ひまわり

 

ヘンリー・マンシーニの哀愁をおびたテーマ曲でも有名な、ひまわり。

広大なひまわり畑のロケ地がウクライナだったという。

今のこの時代だから、上映されているとニュースで知り、行って来ました。

戦争により引き離された夫婦の悲しい物語です。

最初の方は主人公の二人が短い新婚生活を送る様子がコミカルに描かれていてメロドラマみたいな感じ。

ロードショーだったら絶対見に行かないタイプの映画でした。

ストーリーにはちょっと無理がある部分もあったかな。

だけど今のウクライナで戦争のせいで別れ別れになってる家族や恋人がたくさんいるんだろうな…と思うとテーマ曲とも相まって胸が締め付けられる思いでした。


それにしても昔の映画音楽って良かったね~。

番組名忘れたけど子供の頃NHK-FMで土曜の夕方に映画音楽の番組があって、いつも楽しみに聴いていました。

ヘンリー・マンシーニの曲もよく流れていました。

映画を見てそんなことを思い出したのでした。


5/7追記

シアターキノでも6月上映決定だそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

プー横丁