Author Archives: NAOJI

About NAOJI

ロードレースと陸上競技(長距離・競歩)やってます。 RISE RC所属 北海道マスターズ陸上競技連盟会員

いつもの観光編です。

新函館北斗駅にて。初めて乗った北海道新幹線。カッコよかったです。

新幹線なんか赤字になるだろうし必要ないと思っていたけど、今回の遠征は新幹線が無ければ行けなかったので、その必要性を感じることとなりました。ちなみに南千歳から盛岡まで指定席で1万8千円ほど。もっと高いと思ってましたが乗継割引があるからなのか高いと思いませんでした。

現時点では札幌までの延伸は2030年度末となってますが、着工出来ない区間もあり計画通りに行くのでしょうか…?

 

青森駅、多分25年ぶりぐらい。急いでいたので何も出来なかった(^_^;)

昔は駅周辺の路上でりんごを売っているおばあちゃんを何人も見かけたけど、少なくとも駅近辺では見かけませんでした。

 

盛岡行きの高速バス、あすなろ号。盛岡↔青森を2時間半ぐらいで結んでます。盛岡まで運賃は片道3400円

 

途中の花輪SAからの夕焼け。写真撮れなかったけど、この先、盛岡が近づいて来た頃に見えた岩手山が美しかった。

 

レース後、ダブルY澤さんとグリーンホテル北上の食堂で晩ごはん。レースで胃腸のトラブルになったことは殆ど無い私ですが、さすがに50キロの後は内臓が疲れていたみたいで肉料理がたべられずビールも飲む気が起きませんでした(^_^;)

ここは十割蕎麦でした。千葉のY澤さんによれば関東で十割蕎麦食べられる店って多くないらしいです。北海道は蕎麦の産地だからそういう感覚は無いですよね。

それと2年連続、台風の影響でロシア料理店トロイカに行けなかったのが残念でした。江釣子駅近くに移転したので前より行きやすくなったのですが。

 

大会翌日の北上川。台風の影響で増水し濁流となっていました。

昨年も治水に関する看板等をアップしましたが今回はこの看板を見つけました。

簡単に書くと、この近辺に北上川に流れ込む小さな支流があるんですが、北上川の水位が上昇した時、背水を防ぐためゲートが閉まるのですが、支流が氾濫しないようポンプで排水する施設があるんですね。

以前にもアップしたことがありますがカスリン台風時の水位。台風の被害が無くて良かったです。

つづく

全日本マスターズ競歩大会1

前の記事を書いた後、JALからメールが届いて、乗る予定だった昼の飛行機が欠航になってしまい夕方の飛行機が満席で変更も出来ませんでした。

東北本線は終日運休、東北新幹線も午後から運行再開の可能性があるものの運休していました。調べてみると再開の見込みが立たなくても青森から盛岡に行く高速バスがある。

盛岡まで行ければ、その時点で新幹線の運行が再開していれば北上まで行けるし、だめだったら盛岡で1泊して始発の電車で北上に行けば間に合いそうです。

新青森に着いたら、駅はすごい混雑で、バスの時間に余裕がなく、急いで何とか払い戻しの証明をしてもらい、タクシーに乗って青森駅に着き盛岡行きのバスに乗ってホッとしました。

盛岡には18時過ぎに到着。新幹線の運行が再開されていて、遅れていた16時過ぎのはやぶさに乗ることが出来ました。(知らなかったけど、はやぶさって仙台までなら指定席が空いていれば自由席料金で乗れるんですね)

それで19時過ぎに自宅出発から10時間かかって北上に到着することが出来ました。

話は逸れますが、ラグビーの中継にも間に合った、スコットランド戦はすごい試合で緊張と興奮で、なかなか寝付けませんでした(^_^;)家でYANCOさんとビール飲みながら盛り上がれたら良かったのに…何で大一番の前夜だったんだろう(笑)

次の南アフリカ戦も勝って家で盛り上がりたいですね。(日曜夜だから行かないけど、また札幌ドームでパブリックビューイングやるそうです!)

