Author Archives: NAOJI

About NAOJI

ロードレースと陸上競技(長距離・競歩)やってます。 RISE RC所属 北海道マスターズ陸上競技連盟会員

今日は人間ドックでした

チラージンを処方されている関係で4ヶ月に1度は病院で血液検査を受けてるので本当は人間ドックには行きたくないのですが、サラリーマンの宿命、年に1度の人間ドックに行って来ました。

本当は健康診断とバリウム検査でも済ませられるんですが、バリウム飲みたくないし、あまり意味の無い検査なので仕方ないんですよね。

でもって2年前まではJRタワーの検診専門クリニックに行っていたのですが、3ヶ月前に予約しても胃カメラの予約が一杯で変更できない(1日何人検査やってるんだか?)で昨年から新札幌の某総合病院に変えたんですよね。

以前のクリニックと違って血液検査は当日わかるんですけど、低蛋白と低ALPで、まあいつのもパターンですわ。

3ヶ月ぐらい前からAST、ALTは良い感じになってるんですが、分子栄養学的にはAST、ALT、γ-GTP、BUNが20前後で同じぐらいになるのが理想らしい。タンパク不足だからγ-GTPが低いんですよね。AST、ALTについてはもしかしたら何かが原因で上がってマスクされてる可能性もありかな。

それとヘモグロビンも13切ってる。

今、ラクトフェリンが入っているので鉄はこのサプリメント飲んでるのだけど、これにしてからヘモグロビン13を切ることが多くなったような気がするので以前飲んでいたものに戻してみようかな。

ALPに関しては亜鉛だけでなくマグネシウムも重要だとこの間病院に行った時にドクターにも言われていました。先日紹介した奥平先生の本にはマグネシウムの補給ににがりをすすめていたので、使ってみようかなと思ってます。

また先日図書館でこの本を借りて読みました。

糖質制限+オーソモレキュラーを取り入れているドクター(私と同い年)が書いている本なんですが、このドクター自身も低ALPで亜鉛のサプリメントを飲んでもなかなかALPが上がらなかったけど量を100mgぐらいに増量してマグネシウムも補給したらALPが上がったと書いてあった記憶。ただ亜鉛を増やすと銅欠乏の貧血に注意しないとならないのですよね…。

胃カメラは昨年同様、胃の入口付近に少し炎症があるけど特に問題なしでした。

 

胃カメラ検査を受ける時だけ、一般病棟へ行かなければならないのですが、こういう総合病院って、重い病気の人もいるし、健康な人が行くと何だか重苦しい「気」を感じますね。

病院の職員の方は毎日、この気に晒されているんだから本人にとっては日常の光景でしょうけど知らず知らずのうちに色々なストレスになっているんじゃないかな?そんな中で明るく振る舞っている職員の方達には本当に頭が下がります。

この間の記事に書いた栄養カウンセラーの方も転職前は国立病院の心臓外科に勤めていた方なので、FBで「重い気が…」などと書いていた記憶があります。それを読んだ私は「気」なんてあるかいな?と思ったけども、今は違いますね。

昨年は入院患者なんでしょう土色の顔で点滴しながら診察室に入っていったアラフォーと思われる女性を見て、私より若いのにきっと重い病気なんだ可愛そうに…と思った記憶があります。

それから待合室は高齢者で一杯ですが、普段マスターズ陸上で元気ハツラツな高齢者しか見ていないから、こういう所に行くと表情や身のこなしにギャップをすごく感じます。

医療が分子栄養学を取り入れた栄養指導に変われば、薬の処方が減ってハツラツとした高齢者が増えると思うんですが…。

 

検査が終わったら食券がもらえるので病院の食堂でランチ。ここでも周囲を観察すると、うどん、蕎麦、あんかけ焼きそばなんかを食べている人が大半。タンパク質が無い。外見、表情から色々と感じてしまうことがありますね。

だいたい病院の食堂の選択肢が麺類などの糖質単品が多いんですよね。私は少ない選択肢から生姜焼き定食を選びました。

食べてみたら、生姜焼きの味付けがめっちゃ濃い(^_^;)。ご飯のおかずだからなぁ。メニューにカロリーは書いてあるんだけど、塩分は?病院の食堂でこれはないんでないの(苦笑)

