ハドソン川の奇跡

http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/

2009年1月15日、バードストライクによってエンジンが破壊された旅客機が1人の犠牲者も出さずにハドソン川に不時着水した実話を映画化。監督はクリント・イーストウッド。主演はトム・ハンクス。

ハドソン川の奇跡として乗客には感謝され、英雄と報道された機長が、管制官の引き返せとの指示が無理と判断した、それが本当に正しかったのか、空港に引き返すことが出来たのではないかと事故調査委員会に追求されます。

そのプレッシャーと旅客機が墜落する夢を見たり、パイロットとしての古い経験を思い出したり、事故のショックでPTSDみたいになるんですね。

しかし、副操縦士、同僚、妻、理解ある人達の助けで、それを乗り越えて公聴会でのシュミレーションに対し、意見を述べる。

人間が経験と五感で感じて判断したことに対し、シュミレーションが必ずしも正しいわけではない。

確かに真冬の川に着水すれば別な危機があるわけですが、たまたま付近を航行していた船が救助に向かったり、沿岸警備隊の行動が早かったなどが1人の犠牲者も出さなかったというラッキーな点もあったのでしょう。

AIなんて今、色々ニュースになってますが、どうなんでしょう。そんなことを感じた作品でした。

ハリウッド映画は滅多に見ないけど、これは面白かったです。

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s