30年前の塩谷駅

今朝新聞の番組欄を見たら南田洋子さんの追悼で「春のささやき」というドラマが放送されるという。
http://www.hbc.jp/tv/info/minamida/index.html
ドラマは殆ど見ない私ですが舞台が小樽の隣の塩谷駅というので見ました。

ドラマの内容は私にはあまり興味の無いものでしたが、現在の無人の塩谷駅を知っているので、30年前の塩谷駅は木造で今見ると、なかなか趣のある建物で、 ちょっとびっくりしました。今は殆どワンマンカーが通るだけですが、昔はもっと賑やかだったような感じ。列車も立派に見えました。

ちょっとツッコミを入れるとドラマでは駅側のホームが函館行きで山側のホームが札幌行きという設定になっていましたが、塩谷丸山に行った時の記憶では実際は逆だったような気がするんですけど違いますかね?もしそうだったら撮影の都合だったんでしょうか。

この頃40代後半と思われる南田洋子さん、きれいでした。根津甚八も伊藤蘭も若かったな~。

P.S 書いてから探してみたら昔の塩谷駅の写真がありました。
http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090359494
道新写真データベースって面白そうです。
http://photodb.hokkaido-np.co.jp/list?e=1&d=1&l=100&o=d&p=15&e0=19

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

今日は野幌原始林へ

次の記事

急に寒くなりました