていくのは中々きついものです。ゲレンデを越えてからはバックカントリーとなり登りが続きます。それでも今日のように穏やかな天候だと高度が上がるにつれ視界が広がりシャクナゲ岳を間近に望む雄大な景色を観ると爽快な気分になって気持ちが良いです。

折り返し地点を過ぎてから、いよいよ待ちに待った下りの始まりです。と言いたいところですがコース整備の困難な山岳コースでは幅が狭くエッジの無いクロカンスキー板では恐怖の始まりでもあります。

ボーゲンで制御しようとしても、ちょっと油断すると、どんどん加速してコントロール不能になってしまうのです。そうなったらもう転ぶしかありません。

やっぱり下りはコントロール可能なTelemark skiがいいと思いました。
大会の規模は小さくなりましたが、ほのぼのとした感じがいいです。
GOAL後の豚汁は昔も今も変わらず最高に美味しかったです。
ドリップコーヒーも旨かったです。両方とも無料なんです。
雪秩父も建て替えられて綺麗になりました。硫黄の匂いの立ちこめる温泉に入る機会が少ないので、また来年も来たいな、と思いました。

 

久しぶりにニセコへ

今日はYANCOさんがニセコ連峰歩くスキー大会に出場のため、久しぶりにニセコに行って来ました。最後に行ったのが2013年に洞爺湖マラソンの帰りに倶知安駅まで送ってもらったので実に5年ぶり、比羅夫だとかリゾート地になっている方はもういつ行ったのか覚えてない、多分バイクに乗っていた頃だから15年以上前かな?

 

今朝は起きてビックリ、冬に逆戻りでした。朝里まで高速で、その先は国道393号線で赤井川村経由。

開通して10年近く経つけど今回初めて倶知安まで通りました。

道の駅あかいがわ

羊蹄山は見えていたけど写真は撮れず。

途中の比羅夫は、話には聞いていたけど、その変わりようはすごかった。

2年前は東山に外資のリゾート計画があって、その仕事をやっていたっけ、結局上司がシンガポールまでプレゼンに行ったんだけどウチは入手できなかった。この辺かな…なんて思いながら会場のチセヌプリスキー場へ到着。

私もいつだったか覚えてないけど(ブログ検索してみたけど記事が無いので恐らく2007年以前)過去に一度出たことがあるんですよね。この大会もその頃と比べたら参加者数減っているような印象でした。

本当は待っている間、五色温泉まで往復ジョグでもしようと思っていたのですが、歩道が無いしこの雪で夏靴で走る気にはなれない状況でガッカリでした。

スタート後とゴール前の動画を撮ってみました。

エッジが無く細いクロカンの板、しかもヒールフリーだしゲレンデを滑るのはとっても怖いですよ~。自分も怖いもの知らずだったなぁ、当時どうやって降りて来たんだろう??(笑)

動画には映っていないけど普通の人ならボーゲンで降りてくる所をトップ選手は普通に滑ってくるからすごいです。カッコ良かったです。

YANCOさんも転んだりして怖かったそうです。

終わった後は会場で無料の豚汁とコーヒー(その場でドリップしてた♪)をいただいて、雪秩父へ。

昔は老朽化した国民宿舎だったはずですが、建て替えられて蘭越町の施設になっているようです。白濁したお湯と露天風呂がいくつもあって◎でした。ニセコの方は出場しているマラソン大会が無いので行く機会が無いのですが、また行きたいなと思う温泉でした。

帰りは赤井川村にある山中牧場の本店でソフトを食べて帰りました。昔、バイクでツーリングに来た時は立ち寄ってました。ここも建物が立派になっていました。

消防車が停まっていたので何事かと思ったら消防団の人達が制服のまま店内でソフト食べてました(笑)

昔は紅茶ソフトがあったのに今は無いんですね。冬のせいかメニューはバニラとフルーツだけでした。でもここのソフトはさっぱり系で美味しいですよね。牧場ソフトの先駆けだったかも。

久しぶりのニセコ方面、本当に変わった所がたくさんでした。次に行けるのはいつになるか…

寛仁親王記念第41回丘のまちびえい宮様国際スキーマラソン

20kmコースに出場してきました。
気温−9°C 雪温−8°C 風速0m/s ほぼ快晴の素晴らしい天気に恵まれました。
十勝連峰の雄大な景色を満喫しながら心地よく滑走できました。

TIME 1時間52分59秒0 種目一般男子60歳以上 順位28位

GOAL後、宮様コース38、3kmに出場されたtonyさんは板が滑らず地獄だったと話しておられたのを聞いて
crosscountoryskiはワックスの重要さを改めて感じました。

 

