Author Archives: YANCO

About YANCO

Running:マスターズ陸上石狩支部 frun所属 ski:xcski telemarkski Beer:SAPPORO CLASSIC 大好き

dscn3761

おおたき国際スキーマラソンは昨年一応エントリーはしていたのですが体調がすぐれなかったのと大荒れで雨という予報に機先をそがれ出場を取りやめたので、2年振りの出場です。

例年の如く朝6時過ぎに自宅を出発、支笏湖経由で会場の大滝総合公園に向かいました。天候は穏やかで、支笏湖周辺は例年より積雪が少ないように思いました。途中、小さなトラブルもあって少し遅れ気味で大滝総合公園に到着したのが8時過ぎでした。

何処に駐車できるだろうかと心配していたにも関わらず会場に一番近い駐車場に誘導されてラッキーと喜びました。8時半からの受付時刻が近づいてハガキを見てみると15kmのスタート時刻が11時と2年前より約1時間も変更になっていました。駐車場が空いていた訳が解ったのでした。

NAOJIさんも随分時間があるからとコース周辺のジョギングに出発して行きました。私もゆったりとウォーミングアップをすることができました。

15分前にSTART地点に行き待機していると、⒎5kmを2周するコースに変更されたという会話が耳に入ってきました。コースも変更になっていたとは…。最高標高561mにも到達する雄大な景色を満喫できるコースを滑られないのかと少し残念な気がしました。あれだけの広大なコースをサポートするのは大変だし参加人数も減って規模が縮小されたんですね。

5km手前にきつい登りが1箇所あるくらいのXCスキーコースとしては楽なコースになりました。自己計測1:19:45でGOALしました。

お楽しみ抽選ではアロニアのサプリメント定価3800円をGET。参加賞のきのこ汁で暖まり、豚串、行者にんにくウインナーでお腹も満腹、気持ちも満足しました。おおたき国際は規模が縮小されましたが、来年もまた参加したい大会ですね。

初参加ホルメンコーレンマーチ

今日は千歳市民歩くスキーの集い、ちとせホルメンコーレンマーチの7kmに出場してきました。

建国記念日に開催されるこの大会、祝日が休みではない会社勤めの頃の身には縁の無い大会でした。

初めて出てみて、歴史と運営の良さを感じました。
コース自体は広くないですが起伏も少なく距離も短く程良い参加人数のせいか気持ち良く滑ることができました。

日程のことも考えずにエントリー、33kmは今の自分には無理だと思って7kmにしたのは正解でした。
明日はおおたき国際スキーマラソンの15kmだったのです。

ゴール後、スポーツセンターに戻って完走証を貰ってから、豚汁とおにぎりを戴きました。とっても美味しかったです。

来年もまた出場したいと思いました。

iPadから送信

青葉公園でXCスキー

今年のどんど焼きはNaojiさんのご要望で初詣で私達のお気に入りとなった千歳神社に行ってきました。

9時過ぎに市立図書館の駐車場に到着。開始が10時からなので、Naojiさんはサケのふるさと千歳水族館方面へウォーキング。 私は青葉公園のXCスキー⒎2kmコースへ。

晴天でコース自体は整備がいき届いていて、わりと広くてアップダウンの少ない楽なコースのようですが、気温が−10℃と冷え込んで雪面が硬くエッジが効かず、Waxもイマイチ合ってなくて思い通りの滑りは出来ませんでした。それでも先日、北広島歩くスキー協会の講習でニッセンスポーツの八重樫さんに教わったことを確認しながら練習できたのは良かったです。

今シーズンの出場予定の大会は2/11 (sat)第41回ちとせホルメンコーレンマーチ7km、2/12(san)第27回大滝国際スキーマラソン15km、2/19(sun)第40回びえい宮様国際スキーマラソン20kmです。

そして来シーズンは超30kmのレース出場と完走を目指します。

iPadから送信

2016HAKODATE MARATHON

函館で初のフルマラソン開催ということで期待を込めてエントリーしました。
大会が近づくにつれ仕事が忙しくなって出場も危ぶまれましたが何とか休みが取れて願いが叶いました。

前日、14:00から函館アリーナで行われる 金 哲彦さんの体幹ランニングクリニックを受けるため、朝7時に北広島市の我が家を出発しました。道央道は最初NAOJIさんに運転してもらいましたが風と雨が強くてハンドルを取られそうで怖い、ということで樽前SAで交代しました。白老辺りが一番の悪天候だったようです、函館が近づくにつれ、だんだんと収まってきました。

体幹ランニングクリニックでは肩甲骨の可動域を増やすためのストレッチやランニング時の腕振り、重心の移動について実際に私達も身体を動かしながら教えて頂きました。函館マラソンのレース対策もコース図を使っての説明は走っている最中も脳裏に浮んできて参考になりました。