うつぬけ食事術

奥平先生の新刊を買いました。

もうこの手の本は買わないつもりでしたが、【血液栄養解析を活用!】というサブタイトルが気になりました。

まず、本のタイトルからだと、「うつ?自分には関係ない」と思われてしまいがちなのが残念です。

しかし、その内容はうつ病じゃなくても、万人がストレスの多い現代社会で快適に生きていくために役に立つことが書いてます。

本では本当のうつ病ではなく質的な栄養失調による不調を「栄養型うつ」と定義しています。

この本は6つの章に分かれています。

PART1はマンガによる症例が載っているんですが、患者が保健師で、親子とも糖質過剰のタンパク質不足で貧血なんです。

私のかかりつけ病院で栄養カウンセラーやってる看護師の方から聞いたことがありますが、ストレスのせいか前の勤務先では同僚でも食事内容がひどい人は多かったとのこと。医療関係者でもこんな現状なんですよね。

他にBタンパク欠乏うつ、亜鉛欠乏うつ、ビタミンD欠乏うつの症例が載ってます。

こういう栄養が欠乏した状態の人は文字だけの本が読めなくなるので、その点も考慮して前作同様マンガにしていると思います。だから読みやすい。

PART2は栄養型うつの解説なんだけど、これも図解が多くて見やすく工夫されています。

PART3は自分がどのタイプかチェックリスト付きで不足栄養素別の解説

PART4は腸内環境の改善方法。結局良いものを食べても腸内環境が悪いと消化吸収が上手く出来なかったり腸内細菌による栄養の合成が滞ることになりますよね。だから栄養型うつの人は腸内環境も悪いことが多いのです。

PART5は食事方法、食べるべきもの、食べないもの、調理方法、レシピなど(漢方薬にも少し触れてます)

PART6は血液検査の栄養学的読み方。脱水や炎症がある人の場合も解説されているのが大きなポイントです(私はこれのために買った)ランナーみたいに日常的に運動しているとまず脱水と炎症は持っていない人の方が珍しいと思います。これがあると検査の読み方が難しいので、とても参考になりました。

人間ドック検査項目には無いものもありますが、普通の人って医者に結果を言われたことをただ何となく聞いてメタボに関するものだと値が高いだとか言われて終わりだと思うんですが、この本を読んで検査値の意味と一般的な医学とは違う別な見方を出来るようになると全然違ってくると思います。

最近、気になるのは単身赴任1年経過のランナー上司の言動です。疲れやすかったり走る意欲が低下しているように取れる言動が多い。「単身赴任で飲み会の頻度が増えたり食事が乱れてませんか?モチベーションは栄養状態とリンクしますよ」と言っているのですが、あまり信じてくれません。

この上司の奥さんというのがヨガのインストラクターなので恐らく健康意識は高い人だと思います。だから家にいる時はきっとちゃんとしたものを作って食べていたのではないかと勝手に想像しているのです。こんな程度のことなら食事の改善ですぐ良くなりそうですけどね。残念ですが他人が言っても本人が自覚しないとダメなんですよね。

健康診断ではどこも悪くないのに、疲れやすいとか気分が晴れない、やる気が出ない、眠りが浅い、こんな不調を抱えている方は、ぜひこの本を読んで欲しいと思います。

とこんな記事を書きながら、私もずっと仕事が忙しい状態が続いていて、そんなに長時間残業するわけではないのですが、定時に帰る日は週1日ぐらいだし、仕事にどっぷり集中してしまうのと複数の案件を抱えているせいか、2週間ぐらい前から時々頭痛を感じるんですよね…。目から来てるのか、更年期もあるのかもしれない。今週は人間ドックだし何か病気だったらどうしようとちょっと不安(^_^;)

 

先週末は風邪で月曜しか練習出来ませんでしたが、この週末は昨日は12キロ歩き、今日はトリムコース2周14キロジョグでした。今日は1周目で大問題に見舞われ、トイレに駆け込むのに余計なエネルギーを使ってしまったか、2周目後半は低血糖にはならなかったものの脱水とエネルギーが切れた状態を我慢して走る状況になってしまいました。

昨日の疲労で寝坊していつもより家を出た時間が遅く、いつも練習前はアミノ酸ドリンクを飲んだだけの空腹状態で出てるので、距離が延びてくればお金と何か補給食を持って出ないとなりませんね(^_^;)