第28回おおたき国際スキーマラソン

仕切り直し。昨日は試走、本日が本番です。6時に家を出て予定通り8時前に会場近くの駐車場に到着しました。
場内アナウンスでは午前8時現在、気温−12℃、雪温が−10℃。昨日と打って変わって気温が低くて北風が吹いてて非常に寒く感じました。

15km 9:30 start
マラソン大会と違ってロスタイム 0ストレス0のスタートです。

スケーティング禁止区間を過ぎてtonyさんクラスの走力のある人はここからスパートしてスピードを上げ、どんどん離れて視界から消えていってしまいました。

2km付近で何故か後ろからきていた小林さんに声かけられました。二言三言、会話をしてから余裕で抜いて行かれました。

2.5km辺りでこのコース唯一のきつい登りが4〜500m続きます。恐らくここが標高380m地点だと思います。4kmを過ぎて長流川の連なる小さな滝を見ながら、せせらぎを聞きながら緩い下りを滑走するのは、とっても気持ちが良いものです。総合運動公園に戻って7.5km。同じコースをあと一周して15kmです。

GOAL Time 自己計測 1:24:30

参加賞は温泉入浴券と木の子のセット。それとハズレ券無しの抽選でアロニアのサプリメントをGetしました。ご褒美はきのこ汁と熱々の豚串と鳥串。う〜〜ん旨いぜよ。

毎年E組(70歳以上)で優勝されている蛯名さん、昨年秋から調子の良い
tonyさん、山やで有名な坂口さん、大阪マラソンで会った小林さんに会えてお話が出来て嬉しかったです。

でも今日は仕事だったyassanに会えなかったのが残念でした。

iPhoneから送信

思い込み。。。

今日は毎年楽しみにしている、おおたき国際スキーマラソンの会場へと向かいました。

6時過ぎに自宅を出発、8時前に会場へ到着、しかし会場設営はされているのに誰もいない?!

まさか開催日を間違った?!YANCOさんが受付けハガキを見ると明日になっているではありませんか、ちゃんと「今年は開催日が12日なので注意して下さい」みたいなことを書いてあるのに(苦笑)

後から聞いた話では建国記念日に固定開催のホルメンコーレンマーチが今日だったため、近場で両方出る人も多いことを考えてなのか、おおたきの方が開催日をずらしたらしい。私も建国記念日ってハッピーマンデーだと思い込んでました。YANCOさんホルメンも申し込んでいたので今日は千歳へ行くべきだったんだ。

私は別に被害は無いので良かったのですが、YANCOさんガックシでした。そして来年はおおたき15キロ、ホルメン30キロに出るなんて息巻いてましたよ。

平昌オリンピックの前にカナダとスウェーデンチームがここで合宿していたんですね。その時に来たかったな。

せっかく来たので明日のコース下見にYANCOさんは滑りに。誰もいないコース独り占めだったそうです。自分が一番滑走なんて気持ち良いですよね。

私はいつもの通り、その間に1時間程度のジョグでした。

行きの急な登りが続くコースを我慢してキロ9分ぐらいで休まずに走り4キロに到達した所で折返しました。もっと時間が取れれば三階滝公園まで行きたかったですが…

天気は曇りでしたがYANCOさんの撮った写真にもあるように一時薄日が射して徳舜瞥山が見えました。

帰りは楽しみにしている直売所へ。

いつも大会の帰りに来るので品物が少ない時もあるのですが、今日はオープンしたばかりだったので品物が豊富だったかな。

てんねんやさんの小さなパン2種類と野菜などと冷凍のアロニアが無かったのでアロニア原液を買いました。ここ数年で増えていると思いますが大滝にも冬期間ちぢみほうれん草を作っている農家があるんですね。カボチャも今時期だとスーパーに売っているのはメキシコ産か沖縄産なので北海道産のが買えるのは嬉しいですね。

目的も果たしたので明日は私は大滝には行かず家でのんびりしようと思います(笑)

 

今シーズンの予定

航空各社の旅割が発売になったので、私の今シーズンの予定だいたい決めました。

3/18 白糠ロードレース 5キロ

4/15 伊達ハーフ 5キロ

5/13 登別こいのぼりマラソン 5キロ

5/26 マスターズ旭川記録会 3000m、1500m

6/10 マスターズ道央記録会 1500m、3000mW

6/17 おたる運河ロードレース 5キロ

6/24 きたひろしま30キロロードレース 5キロ

7/1 マスターズ小樽後志記録会 1500m、3000mW

7/29 釧路湿原マラソン 15キロウォーク

8/5 マスターズ北海道選手権 3000mW

9/2 くりやまマラソン 10キロ

9/17 恵庭マラソン 10キロ

9/23 美唄ハーフ 10キロ

10/8 マスターズ全日本競歩大会 種目未定

1/1 元旦競歩 5キロ

だいたいいつものスケジュールですが、7月久しぶりに釧路湿原マラソンに出ます。というのも旅割で飛行機代往復12600円だったことと20キロ競歩に出るなら15キロウォークは練習としてちょうど良いかなと、あと以前未舗装だった箇所も今は舗装されているようです。電車で行くよりも安い!時期的に霧で欠航の可能性もありますが、それは織り込み済みということで。

