自分の内側を観察する

予想はしていたけど昨日仙台国際ハーフマラソンの中止が発表されました 😥

4月からきたえーるのランニングコースが使える予定だったのに休止期間が延長になってしまいました 😥

平日早朝のスピード練習は時間が足りなくて十分な練習が出来ないし、夜は自分の練習コースは街灯が無いので暗くて危ないんですよね。

5月の陸協の5000mWに出ようと思ってますが、恐らく中止でしょう。だからスピード練習が十分でなくても、ま、良いかと諦めてます 😐


どこも屋内施設が使えない現在、雨の日が続くと行き先が無くて困るという方、読書をしたり断捨離など普段忙しくて出来ないことをやるのも良いと思いますが、こんな時におすすめなのが自分の内側を観察してみること。

私の通っているヨガスタジオではいつもやるんですよ。

例えばよく知られているこんなポーズの1つ取っても

左右の座骨がマットにどう接しているか。

突っ張ったり、緊張しているところはあるか。

呼吸にも意識を向けてみる。

鼻から入った空気が喉を通って肺やお腹に入って、出て行く時も感じながら呼吸をしてみる。

瞑想みたいなものですね。

左右差があるからといって何かをするわけではなく、ただそれを感じるだけなのですが。

 

ヨガスタジオでは、その後にヨガをやって、また最初のポーズを戻ってみて違いを感じたりするんですけどね。

 

以前紹介した最高の休息法にも書いてますが

plimsoul
1970.01.01
plimsoul
YANCO&NAOJIのページ

自分の内側に意識を向けることが脳の休息にもなるそうなので、この機会にぜひ取り入れてみて下さい。

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

好天だったこの週末

次の記事

テツが旅立ちました