三連休はのんびり

風邪予防には…の記事を書いたばっかりなのに金曜日の夕方から風邪発症してしまいました。でもいつもの風邪対策サプリのおかげで喉の痛みだけで快方へ向かい月曜の今日から練習再開出来ました。

しかし毎年楽しみにしていた、おおたき国際スキーマラソンの応援とジョグには早く治すために行くのを取りやめたのが非常に残念でした(T_T)

で、久々に家でのんびり出来るので本を読んだり録画しておいた番組を見てゴロゴロしてました。

そのうちの1つはこれ

世界トップクラスの指導者が、短期集中で日本の子どもたちに特別指導。今回は、不動の人気を誇る陸上・長距離。アフリカを陸上王国に育てた「マラソン界の魔術師」が登場!

情報源: 奇跡のレッスン「走れ!苦しみの向こうへ 陸上 長距離 レナート・カノーバ」 – NHK

イタリア人の著名なマラソンコーチが八王子市にある中学校の陸上部へ1ヶ月前にトレーンングメニューを渡して実施してもらい現地で1週間指導を行い、最終日に東京都の中学駅伝に出場するという内容なんです。

練習内容や競技に対する考え方など、一般市民ランナーでも参考になることが色々ありました。

自分が特に印象に残ったのは「レースを試験と思うな、喜びを表現する場なんだ」みたいなことを言っていたことと、「陸上競技の良い所は自分との戦いで10分で1位になるより、それより順位は悪くても良いタイムで走れた方が価値がある」的なことですかね。

それと駅伝終了後、ブレーキになってしまい泣いている選手に声をかけるシーンはちょっとウルッと来ましたよ。

2月13日(水)9時~再放送されるので見逃した方はぜひ!

 

お次は映画で「大統領の陰謀

昨年春に見に行ったペンタゴン・ペーパーズのラストシーンがウォーターゲート事件を想像させるものでしたので、この映画を見たいなと思っていたところNHK-BSで放送されたんですよね。

2時間20分ぐらいある長い映画なのでなかなか見る時間が無くてやっと見ることが出来ました。

ちょっとよくわからない部分もあったんだけど、面白かったです。

でも、映画の筋よりダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォードのイケメンぶりにビックリでした。

卒業のダスティン・ホフマンよりずっとカッコ良いし、ロバート・レッドフォードの映画はあまり見た記憶が無いんだけど、調べてみたら、メリル・ストリープと共演した「愛と悲しみの果て」20代前半に劇場で見てるんだけど全然覚えてなかった~(^_^;)

3月15日~シネマフロンティアでリバイバル上映されるはずです。

 

それから読んだ本で、分子栄養学に興味のある方には、とてもオススメの本があります。これについては、また後日に。

今シーズンの予定

年明けから春のロードレースの申込が続々始まってますよね~。

私の今シーズンのスケジュールは50キロ競歩を目指すので、今までと違って、ランもジョグ程度で良いからハーフマラソン程度の距離を走ってみようと思ってます。

2015年秋に半月板損傷してから長い距離を走っていなかったせいかエンジンの排気量がすっかり小さくなってしまったと思うのでその対策にもなることを期待します。

3月17日 白糠ロードレース 10キロ(歩く予定)

4月14日 伊達ハーフマラソン ハーフ

5月12日 こいのぼりマラソン 5キロ

ここまでエントリー済み

 

6月 おたる運河ロードレース 5キロ

7月 釧路湿原マラソン 30キロ(歩く予定)

9月 未定

10月 全日本マスターズ競歩 50or20キロ、北海道ロードレース 10キロ、フードバレーとかちマラソン ハーフ

  • 伊達ハーフ、すごく久しぶりにハーフを走ります。
  • 4月春のさわやかマラソン(ハーフ)、9月稚内マラソン(フル)競歩の練習として検討中です。
  • 50キロ競歩の練習が順調ならば来年3月頃の大会、観光遠征でフルマラソンにエントリーしようかなと思ってます。
  • 湿原マラソン30キロはウォークの部じゃなくてランナーと一緒に歩きます。制限時間からするとゴール出来ない可能性が高いけどウォークの部で歩道歩きたくないからチャレンジしてみます。

トラックの方はマスターズの日程はもうわかっていますが、札幌陸協の日程はまだわからないので取りあえずロードレースだけです。

怪我なくシーズンを過ごしたいですが、これが一番難しい(^_^;)

