ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ

一昨日、この映画を見に行って来ました。

2012年、国連持続可能な開発会議でのスピーチで有名な、当時ウルグアイ大統領だったホセ・ムヒカさんの取材で現地を訪れたフジテレビのディレクターが3年間、ムヒカさんを取材し、まとめられたドキュメンタリーです。

ムヒカさんは、若い頃、ゲリラ活動家で12年間投獄されていたそうです。それでも諦めずに堪え、釈放後に政治家となり、国を良くすることに尽力し大統領になりました。

日本に一度も行ったことが無かったのに、日本のことに詳しく、昔の日本の評価は高かったです。それはなぜかというと近くに日本人の移民が住んでいて、その人達から菊の栽培方法を教えてもらったりして交流があったからのようでした。(その日系移民の方も予告編に登場しています)しかし現在の欧米に勝とうとして経済成長を遂げた日本に対しては疑問みたいなことを言っていたような。

大麻を合法化したことが有名ですが、調べてみるとその政策については国内では批判もあるようで、私も大麻の合法化はちょっと疑問です。


映画のクライマックスは2016年ムヒカさんが日本を訪れた時、東京外国語大学での講演でした。

用意された原稿を読み上げる、どっかの国の政治家とは違います。全て自分の言葉でです。学生たちも真剣に聴いている様子が映像から見て取れました。学生達に語り掛ける言葉の1つ1つが聴く人の心にグッと来るものでした。


最後に国連持続可能な開発会議でのスピーチの日本語訳したサイトがあったのでリンク貼っておきます。

情報源: ムヒカ大統領のスピーチ全文書き起こし 〜リオ+20「国連持続可能な開発会議」 | manabishare

残念ながらシアターキノでの上映は明日までなんですが、機会があればぜひ見て欲しい映画です。

【12月30日追記】

1月8日までの上映延長になりました‼️

 

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。