 

大会当日は台風通過後で気温が高いのではないかと思いましたが、最低気温9度、最高気温15度ぐらい、くもり、ほぼ無風という、これ以上ないぐらいの絶好のコンディションでした。

これに助けられ予想より速い6時間43分41で初50キロ完歩出来ました。

10キロ毎のラップは以下の通り

10km 1:17’32(7’45/km)

20km 1:19’07(7’54/km)

30km 1:19’51(7’59/km)

40km 1:23’17(8’19/km)

50km 1:23’54(8’23/km)

でした。練習代わりに選んだロードレースは予定していた関門より1つ前の関門まで、練習でも最長30キロまでしか歩けていなかったので距離に対する不安がありましたが、大きくペースダウンすることはありませんでした。

恐らく以前の記事に書いた補給方法が上手くいったようで、徐々にペースは落ちているけど30キロ過ぎてからは筋疲労が主な原因だと思います。低血糖によるエネルギー切れは感じませんでした。もちろんカーボローディングはしてません。木曜日辺りから3食炭水化物は摂りましたが。当日の朝食もゆで卵と味噌汁とポテトサラダと普通の量でした。

それと練習の時はペース設定したロングのレペティションが辛かったけど、大会になると審判のジャッジが気になり、そちらに意識が集中するのか練習時より距離が長く感じませんでした。

とは言え一番キツくなったのは38~42キロの間ぐらいですかね、ラスト4周になるともうカウントダウン状態なので楽になって来ました。

初めて出てみて、マスターズだからかもしれませんが50キロ競歩って「みんなでゴールを目指そう」みたいなウルトラマラソン的な所があると思いました(ウルトラマラソンに出たことがありませんが)陸上競技の中では他の競技には無いところがあるように思います。種目が短縮されて無くなってしまうのが残念です。

それから出場を目指した時に、練習を積んで行くうちに前から悩まされていた膝痛でスタートラインに立てないかもしれないと思ったのですが、5月に発症したぎっくり腰の時に教えてもらった膝裏に枕を当てて寝ることと、ヨガで教えてもらったハムストリングが伸びるポーズのおかげで膝の不調が全く無く来られたのが良かったです。(膝痛の原因がハムだったとは思いませんでした)

来年はW55にクラスが上がるので、ラストチャンスと思って、あと1年頑張ってみようと思います。次は6時間半切を目指します。

観光編につづく

またもや台風が…

明日、新千歳→花巻行きの飛行機で北上市へ行く予定です。

昨年も台風の影響で前日の北上マラソンが中止になり、私も昼の飛行機を夕方の便に変更して無事に出場することが出来たのですが…

今年もまた台風で北上マラソンが2年連続で中止になってしまいました。この大会はマスターズマラソンも兼ねてるので同じクラブのマスターズ登録しているYさん、昨年エントリーしていて出られなかった、今年も行くというようなことを聞いたような記憶があるのですが、何とも残念なことになってしまいました。

競歩の方は恐らく大丈夫でしょうが、飛行機が心配。12日の昼と夕方の便が欠航になった影響で13日の便は全て満席になっていて、昨年みたいに変更が出来ない状況になってます。

現時点では大丈夫な気がしてますが、落ち着かないですね。マラソンと違って出られる大会はこれしか無いし、このために7ヶ月間練習を積んで来たわけですから…

あちこちで大会中止になってますが自然が相手なので仕方ないですね。この間の千葉県みたいに大きな被害が無ければ良いのですが…。

日本競歩陣やりましたね!

9/29 男子50キロ、鈴木選手金メダルに続いて昨日の男子20キロ、山西選手も金メダル取りましたね!50キロではメダルを取れてましたが、金メダルは初めてだし、20キロは今まで世界大会でメダルを取ったことが無かったので日本の悲願がようやく叶った瞬間でした。

またテレビ中継はありませんでしたが女子も岡田選手、藤井選手が6位7位入賞でした。大利、川崎、渕瀬選手が活躍した時代以降、女子はなかなか世界レベルで戦える選手が出てこなかったので本当に良かったです。

競歩は1周2キロ、または1キロの周回コースなので日本チームが細かい暑さ対策を研究していたと思いますので、それも上手く行ったのではないかと思います。それに日本選手はどの選手もパドルの上がらない美しいフォームでした。

来年の東京オリンピックはドーハと同等か、それ以上に過酷なコンディションが予想されるので心配ですがホームでの試合ということもあり、期待したいと思います。(スカイマークの早朝羽田着の飛行機が飛んでいれば50キロ競歩と翌日の男子マラソンを観戦に行く予定です)

ところでこの競歩の金メダルがちょうどラグビーW杯と被ったためにちょっと目立たなかったような気がしたのは私だけでしょうか…?

