ヴィンセントが教えてくれたこと

http://www.vincent.jp/

ギャンブルと借金、お酒の不良老人、ヴィンセントの隣に引っ越してきたオリバーという少年。

転校先の学校でいじめに遭い、時給12ドルでシッターを引き受けたビンセントとの交流を描いたヒューマンコメディ。

ヴィンセント、オリバー、それぞれの家庭の問題を織り交ぜて、少しだけアメリカの社会問題を取り込んだ内容だったかな。

ハッピーエンドだったので良かったです。きっと温かい気持ちになれる映画だと思います。

 

シルバーウィークはもう1本行きます。

セバスチャン・サルガド 自分は知らなかったけど著名な報道写真家だそうです。

それから次の週末はダライ・ラマの映画、キノで上映。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

CASIOPEA 3rd A・SO・BO TOUR

次の記事

長沼温泉まで