9月のロードレースは全て競歩の練習として歩きます。恵庭マラソンが初出場。

10月全日本競歩は一応20キロのつもりですが、途中の練習状態をみて10キロに変更する可能性もありです。

それから今年も行きたいと思ったけど大阪に行ったので断念した元旦競歩、来年は出場予定です。YANCOさんは今年神戸と岡山マラソンに申し込むつもりのようですが当選したら1人で行ってもらいます。東京のホテルが高いのが悩みですが…。

日程はまだわかりませんが、秋のフードバレーとかちマラソンも膝の調子が悪くなく脚が出来たらハーフに復活したいなと思っています。今年は札幌陸協の記録会にも参戦予定です。それと札幌ドームのリレーマラソンの日程がまだ決まっていないので、それによっては6~7月の予定変更があるかも。

嬉しいのはJALの花巻便の運賃が安くなったことかな、去年は33200円だったのが今年は往復23300円で行けます。仙台にピーチが就航したから、今年はピーチとけんじライナーで行こうかなと思っていたんですが、多少高いぐらいなら花巻の方が移動が楽ですからね。

 

昨日は10キロ歩く予定でしたが途中から地吹雪になり8キロで終了、風が強かったせいかいつもより疲れた感じ。午後からジムでTRX20分とヨガ50分。昨日のインストラクターはストレッチ系のポーズが多かったので私にはちょうど良かった。でも競歩も70分以上歩いたから、ものすごく疲れてました。

今朝はその疲れをずっしりと感じましたが天気が良かったので久しぶりに長沼方面へ行ってみることにしました。

下の写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんがR274の歩道は昨日の午後の降雪の後、除雪が入っていなかったし、その前に除雪した時に崩れてきた路肩の雪の塊が転がっていて、とても走りにくかったです。

千歳橋を渡って、去年発見した冬期限定の千歳川堤防上の道に行ってみたけど残念ながら途中までしか除雪されていなくて引き返し、、

でもR274は千歳橋~長沼町は管轄が違うみたいできれいに除雪されていました。天国みたいで助かった。これが無かったら途中で心折れてたかも。

で自宅から4キロぐらいで右折して千歳川の方へ向かってみましたが、人家の終わる所までしか除雪されていなかったので、ここで引き返し。バージンスノーにキツネか何かの足跡が残っていました。

それと遠くで白鳥の鳴き声のようなのが聞こえました。先月も千歳川で白鳥を見かけたので南に行かず、この辺で越冬する白鳥もいるのかな?なんて思いましたが、どうなんでしょうね。

9.4キロ走ってへとへとでした(^_^;)

帰宅してから、いつもの買い出しとユンニの湯、久しぶりにキッチン・ファームヤードに行きました。この時期だと昼でもわりと空いてますね。冬季限定の温活スープスパイスにしました。やっぱりここはボリュームがあるから単品でも腹一杯になってしまいますね。また行きたいな。

来週末はYANCOさんが久しぶりにエントリーした札幌国際スキーマラソン、転職してから冬はヒマだったんですが、今年は新たな仕事先も開拓したので2月下旬までビッチリ忙しいみたい。本人も私も完走は無理じゃないかなと思ってますが、どうなるんだか…

ずっと前に25キロに出た時は、その後からインフルエンザになったので、流行っているようだし気をつけないとなりませんね。

第7回大阪マラソン遠征

2017.11.26(SUN)2度目の応募で当選した大阪マラソンに出場してきました。

当日は薄曇りで風も無く絶好のコンディション。スタート会場の大阪城公園は紅葉が朝日に映えて、とても綺麗で印象に残りました。

前日に受付をしたコスモスクエアと同様、またもや群衆の波に揉まれることに…

まず自分のスタート位置Gブロック指定の手荷物運搬のトラックが予想より離れた所にあり探し当てるのに苦労しました。

次に預けてからスタート地点までの移動が立ち寄ったトイレの待ち時間が予想以上だったのも手伝ってスタートの締め切り時間に間に合わなくなるんじゃないかと不安になるくらいでした。数万人規模の大会は長野マラソンや那覇マラソンで経験済みですが、ここまで凄くはなかったように思いました。

