平成ランナー人生の思い出1

平成になってから走り始めた私達。元号も変わったので30年近いランニングの思い出でもアップしてみようかと思います。

私の父がロードレースに出ていた影響で市民マラソン大会に出るようになったのですが、最初はYANCOさんが走り始めて平成3年の札幌マラソン10キロが初めて走ったロードレースでした。写真は無いし、その頃の記録とかはもうわかりません。

自宅に残っている記録証で一番古いのは平成6年の美瑛マラソンでした。美瑛のコースとは言え、今は良くて1時間50分ぐらいで走ってるから昔は速かったですね。

その時の写真がありました。なんか余裕ですね。そしてヒゲが黒い!

 

私が走り始めて初めてレースに出たのが平成4年の美瑛マラソンのワンエイツ(フルマラソンの1/8)だったと思います。その頃の写真もありません。

マラソン大会の写真で残ってる一番古い写真が今は無きNTTアカシヤロードレース平成5年の写真

やっぱり若いですね~まだ20代でした(笑)この頃私は5キロしか出てませんでした。走り込んでもいませんから色が白い。けど周囲の人と比べてランシャツ・ランパンだけは本格的でしたね(笑)

つづく

平成ランナー人生の思い出1” に対して1件のコメントがあります。

  1. ふれっぷ より:

    ふたりとも若いですね。我が家を振り返ってみると、あんが走り始めたのは2001年平成13年でした。

    1. NAOJI より:

      あんさんも走り出して、20年近くなるんですね。そんなに経つと思わなかった。
      ふれっぷさんは昭和からのランナーですよね?(゚д゚)

  2. GO より:

    YANCOさんもNAOJIさんも若い!!(*^-^*)自分は2003年(H15)から始めたんですが更に10年も前から走ってたんですね。昔はなんでお金払って苦しい事するんだろう?って思ってました(*´ω`*)

    1. NAOJI より:

      そうでしたか走歴16年なんですね。
      私なんて父がロードレースに出てたから市民マラソンの存在を知りましたが、その前は校内マラソン以外のマラソン大会というものの存在すら知りませんでした。

      一般人はお金払って走るということが信じられないみたいですよね。ゴルフするのにお金かかるのと一緒だよって説明します(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

記者たち