当日は風が強くて体感気温が低く寒かったです。申告タイムが4時間半でFブロックからのスタートです。陸上競技場内からフルとハーフの同時スタートなのでフィールド内は結構な混みようでした。実業団選手、陸連登録選手がスタートしてから5分のロスタイムでした。競技場を後にしてから直ぐに後ろから声をかけられ振り向くと、最初はちょっと分からなかったけど、昔のランニング仲間で現在は仙台市在住のさとやすさんだったので、ビックリしました。今日はハーフ出場で2時間半が目標だと言ってました。10数年振りの再会で懐かしく暫く話をしながら併走しました。

5km通過が36分06秒7分超のジョグペース。

10km:1時間05分55秒、20km:2時間04分07秒、30km:3時間05分36秒、40km:4時間17分48秒、

42.195km:4時間32分27秒(参考記録・ネットタイム4時間28分16秒)

途中で歩くこともなく、ほぼ申告通りのGOAL TIMEでした。

めまぐるしく変わる天候とハードなコースでしたが沿道の声援、エイドで海鮮丼など函館ならではの体験ができてとっても楽しかったです。

 

DSCN3348

マスターズ陸上道央記録会

今日は千歳市青葉公園陸上競技場で開催された道央記録会に出場しました。

旭川での道北記録会に続き本日も風が強く、それ以上に寒かったです。

まず10:10am.スタートの1500mは6:04.83と6分を切れず、13:45pm.スタートの5000mも何故かモチベーションが上がらず、23:25.18で23分を切れないという淋しい結果と相成りました。

次回はうっかりミスで小樽後志記録会にエントリーしていないので、北海道選手権です。

6分切りと22分切りを目標に練習して是非とも達成したいと思います。

2016(第20回)北海道マスターズ陸上競技記録会

今シーズン、初の全天候トラックの大会です。土曜日開催だったせいか出場者がいつもより少なかったのが寂しかったです。種目は1500m、5000mに出場しました。1500mは向かい風の影響もあったのか6分6秒と5分台が出なくて、ちょっと、がっかりしました。5000mは何とか23分が切れて良かったです。

2016 第37回白糠町ロードレース大会

遅ればせながら完走記です。

北海道のランニングシーズンの先陣を切って開催される大会です。昨年は道東道白糠IC開通記念ロードレース大会として実施され出場しました。例年、行われる定番コースは初めてで種目 男子(10km・50歳以上)にエントリーしました。

前泊の帯広駅傍のHOTELを7:00過ぎに出発。休日で交通量も少なく信号の少ないR38を走行したら1時間半で白糠に到着してしまいました。

会場の総合体育館の駐車場にストレス無くすんなり駐車できて、受付を済ませ体育館内にシートを敷いてエイドスペースを確保。

さてゼッケンを付けようとしら安全ピンが見当たらない。そう言えば、郵送されてきた案内に各自で用意するようにと書かれていましたね。用意周到のNAOJIさんに貰って一件落着。

途中寄り道をして到着が遅くなった帯広のichanさんとも無事合流しました。

天候は曇り空で風が強くて結構寒かったので、出で立ちは半袖Tシャツにネックウォーマー、アームウォーマー、ロングタイツに決定。準備万端整いました。

スタートの30分前に体育館を出て軽くジョギングをしながらスタート地点へと向かいました。

最前列にいたヒラオカのgenさんに再会して言葉を交わす。冬場も走り込んでいて調子が良さそうで、入賞しそうな勢いを感じました。

その後、中程にいって待機していると釧路のカッチさんを発見。声をかけ昔話に花が咲いていると応援のNAOJIさんも来て盛り上がりました。今年は60代最後の年だそうですが故障も無く夫婦で遠征もして楽しく走られているそうです。羨ましいですね。

9:30前触れもなく号砲のピストル音がして曖昧なスタートです。

住宅街を半周してからメインコースとなります。初めはスローペースでウォーミングアップをして徐々にペースを上げていければ、と考えながら走り出しました。

道道392に平行している農道のコースはほぼ直線で4km過ぎに第1折り返し、6km地点に第2折り返しがあるのが特徴です。すれ違うランナーに声をかけて応援できます。ヒラオカのgenさん、カッチさんに声をかけました。

同時スタートのカッチさん、いつの間にか先行していて随分と離されていました。自分の走りはと言えば、第2折り返しを過ぎた辺りから調子が出てきて天候の方も日差しが出てきて気持良い走りができました。

ゴールタイムは53分43秒。50分切りには程遠いタイムでした。カッチさん50分切りおめでとうございます。

今回の言い訳は前々日の金曜日に湿った重い雪の滝野で16kmコースでXCスキーをした疲労があったということですかね。

初春の残雪の残る十勝平野、日高山脈を眺めながらのドライブ。帯広の銭湯巡りと美味いもの巡り。

白糠町ラーメンやはたの魚醤風味のワンタンスープに餃子、手造りチーズ工房 酪恵舎のチーズ&ソフトクリームetc.と行きたい所が沢山ある道東のこの大会は外せない大会になりそうです。