南極物語

 

週1回しか出社しないので、なかなか映画館へ行く時間が無く、休日、時間がある時に録画しておいた映画を見たりしています。

先週はだいぶ前にBSで放送された南極物語を見ました。

38年前の映画なんですね。テレビで映画のCMを見たぐらいで映画館で見たことはありませんでした。

昔の映画だからストーリーはみなさんご存じと思います。

人間の都合で使役犬として連れて来られた樺太犬達がやむを得ない事情があったとは言え、置き去りにされた後、鎖をちぎって彷徨ううちに厳しい自然の中で1匹ずつ命を落としていく様は悲しかったです。

南極の厳しく神々しい映像とヴァンゲリスの音楽がとてもマッチしていたと思います。

それと出演者の多くが故人なんですもんね…。

高倉健さんも渡瀬恒彦さんも若かったし、夏目雅子さんも可憐で美しかった

故人ではないけど荻野目慶子さんなんか、まだ少女みたいな感じで。


ネットを検索してたら、こんな記事もありました。もう1匹生き抜いた第3の犬がいたそうです。図書館にあったから今度借りてみよう。


ところでタロ・ジロと言えば稚内ですよね。

YANCOさん、今、稚内に出張中でマンホール蓋探しお願いしたら撮って来てくれました。

タロ・ジロのカラーとポケふたは前に撮って来てもらったものですが、マンホールカードももらって来たって言ってました。稚内って色んなデザインの蓋があるんですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ネタが無いので…

次の記事

勿忘草