PMSと食べ物の関係

一昨日は月1回のお楽しみの牧場タカラのチーズが届きました。

今回頼んだのは小さなトムとマルタ。小さなトムはまだ食べていません。マルタは初めてでした。チーズの周りに炭の粉が付いているんだったかな?丸太みたいな形のハードチーズです。美味しかったです。

2013-02-23 16.33.56

ところで少し前にチーズの摂取量を増やしたら生理前に乳腺が張ってしまったことを書きましたが、今回は週に1回ワインのツマミ程度に減らしたところ大丈夫でした。とは言っても、普通に売っているチーズ食べるのに抵抗があります。やっぱりタカラのチーズみたいに健康に育てた牛の乳から作られていないと。卵もそうです。卵製造工場みたいな環境で作られた卵をたくさん食べても大丈夫なのかと思います。幸いにも私の住んでいる所は、卵もチーズも良い物が手軽に手に入るので助かってます。

それから動物性蛋白質の摂取量を増やしたらベジタリアンをしていた頃には治まっていたPMSが少し復活してきた感じもありました。しかし、みんながそうなるわけではありません。何が違うんだろうと思ってネットであちこち調べてみました。そうしたら、やっとわかりやすいHPを見つけました。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~eiyou/tukimisou.html

花粉症や生理痛にプロスタグランディンという物が関わっているということまでは知っていたのですが相反する種類があることまでは知らなかったので、ごっちゃになり、理解出来ていなかったようです。食生活改善でなぜ花粉症の症状が出なくなったのかも納得出来ました。ベジタリアンをしていた時にPMSが消えたのはアラキドン酸から作られるプロスタグランディン2の材料である動物性食品を摂っていなかったからだったのだと思われます。

そしてリンク先に書いているリノール酸からγ-リノレン酸の変換が上手く機能していないから動物性蛋白質や乳製品を摂るとプロスタグランディン1と2のバランスが悪くなりPMSの症状が出て来るのではないかと思いました。それは単純に体質なんでしょうか…

たまたま昨日この本を読んでいたら亜鉛の働きの項にこんな記述を見つけました。

必須脂肪酸の生成を促す

γ-リノレン酸、DHAやEPAなど必須脂肪酸や生理活性物質の生成を促す

生理活性物質=プロスタグランディンのことのようです。亜鉛欠乏が解消すれば良くなってくるのでしょうか?一般的な常識から言えば過剰摂取と言われてしまう量ですが今、亜鉛を1日70mg摂っています。しかし、おそらく何年も(20代から生理重かったから何十年もかも?)そんな状態だったのでしょうから充分な状態に回復するにはまだまだ時間がかかりそうです。なのでγ-リノレン酸のサプリメントを半月ほど飲んでみました。そうしたところ、殆ど前触れ無く生理が来ました。しかも前日はポイント練習もしましたが調子良かったし、夕方になって、もうそろそろ来るのかな~みたいな程度でした。まだ1回だけなので続けてみないとわかりませんが、もしこれが本当の原因だったら良いな~。経過はいずれまた報告します。

少し前に若い頃からPMSや生理痛に悩まされているという管理栄養士のランナーさんがブログで皆さんはどんな対策をしていますか?って書いていたので、素人の私が…と思いましたが、参考になればと思って自分の経験を書いてみたのですが、何か私がベジタリアンを推奨しているような受け取られ方をされてしまったようで残念です。やっぱり文字だけで自分の考えをきちんと伝えるのって難しいな~と改めて思いました。

PMSとか生理が辛いっていうのは普通のことだ、病気じゃないから仕方ないのだと以前は思っていたけど本当は違うんですよね。原因は人それぞれだろうけど、それが解決したら、大げさかもしれないけど長期間悩まされてきた私にとっては今まで人生、損していたと言えるぐらいです。だから、その人も自分に合った解決方が見つかると良いなと思います。

2 thoughts on “PMSと食べ物の関係

  1. こうめ

    生理は前触れもなく来るもんだと思ってたんだけど、そうでもない場合も多いんだね。
    しかし、若い頃は生理前に乳腺張ったりしたこともあったけど、それは普通だと思ってました。
    難しい事はよくわかりませんが(というか難しい事を今考えたくない・笑)、PMSとか花粉症とか意識しないで普通の食べ物だけで元気に生活できてる私はお金かからないし、幸せなのかもって思いましたよ。

    生理が重い人は本当に大変だろうなと思います。
    ほんと人生損した感じだよね。私なんか、生理中のほうが良い記録が出たりしてたからね。
    終わっちゃったら益々楽です(笑)
    NAOJIさんもこれからは楽な人生を歩めますように。

    Like

    Reply
    1. NAOJI Post author

      私の感覚では悩まされている人の方が多いんじゃないかと思うのですがどうなんでしょう?うちの場合、母もPMSや生理痛があったので普通だと思っていました。こうめさんみたいな人は今の時代では多分珍しい方ではないかと思います。昔から人より元気でタフってイメージだったもの。
      病気があるわけではないのに不妊とか更年期が辛いとか今の時代よく聞きますが、体質、生活習慣、人それぞれに原因はあるのだと思いますが根っこはつながっているような気がします。

      私の場合40前半が底でした。あの頃は生理の間隔が短くなってきて排卵期の不調もだんだん酷くなっていたし、本当に体調の良い時と言えるのは生理の後10日ぐらいしかありませんでした。自分はきっと更年期が重いかもしれないと思ったし、若年性更年期かもと病院に行って漢方薬を処方してもらったこともありましたが、これといった効果も無く、食生活でこんなに楽になるなんて本当に良かったと思う日々です。札幌から離れてしまいましたが、きっかけは全てK先生なので、今でも感謝しています。

      Like

      Reply

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s