 

昨日は早朝に競歩の中継を見て、夕方は札幌コンベンションセンターでのパブリックビューイングに行ってきました。

椅子に座って見ることが出来て見やすかったですが、飲食はスクリーン前のテーブルで椅子席では禁止だったせいか、ファンゾーンのような一体感は感じられませんでした。でも最後まで目が離せない試合でしたね!

そして私は前の記事でサモア戦に勝てば決勝トーナメントほぼ確実みたいなことを書きましたが日本が有利ではあるけどスコットランドに負けた場合、失点によっては3位になってしまうとのこと。

このスコットランド戦ですが、急遽札幌ドームでのパブリックビューイングが決定したそうです。残念ながら試合日の10/13は北上のホテルで観戦します。目指せ予選1位通過!

 

そして今朝は50キロ競歩前の最後のロング練習して来ました。

快晴でスタート時7度の冷え込みでしたが、気温が下がってからロング練習の疲労も取れて先週から状態も上がって来てます。ゆっくり大きく、上体のブレに注意しながら4時間歩でした。27キロちょっとをキロ8分50ぐらいで。

2時間行って戻ってくる折返しコースで後半向かい風でしたがほぼ同じタイムのイーブンで歩けました。

昨日レース時に使う補給食を購入したので、それも試してみました。

ポイントは

  • スタート前に糖質は摂らない(レース時の朝食は普通の量を食べる)
  • スタート前に体重1キロあたり0.1gのクエン酸を摂る
  • 血糖値が下がりそうなってきたら1時間に20~30g程度の糖質を補給する

今まで練習でもこのポイントを意識して来ましたが、昨日使ったことのない商品を買ったので問題ないか試用でした。

アミノバイタルのクエン酸チャージは水に溶かして飲む商品ですが、そのまま水で流し込んでも問題無かったです。これ2本で6.6gのクエン酸が摂れることになります。

アスリーチューンというのは秀岳荘のブログ記事で知った商品です。選択のポイントはMCTオイル配合と糖質量が20g程度の商品があったことです。意外とコシのあるゼリーで飲みやすく味も良かったです。レース前半はエネモチ、後半はこれと佐藤珈琲のジェルを使おうと思ってます。

今日はスタート前は食事無しでクエン酸チャージを飲み、60分ぐらいで、そろそろお腹が空きそうだなと感じたのでエネモチを2回に分けて摂取(エネモチは吸収に時間がかかるので早めが良いと感じてる)水分補給はスーパーメダリスト、3時間ぐらいにアスリチューン補給。

空腹感はありましたがエネルギー代謝は上手く回っている感じで良かったです。

ただし、本番は今日のペースではゴール出来ませんから、速くなったらどうなるかですね。最長30キロしか歩いてないので不安もあります。

制限時間は7時間15分(キロ8分42ペース)ですが30キロ4時間10分(8分20ペース)、40キロ5時間半(8分15ペース)なので40キロ関門がキツイかなと思います。そこを超えてしまえば最後の10キロは1時間45分以内で歩けば良いので、何とか40キロまで頑張りたいと思います。

RWC楽しみました!

