ヒロシマへの誓い-サーロー節子とともに-

GW中のことになりますが、この映画を見て来ました。

2017年ICANのノーベル平和賞受賞の際のスピーチで知った方も多いのではないでしょうか?(私も多分そうだと思います)

サーロー節子さんと知り合った竹内道さん(偶然、広島女学院の卒業生同士だった)の目を通して、節子さんの今までの歩みを辿って行くような内容です。


あの時代にアメリカの大学に留学出来たり海外に移住して言葉の壁が無いから、自分の体験を多くの人に語ることが出来るんだと思います。

海外で被ばく体験を語るシーンを見ても彼女のスピーチを聞いて若い学生達が目に涙を浮かべているのがすごく印象的でした。

このような人はすごく貴重な存在。

彼女無しにはICANのノーベル平和賞受賞も無かったんじゃないでしょうか?

そして彼女と行動する中で、竹内さんも自分の母がなぜ被ばく体験を話そうとしなかったのか理解出来て行くのでした。

本当に多くの人に見て欲しい映画でした。

道民的には節子さんがご主人と知り合ったのが美唄市でのキリスト教関係の奉仕活動だったというのが意外なエピソードでした。


北海道、2度目の緊急事態宣言が出てしまいましたよね。

テレワーク始めてから1年になりますが前回の緊急事態宣言が解除されてから月金出社してましたが先週からまた月曜のみ出社です。だから通勤以外札幌には行かないようにしているので映画館にもしばらく行けなさそう。

5月はいくつか見たい映画があるんだけど、中でも絶対に見逃せないと思ってるのはコレです。予告編見ただけで彼女の歌に圧倒されます ❗

アメイジング・グレイスって讃美歌だってことは知っていましたが、ネットで検索してみると黒人にとって特別な意味がある歌なのかもしれませんね。

5月28日~だから緊急事態宣言が延長されなければ見られるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。