アラビアの女王 愛と宿命の日々

http://gaga.ne.jp/arabia/

ガートルード・ベルというイラク建国に関わったイギリスの考古学者、探検家の物語。

イギリスの裕福な家庭に生まれた主人公、オックスフォード大学を卒業した才女だが、それゆえ社交界にうんざりし、外交官の叔父を頼りアラビアへ旅立つ。

ちょっとネタバレになってしまいますが現地で結婚を約束する恋人が出来たが、親に反対され恋人は自殺…。

その後、アラビアの旅に没頭していく…。

今の感覚ならば警護も無しに女性が数名の現地従者をしたがえアラビアの奥地を旅して無事であったというのが考えられないですね。

時には危ない目にもあったようですが上手く逃れたり出来たようです。

当時のアラブはまだ部族間の争いだけで今のISみたいな組織は無かったからかもしれませんね。

彼女はこの旅で知り得た情報を後にアラブ建国の際に役立てる。

ウィキペディアでこのガートルード・ベルについて読みましたが、映画での印象とは少し違うようでした。写真では映画同様美しい方だったようですね。

ストーリーはそれほど面白いというほどではなかったですがニコール・キッドマンの美しさと気高さが女王と呼ばれた主人公にぴったりで見惚れ、雄大な砂漠の景色と相まってなぜか退屈しませんでした。

 

今朝は昨日ほど天気良くなかったけど-17度ぐらいまで冷え込みました。

競歩の練習なので堤防往復でした。今年はもう既に何回も-15度以下になってるので全然平気です(^-^)

今まで堤防4往復8キロが壁になっていて距離を延ばせなかったのですが先週、今週と壁を突破して5往復10キロ歩けました。90分ぐらいかかってますが、積雪期なので今はまだ基礎体力をしっかりつけて春になったら徐々にスピード練習を入れ、ペース上げて行きたいと思っています。

またきれいな写真撮れたのでアップしておきます。

寒さでズームの動きがイマイチだったけど今日はバッテリー持ちました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s