一般市民にはまさに一生に一度のラグビーワールドカップが先週末から開催されましたよね。

開催都市にはファンゾーンという試合中継を楽しみながら飲食も出来るイベント広場が開設されているんですが、札幌は駅前南口広場と大通西2丁目でした。

先週金曜は残業で19時過ぎに会社を出たので開会式は見られませんでしたが、札幌駅南口のファンゾーンで日本対ロシア戦、ハイネケン飲みながら、電車の時間に合わせてちょっとだけ観戦しました。

会場はすごい人で食べ物の店はすごい並んでいてビールだけになってしまいました。

そして、ここは日本か?と思うほど、海外からのファンで会場は一杯でした。

国家斉唱は力いっぱい歌ったけど、感動で何だかウルウルしてしまいました。この雰囲気ってすごいなと思いました。

 

日曜はイングランド対トンガ戦を札幌ドームで観戦。

イングランドファンが圧倒的に多そうだったからトンガを応援しました。ですが実力差がはっきりした試合であまり面白くなかった。自国の試合じゃないしね。でも初ラグビー生観戦の雰囲気を楽しみました。

グッズを買おうと思ったんですが、どの飲食店より一番の長蛇の列で諦めました~。それと大失敗はカメラを忘れたことでした(;_;)

 

今日は大通のファンゾーンで日本対イングランド戦を観戦に行って来ました。

 

キックオフの1時間ぐらい前に行きましたが、先の試合アルゼンチン対トンガ戦を観戦中のファンでかなり混雑していました。

 

キックオフ前のトークショー。司会女性の隣の方は元日本代表の方だそうですが名前は忘れました。

右側の二人は北海道出身のパナソニック・ワイルドナイツの小山選手と大西選手。小山選手は我が母校の芦別高校、大西選手は旭川工業高校のOBです。

 

そして、いよいよキックオフ!

 

そして結果はご存知の通り、日本が4年前の南アフリカ戦同様、歴史的勝利!

試合終了後はゲストの方とハイネケンで乾杯!試合前「勝つのは正直難しい」と言っていたゲストの方は「けど何かが起こるかもしれない」と言っておいて良かったってホッとしてました。

それと小山選手、大西選手とも次のワールドカップではぜひ、このスクリーンの中でプレイ出来るように頑張って欲しいですね!

パブリックビューイングって初めてだったんですが、こんなに面白く盛り上がるものだとは思いませんでした。YANCOさんは仕事で行けず、一人でも行って良かったです。小山選手も自宅で見た方が良いのではないかと思ってたけど、こちらで見た方がずっと良かったと言っていました。

次回は札幌コンベンションセンターで日本対サモア戦があるので、これも観戦に行こうと思ってます。この試合に勝てば決勝トーナメントほぼ間違いないのではないかと思いますので期待します!

4年ぶりの全国選手権5

女子のゴールに間に合わないことがわかり、国立競技場駅で降りずに、そのまま新宿まで乗車。

京王線に乗換、まずは調布へと向かいました。その目的はデザインマンホールでした(笑)

前橋で見たローカルニュースでこのマンホールの話題が取り上げられていたんです。ちなみにラン友からの情報によると秩父宮ラグビー場のそばにもカラーバージョンのがあるとか。(調べてみたらワールドカップ開催期間中だけみたいだけど、元旦競歩の時に探してみようと思います)

調べてみるとその他にゲゲゲの鬼太郎のマンホールがあるとか、これは行ってみねばなるまい。鬼太郎のマンホール蓋は交通マナー喚起が目的のようです。(水木しげるって晩年調布に住んでいたんですね)

 

そして、次は同じ路線で府中へ移動。MGC観戦後の本当の目的はFBFに教えていただいた1964年東京オリンピック50キロ競歩折返記念碑を訪れることだったんです。たまたま調布と府中が近いのでラッキーでした。

現在、競歩は周回コースで行われていますが、東京オリンピックの時は折返しコースだったそうで、審判は車で移動しながらジャッジしたそうです。折返しコースだったら、まだ精神的に楽でしょうね。

府中駅から徒歩10分もかからない所だったと思いますが幹線道路に標識がありました。

3週間後に迫った50キロ何とかゴール出来ますようにm(_ _)m

ついでにマンホール蓋も見っけ♪

 

そういえば調布も府中もラグビーが盛んな土地柄でワールドカップに向けて盛り上がっている様子が感じられましたよ♪

 

そして遠征の終わりは竹芝にあるホテルの18階にあるスパで疲れを癒やしました。本当は銀座の銭湯に行く予定だったのですが、なんと日曜定休日だったんです(;_;)