私のスタート位置のGブロックはビル陰で時より吹く風が思いのほか冷たく寒かったです。防寒対策に用意していた透明のビニール合羽を整列する前に処分したのは失敗でした。走り出して身体が温まるまで着ておくべきだったと後悔しました。体感温度は北海道よりも寒いです。

9:00AM.にスタートしました。暫くウォーキング状態が続ました。ロスタイムが15分。スタートライン到達後にやっと少しバラけてきました。

陽射しが出て暖かさを感じ緩やかな下りも手伝って徐々にペースが上がっていい感じで走れていました。⒋9km付近でトイレに立ち寄りました。コースから少し離れているから敬遠されるのか意外と空いていました。ロスタイムは5分程度で済みました。

5km地点で、ふと電光掲示板に目をやると、なんと46’49’’と信じがたいタイムでした。すっかり意気消沈してしまったら何故か足の裏も痛くなってきました。

走り込み不足と硬くて粗い舗装路面のせいなんだろうと推測しつつ、そっと着地するイメージで抜重、抜重と心の中で呟きながら足を運ぶように意識してみました。すると、そのうち痛みが消えてきて周囲を見て楽しむ余裕が出てきました。

仮装している人も多かったです。海外からスパイダーマン姿で走られてる方もいらしたようです。タレントさん、お笑い芸人さん、よくTVに出られている有名人の方々をすぐ近くで生で見られてしまうんです。北海道の地方都市に住んでる人にとって、そうそうないものでした。

しかし、感動したのは、なんと言っても沿道の応援、声援が素晴らしかったことです。普段はしないのに、いつしか、こちらから進んでハイタッチをしていました。この熱い声援は最後まで途切れることはありませんでした。コースは折り返しが数多く設けてあるので、すれ違うランナーが自分より速いのか遅いのかが分からなくなっていました。

10km地点付近でサブ5のペースメーカーのグループに追いつき追抜きました。すると間もなく昨晩のアルコールの影響か、またトイレに行きたくなりました。丁度タイミング良く仮設トイレを見つけ並ぼうとしたら係員の人に此処は混んでるからこの先の方が空いてますよ、とをおっしゃるので、素直な性格の私としては二つ返事で、はいわかりました、と快く応えて、その場を後にしました。

で、この先のトイレが豈図らんや激混みで長蛇の列だったのでした。しかし待つしかないと止むに止まれず決断した私は、この長蛇の列に加わりました。こうして、ものの30秒の用を足すのに10分以上も掛かる悲惨な事態に陥ったのでした。

サブ5集団も遥か彼方に遠ざかってしまいました。それでも大勢の声援に助けられ、またサブ5集団に追い付くんだと思いました。ペースは上げないでこのまま維持していこうとも考えました。25km辺りから立ち止まったり歩く人が増えてきます。自分もペースは落ちてきてはいるものの、こうして追い越していくのは正直なところ気分がいいです。

30km付近でようやくサブ5集団に追いつくきました。すると元気にもなれました。脚も攣り気味でしたが心は折れずに一歩ずつ前へ前へと進めました。37km地点にさしかかったところで突然YANCOさ〜ん!という大きな声援が聞こえました。振り向くとNAOJIさんと声援の主、ぶらんぼうさんでした。

小さく手を上げて応えました。そこで、また力が湧いてきてサブ5は間違いなく達成できると確信しました。このコース上で唯一のアップダウンと思われる南港大橋も難なくクリアーできました。

その後はそれまで走ってきたコースを回想しながらの心地良い走りでGOALテープを切ることが出来ました。タイムは辛うじて5時間を切る位の惨憺たる結果でしたが、9月10月11月は忙しく出張続きで思うような練習が出来なくて完走も怪しい状態だったのにも拘わらず足の裏の痛みにも堪えて最後まで歩かずにGOAL出来たのは自分にとって満足のいく走りだったと想っています。

GOAL FINISHしてにかけてもらった完走メダルとバスタオルは洗練された素敵なDESIGNでした。

 

 

年が明けて2018年のクロカンスキー出走予定です。

  • 1月21日 HBCラジオ歩くスキー大会 15km
  • 2月4日 SAPPORO国際スキーマラソン 50km
  • 2月11日 ちとせホルメンコーレンマーチ 7km
  • 2月12日 おおたき国際スキーマラソン 15km
  • 2月18日 宮様国際スキーマラソン 20km

ランニングの方は今のところ白糠ロードレース、伊達ハーフマラソン出場を予定しています。北海道マラソンは仕事の繁忙期なので今年も取り止めになるでしょう。本州遠征は岡山マラソンと神戸マラソンに応募して出来れば、どちらかと言えば神戸に当選するといいなあと思っています。