リバーサルフィルムを電子データ化

GW中に押入れの整理していたら忘却の彼方にあったこれらが出て来ました。

昔、フィルムの一眼レフを持っていた頃、リバーサルフィルム使ってたんです。アマチュア写真家でもないのにオタクでしたね 😆

右はフィルムを映して見るプロジェクター。電源入れたら、コマを自動送りする機能が正常動作しなくなっていたけど一コマずつなら見れました。

 

調べてみたところプロジェクターのメーカー、キャビン工業は今は無いみたい(吸収合併されたようです)

FBFから聞いたところでは電球が切れたらスペアも手に入らないそうです。

 


そういえば昔、複合機を初めて買った時、リバーサルフィルムも読めるフィルムスキャナー付きのにしようか迷った末にやめたんだけど、もしかしてスキャンして電子化してくれるサービスがあるかもと調べてみました 💡

それで富士フィルムでやっていました。

注文したら回収用品が送られて来て発送すればOKみたい。

大量のフィルムを1枚1枚プロジェクターの画面で見てデータ化するものを仕訳けてみたところ何と325枚になってしまいました。クーポンコード割引でも2万5千円 😳

でも大事な思い出なので、この際注文しました。

連休明けにこれらの仕分け用品が届き、同封の伝票で返送しました。

 

富士フィルムさんなのに申し訳ないですが、私はコダック派だったらしくエクタクロームか画像のコダクロームを愛用していたようです 😆


スキャンに出したのは20年以上前の登山やツーリングの写真でした。データ化されて戻って来たら、ブログにアップしてみようと思います。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。