 

怪我対策と言えば、今日はUGOKLのイベントに参加してきました。

https://www.facebook.com/events/2097061347025900/

最近、会社の近くにUGOKL NAPという支店が出来て、私の所属クラブの方がインストラクターで講習会があり、ランナー向けにUGOKLメソッドをレクチャーしていただきました。以前ハチスポの講習で教えてもらったものですが、正しく出来ているのか確認したかったので参加しました。

やっぱり行って良かった。継続していることで動きが出来てるようですが、少人数ということもあり知らなかったポイントを教えてもらえました。

汗かくことを想定していなくて着替え持って来ていなかったのですが結構汗かきました。

元旦競歩の記録が良かったのはこのメソッドを継続していて、スタート前のアップにやったことも関係あるのかもしれません。心拍数上がるのと動的なストレッチ効果ですね。

自分も無駄な力を使ってずいぶん長く歩いたり走ったりして来たものです。未だ抜けてはいませんが怪我したくないので、頑張って継続します。

今シーズンはマラソン大会などでスタート前にUGOKLメソッドやってるランナーを見かけることが増えるかも?

UGOKL NAPでは頭や目の疲れを電気治療で取ることもやっているのですが、終わった後にこれを体験させてもらえました。

自分は仕事していてあまり目の疲れは感じないのですがCIM業務をするようになってから視力の低下を感じていました。

こめかみの方の左側にこってる部分があり、それが顎関節症やふくらはぎの硬さに影響があるのだとか。ふくらはぎの疲労は感じてないけど顎関節症なので、へぇ~っと思いました。10分程度でも効果を感じられ気のせいか視界が開けたような感じがしました。

仕事柄、目や頭が疲労しやすいので残業が続いた時とかに来ても良さそうだなと思いました。

追記

昨日の講習の様子です。右下の画像が私。

 

久しぶりにジャンプワールドカップ観戦

札幌に住んでいた時は何度か走ってジャンプ観戦に行ってたんですが(ある時は三角山尾根伝いに行って山頂からタダ見とか)北広島に引っ越してからは遠くなったし日本ジャンプ陣が低迷していたので一度も行っていなかったようです。

今年はジャンプ週間で4連勝と今期躍進し、安定した強さの小林陵侑選手がいるので十数年ぶりに大倉山にワールドカップ観戦に行って来ました。

今日は天気が良く、冷え込みも厳しくなく絶好の観戦日和でした。

しばらく来ない間に、会場も色々と改善されていました。

プログラムはオリンピックミュージアムの入場券付き。昔は付いていなかったと思います。

予選と本線の間に中を見学しました。時間が無くてゆっくり見られませんでしたが、昔のスキーやメダリストのジャンプスーツなど展示が面白そうでした。入場料600円なので次の機会にはゆっくり見学したいと思います。

会場を盛り上げるためか、中継でよく聞こえるプワ~と鳴る笛も配られていました。

 

ブレーキングトラック前はエキサイティングゾーンという前売りで通常より900円高い席が設定されているんですね。下の写真でオレンジネットの向こう側。

その他、休憩所テントやCoCo壱番屋の出店などあり、会場を盛り上げたり、観戦の寒さ対策が取られていたように思います。昔は無かったのではないかな?

きっと日本ジャンプ陣低迷期とともに観客も減って、スキー連盟も色々考えたのかもね。

 

1本目は今期低迷中のレジェンド葛西が久しぶりに良いジャンプを見せてくれました。やっぱりレジェンドが飛ぶと盛り上がりますね~。

これは伊東大貴。もうベテランかな、奮起に期待します。

 

2本目が始まる前にクリスタルハウスに行ってみました。

土産物売店とレストランがあるだけなんだけど、写真の『大倉山へ行ってきました』という名前のお菓子がワタシ的にはウケました。思わず買うところだった(笑)

白っぽく写ってしまっているけど、遠くに見える山は白い山塊は増毛、樺戸山地かな。

大倉山のゆるキャラがいるんですね。くらやんっていう名前でモモンガの妖精ということになってますが、キツネかと思いました。ピカチュウにもちょっと似てる。

 

2本目、撮影していたらカメラの調子が悪くなりメモリーカードを認識しなくなりました。内蔵メモリーに切り替え撮影するも容量がまだあるはずなのに途中で容量が一杯になったとメッセージが(泣)。メモリーカードの方は家に帰ってからは復活したので気温のせいだったのかなぁ。だから肝心の2本目はあまり写真撮れませんでした。

で1回目8位だった小林陵侑が2回目を飛んだ時点で1位!

