FIGHTERS THE MOVIE

昨日はタイトルの映画を見に行って来ました。

映画のことは全然知らなくてFBFから聞いて調べてみたら上映終了まで1週間ぐらいしかなかったです。最終日に何とか行くことが出来ました。

ファイターズが北海道に移転して来て15年になりますが、これまでの軌跡を映像とインタビューで綴ったドキュメンタリーでした。

思い起こせば、ファイターズが北海道に移転すると決まって、これは応援しなくては!とシーズンオフだったのにすぐにファンクラブに入会したことや、球場でのSHINJOのパフォーマンスや2006年の日本シリーズで優勝を決めたゲームなど自分もずいぶん色んなゲームを観戦していたんだなぁと、何だか感慨深くウルッと来てしまいました。

東京時代はホームグラウンドも間借りしている状態、巨人優先でチームの人気も無く色々と不自由な思いもしたそうです。

そんな現状を打破するために思い切った転換を図ったわけですが、選手達は北海道移転のことは全く知らず、金子さんが新聞で知った(笑)と話していました。

そしてファン獲得のために球団も選手も様々な努力をしてきたこと。

開幕戦の時に入場してくるファンとハイタッチしようということになったが観戦者が少なくてがっくり来て試合に影響があるのではないかと不安になったこと、ダルビッシュのタバコ事件など今だから語れるエピソードや、ベンチ内やダッグアウトでの選手達の様子、苗穂にある独身寮の室内を初公開、などファン必見の映画でした。

SHINJOのインタビューが無かったのと上映期間が短くてちょっと残念でした。

ボールパークが成功出来るように地元民としても盛り上げて行きたいなと改めて思いました。

ところで新駅はまだ出来そうになく、取りあえず北広島駅の改修だけになりそうですね。JR北海道だもんなぁ…。

【3/3追記】

札幌シネマフロンティアでの上映期間延長になりました。3/7(木)までです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

冬に逆戻り