2日間シャワーだけだったのでリラックス出来ました。空港に向かう途中だし入浴料が1000円ぐらいならと思って寄ったんですが、3連休中日のせいか空いていて、とても良かったです。レインボーブリッジが見えて景色が最高でした。

関東遠征の際には帰りにはおすすめです。ただ洗い場の数が少ないので混むと快適じゃないでしょうね。

おわり

4年ぶりの全国選手権4

選手権が終わった後、表彰式待ちなどで会場を17時20分頃のシャトルバスで会場を後にしました。駅の近くにスーパー銭湯があったんだけど時間が無く…。

前橋駅に着いたのが17時50分頃だったかな?これから東京に移動するとなると新幹線に乗らなきゃならないかなと思ったんですが、30分ぐらい時間が余計にかかるけど上野で1回乗換すれば済む快速アーバンがあったのでそれにしました。これだと運賃が2140円と新幹線の半分以下です。

東京での宿は神宮外苑に近い赤坂の研修施設みたいなところ(○×県会館というような)でした。風呂トイレ共同の所だったので、もっと早く着けば地下鉄で2駅の表参道の清水湯に行けたんだけどもう21時近かったので共同浴場を利用しました。

これが家庭の風呂が大きくなったような所で洗い場3つしかなく先客が二人いたのであづましくなかった~(苦笑)

前橋を始発の新幹線に乗れば8時頃に国立競技場に到着出来るのでMGCのスタート時間に十分間に合ったんですよね。2日前に気づいて同じホテルの空き確認したら空室があったので前橋でもう1泊することも出来たんですが、東京の宿がキャンセル料がかかる時期になっていたのでやめました。

 

翌朝は早目にチェックアウトして、宿に荷物を預かってもらい、赤坂御用地を1周ウォークしました。体感的には湿度がやや高いけど気温は低めだったように感じました。

既にMGCのスタート会場、神宮外苑に向かう人がたくさん歩いていました。(画像は迎賓館)

 

私も歩いた後に神宮外苑へと向かいました。スタート地点周辺には一般人は入れず、ちょうど絵画館と新国立競技場の間辺り、鈴木亜由子選手の応援団付近に空いてる場所があったのでそこに陣取りました。

 

後から知ったんですが、スタート時に時計のトラブルがありスタートが数分遅れたとか。そんなことは全くわからずにいました。

男子は設楽選手が最初から飛び出していました。女子は選手が少なくてちょっとさみしかったですねぇ。

 

男女のスタートを見送った後、銀座へ移動のため外苑前駅まで歩く途中、見かけたもの。

日本オリンピックミュージアム、全然知らなかったんですが、前日の9月14日にオープンしたばかりだったんですね。それとナイキのシューズ、MGCでも履いてる選手が多かったように思います。

 

銀座へ向かう同じ地下鉄にGMOの花田監督も乗っていたようで、途中まで後をストーカー(笑)して行ったら、ちょうど人垣の隙間に入れました。後から気づいたら中間点の向かい側だった。朝と違い日差しがかなり強く北海道人の私には厳しい残暑に感じました。

ここを往復通過時点でも設楽選手のリードは大きかったのですが…。

 

途中で女子の復路通過を待っていては、次の皇居付近の折返しに間に合わないことに気づいて日比谷公園へ移動したのですが、ちょうど男子の最後尾選手が通過したところで間に合いませんでした。

 

ここも何とか隙間を見つけて入ったんですが、ふと足元に目を落とすと…

東京オリンピックの暑さ対策に施工された遮熱性舗装だったんですね(逆効果なんて意見もありますが実際どうなんでしょうね?)少し水色がかったグレーの舗装でした。

 

選手数が少ないこともあり女子の1位と2位3位がかなり差が開いていてアクシデントが無い限り1位は決まりかなと思いました。

この後、ゴール地点に戻ろうと思ったんですが、日比谷駅まで意外と距離があったし、大江戸線の乗換がスムーズに出来ず、女子のゴールも見ることは出来ませんでした。男子の最後のデッドヒートが見られなくて残念でした。

この後は別の目的地、調布、府中へと向かいます。

つづく