で、1回目1位と2位の選手が飛ぶまでは1位をキープしたので、ドキドキでしたが結局1位と2位の選手が上位に来て3位でした。1位のオーストリアの選手は大倉山で2連勝でした。

陵侑くん、地元開催でちょっとプレッシャーか気負いましたかね?確かに1回目は風が悪かったようですが。

それとレジェンド葛西が7位入賞でした。

そんな感じだったので会場も盛り上がり、楽しかったです。

昔より試合の進行が速くなったような気がします。12時過ぎには競技終了。

機会があったらまた行きたいですね~。

1月28日追記

そうそうウィンドファクターとかゲートファクターの点数の仕組みがわからなかったのですがプログラムに解説されていました。それと大倉山ジャンプ台の簡単な断面が載っていたのでアップしておきます。

とうとうダメか?

今日の札幌周辺は悪天候でしたよね。

出勤時は遅れている電車があるぐらいで私はいつもの時間に出社出来ましたが、特急が止まったりしていたみたい。

北広島とか長沼はその後、猛吹雪だったみたいで夕方帰宅したYANCOさん除雪に3時間近くかかったそうです。

だけど私が帰宅した19時過ぎは晴れていて月が見えました。FBFが満月の写真を投稿していたので自分もと撮ってみたんですが、2015年に撮った時は上手く撮れたのに、今回は上手く撮れませんでした。モードも色々変えてみたけどダメだった。

前に撮った時も最初は上手く撮れなくてモードを変えたら表面が写ったんだけど何が悪かったんだろう…、それともカメラがもうダメなのかな?

ズームが動作不良になってから買い替えを検討してるけど諸般の事情でのびのびになってますが、今年こそ!

 

マイ・ジェネレーション

https://mygeneration-movie.jp/

昨日はこの映画を見に行って来ました。

60年代のイギリスのロックをサウンドトラックに、俳優のマイケル・ケインが現在の姿と60年代の姿と交互に出てきて60年代のロンドンを案内する映画です。

ローリング・ストーンズ、ビートルズ、ザ・フー、音楽だけでなくツィギー、ヴィダル・サスーン、メアリー・クヮントなどファッション、フォトグラファーなどのインタビューや当時の若者文化のアーカイブ映像がまとめられたドキュメンタリー。

当時のイギリスが保守的で、上流や中流など階層に分かれていたんですね。マイケル・ケインによれば自分の生まれ育った地域の訛りで、映画でアメリカ人が監督だったから将校の役になれたけどイギリス人の監督だったらなれなかったとか言っていたのにビックリだったなぁ。

そんな保守的な世の中に反発して自分たちのカルチャーを作っていった若者も今や70~80代ですが、彼らが与えた影響が現在にも及んでいるとか。ブリティッシュ・ロック好きな私には面白い映画でした。

 

映画の後は、近くにあるスープカレーのお店に行ってみました。何ヶ月か前にporocoかHoに載っていた所なんだけどディープな(笑)狸小路7丁目にあるSOUL STOREというお店です。

メニューがちょっと変わってるのがあって、粗挽きラムとよせ豆腐のカレー辛さ4で注文してみました。だいたい他の店でも辛口を注文するんだけど、ここは辛めで3番でちょうど良かったかな。4番だと追加料金かかるし。残念ながら生ビールは無いのですがエビスの瓶ビールが美味しかった。

ネパール系が食べたい時は未来カレーでスープカレーの時はここ、また行こうと思います。

 

この週末は土日とも除雪がしっかり入った状態で良い練習が出来ました。昨日はトリムコースへジョグ。この間ハチスポ講習で教えてもらった一定心拍で走るように、上りでは殆ど歩くようなスピードで走ったらトリムコース2周出来ました。2015年以来だから、ちょっと進歩したかなぁ。でも14キロ走るのに2時間かかったけどね。

 

今日は薄曇りでしたが堤防コースも除雪されていて最高の路面状態でした。

元旦競歩前に取り組んでいた、ゆっくり大きくを意識して1時間50分かけて12キロを歩きました。冬の間に少しでもベースを大きくしておきたいものです。